野菜 炒め 水 が 出る。 【あさイチ】水っぽくない野菜炒めの作り方:野菜の切り方・炒め方を工夫する : 19860707 Powered by ライブドアブログ

間違ってた人も多いはず・・・野菜炒めに「強火」はNG!

野菜 炒め 水 が 出る

こんにちは~ もし、経済が許すのであれば、鉄の分厚いフライパンを使ってみてください。 テフロンにはテフロンの良さがあるので、使い分け、という感じでしょうか。 フライパンを熱しても、材料を入れた途端、フライパンが冷めるので 再び温まるまで時間がかかり、水が出るんですよね。 ・・・ やまゆうさんに教えていただいた、山田工業所というところのが良さそうです^^ (私も注文しました^^楽しみです。 ) テフロンで炒めるときのウラ技?としては 野菜を干します。 キャベツなどは剥がして部屋の中に1日半くらいおいて乾かすと 水が出にくいし、しゃきっと出来上がりますよ。 家庭用のコンロの場合、業務用のように高火力は難しい場合が多いので混ぜすぎると水が出て水分も飛びにくいと思います。 そういう場合は醤油のような液体が入っても「ジューっ」という音が出ないのではないかと思います。 順次野菜を加えていく際も時々全体を大きく混ぜるようにしてみる、などお試しになってみてはどうでしょうか。 pan子さんがおっしゃっておられるようにあらかじめ野菜に茹でるなど下ごしらえをしておくのも上手に作るコツです。 私は回鍋肉の時は熱湯にサラダ油少々(本当に少し)と塩を入れてキャベツと人参はくぐらせて使っています。 よかったらご参考になさってみて下さい。 Pan子さんが言うように、普通、中華レストランなどでは炒める前に中温の油にサッと通して野菜の水分を抜き、強い火力を使って短時間で炒めます。 この方法は家庭でも応用可能です。 油通しの代わりに湯通ししてから炒めるだけでも、野菜はシャキッと仕上がります。 熱湯にサラダ油を加えるのは沸点を高くして、野菜を入れた時にお湯の温度を急激に下げないようにする為です。 なので、小さじとか大さじとか関係なく、少し多めに入れても大丈夫ですよ。 青菜(ほうれん草や小松菜など)を単品で炒める炒青菜(チャオチンツァイ)と言う中華のレシピを試してみて下さい。 湯通ししてザルで水けを切った青菜の上に(炒める前に)ニンニクの薄切りを1片分位と塩と胡椒を振りかけて、そのまま強火でサッと炒めます。 この方法だと味が付いているので短時間に仕上げる事が出来て美味しく仕上がります。 家庭でも出来るプロのテクニックです。 野菜炒めは出来てから時間が経つと水けが出て来るので、出来立てを食べる事も美味しくするポイントです。 数種類の野菜を使う時には形を切り揃え、火の通りにくい野菜は薄く切ったり細く切ったりする事も大切です。 皆さんが回答されてますので今更ですが。。。 野菜がクタクタになるまで火を通しすぎてるってことはありませんか? 私も慣れない頃、野菜が柔らかくなるまでと火を当て過ぎて、鍋の中でグッタリ、 皿にあげたら火が通り過ぎてクタクタ、水分がでてベッチョリということがありました。 もしこれが原因なら、野菜など生でも食せる食材ですし、皿に取り上げてからも余熱で火が通ることを考慮して調理すると良いと思います。 外していたらごめんなさい。 また、火の通りにくい野菜から順番に時間差投入するのも大事かと思います。 タマネギ、にんじん、キャベツ、もやしの順。。。 などなど。 ちなみに我が家はガスレンジなので、火力最大で鉄の中華鍋を使用しています。 中華料理屋さんみたいにガシガシ振ってます。 亡くなった母は、テフロンの大鍋で へらを2本使って混ぜるように調理していましたが、しゃっきりと仕上がっていました。 要するに慣れかも!ですね。 (笑).

次の

白菜を水で洗ってからフライパンで炒めたら、白菜から水分が出てビチャビチャし...

野菜 炒め 水 が 出る

Q 今日カレーを作ろうと豚バラブロックを一口大に切ってフライパンで強火で焼いていたのですが 片面はいい焼き色がついたのですがもう一方の面を焼いていると肉から水分が出てきて焼き色がつかなくなりました。 この水分は捨てていいものか横で煮込んでる鍋に入れていいものか迷ったのですが、よくわからず鍋に足しました。 しばらく焼いているとまた水分、それを鍋に。 またしばらくするともう水分は出てこなくなって今度は油が出てきました、これで表面はいい焼き色がついたのですが、この油は捨てていいでしょうか? 聞きたいことは 1.最初に出てきた水分はなに?(ただの水分?肉のうまみ?その他) 2.その後出てきた油はなに?(余分な油?うまみを含む油?その他) 3.普通、水分や油は出るもの?(私の下処理、火加減が間違っている?) 回答よろしくお願いします。 A ベストアンサー 安物であろうが高級であろうが肉の焼き方はほぼ同じです。 冷蔵庫から取り出し、常温になるまで待つ。 それだと季節にもよるけど、30~40分は待たなければならない。 これで肉をほんのり温めます。 時間は10分もやれば十分でしょう。 冷たい状態で焼かない。 これは肉料理では鉄則です。 (レンジの温め機能は使わないこと。 肉質が変化して硬くなります) で、肉に塩コショウ。 これは絶対です。 塩は味付けはもちろんですが、肉の細胞に穴を空け 味がしみ込みやすくなる作用もあるんです。 フライパンは十分熱してください。 肉に脂がのっていれば、あえて油脂はひかなくても焼けます。 肉を落とせば必ずジュッ!と音が立つくらいの温度で焼きます。 全体を通して強火かやや強火です。 肉を置いたら、しばらく動かしません。 素人はここで焼き目が入らない状態で 何度もひっくり返します。 片面に6、7分(「ふん」ではなく「ぶ」です) 火を通してひっくり返す。 その際に好みでバターをひとかけ落とし肉にからめます。 ここで火を弱めます。 残り1、2分(ぶ)火を通す感覚です。 ステーキソースをここで入れても良いです。 その場合、水分が入るため 蒸発効果ですぐ火がまわります。 事前に肉を温めていますので、あっという間に完全に火が通りますので 注意してください。 ステーキ焼くのに蓋なんかしちゃ駄目ですよ。 蒸らしなんか必要ないです。 タイミングがばっちり合えば、生焼けではなくうすいピンクの焼け具合になります。 お酒なんかなくても十分美味いステーキは食えますよ。 準備と焼き次第です。 安物であろうが高級であろうが肉の焼き方はほぼ同じです。 冷蔵庫から取り出し、常温になるまで待つ。 それだと季節にもよるけど、30~40分は待たなければならない。 これで肉をほんのり温めます。 時間は10分もやれば十分でしょう。 冷たい状態で焼かない。 これは肉料理では鉄則です。 (レンジの温め機能は使わないこと。 肉質が変化して硬くなります) で、肉に塩コショウ。 これは絶対です。 塩は味付けはもちろん... A ベストアンサー 一番は中華鍋で中華お玉の丸い方でひき肉を潰すように炒めます。 そうすると固まりはなくなります! この後は、火は入ってますが水分が多いのでかき混ぜながら水分を飛ばします!すると、ひき肉の持っている脂が出てきてパチパチと音がすれば完成です! 中華鍋が無ければ、普通のフライパンでもいいですが平らな鍋に丸い物ですので隙間が出来て効率が悪いです! ポテトマッシャーなどでも代用できます、テフロンフライパンなどは傷が付きやすいので注意してください。 味付けは塩・砂糖(固体)は水分のあるうちに、醤油・ケチャップ・オイスターソースは水分が無くなってからです、この時に焦げ付きやすければ酒を入れてください。 A ベストアンサー 既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。 長いですので覚悟してください。 全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。 犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。 これを捜査と言います。 被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。 それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。 ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。 入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。 この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。 「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。 具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。 この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。 しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。 これが「勾留」です。 勾留は最大10日間身柄を拘束できます。 なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。 ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。 ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。 そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。 これを「検察官送致、略して送検」と言います。 無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。 検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。 このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。 これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。 ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。 さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。 全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。 身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。 と言うか、身柄を拘束していないのでできません。 たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。 しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。 これを「書類送検」と呼んでいます。 書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。 正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。 つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。 と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。 というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。 まとめれば、 1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。 2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。 3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。 4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。 5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。 ということです。 そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。 身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。 しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。 既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。 なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。 例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。 ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。 そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。 もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。 ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。 ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。 しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。 その後どうなるかはその後の話です。 無論、逮捕だけでも前科は付きません。 逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。 ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。 既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。 長いですので覚悟してください。 全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。 犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機... A ベストアンサー 買ったときの鮮度にもよります。 特売やシール割引の肉類はやっぱり常温2時間で、あーまずいか?ぐらいにはなります。 青魚なんかは1時間でてきめんに肉質に張りが失われ、目は濁ってきます。 何時間~は目安になりません。 傷んでいるかそうでないかを見分ける目と鼻を持ちましょう。 肉類はまず容器の下に血が溜まります。 そして粘り気が出て、変色し始めます。 豚肉は変色してきたら廃棄しましょう。 鶏肉は変色がわかりづらいですが、粘りと臭いでわかります。 触って明らかにヌルッとしていたらダメです。 牛肉は中の部分が茶緑っぽく変色していることが多いですが、これは大丈夫。 酸素に触れなかった肉の鉄分が不活性化してるだけです。 しばらく置いて赤色が戻って来るようなら問題ありません。 これもわかりにくいので臭いで判断する方がいいと思います。 新鮮なお肉は獣のようなムッとした臭いはしません。 手触りも弾力があります。 まず新鮮な状態のお肉をマメに使うようにし、その外見や匂い、感触を覚えてください。 この観察力はスーパーでよい品物を選ぶのにも大活躍します。 鮮魚についての判定は、本当に難しいです。 私もまだこれといった決め手がわかりませんが、目の透明度と肉の弾力を目安にしています。 (商品をあまり押しちゃいけませんよ)自分でしまった!と思うほど放置したなら、捨てちゃいましょう。 魚の代金より安い病院代はほとんどありませんから。 買ったときの鮮度にもよります。 特売やシール割引の肉類はやっぱり常温2時間で、あーまずいか?ぐらいにはなります。 青魚なんかは1時間でてきめんに肉質に張りが失われ、目は濁ってきます。 何時間~は目安になりません。 傷んでいるかそうでないかを見分ける目と鼻を持ちましょう。 肉類はまず容器の下に血が溜まります。 そして粘り気が出て、変色し始めます。 豚肉は変色してきたら廃棄しましょう。 鶏肉は変色がわかりづらいですが、粘りと臭いでわかります。 触って明らかにヌルッとしていたらダメです。...

次の

“伝説の家政婦”志麻さんが実践する「野菜炒め」3つのルール

野菜 炒め 水 が 出る

水分が出てしまう理由 なぜもやしを炒めると水分が出てしまうのでしょうか? もやしは水でできていた!? 実はもやしは9割が水でできています。 水分の多い野菜としてきゅうりが有名だと思います。 実はもやしはそのきゅうりと同じくらい水分が多いんです。 水分が出てくるのは火力の問題? たくさんの水分を含んでいるもやし。 もやしは加熱すればするほど水分が出てきます。 お店で野菜炒めを食べる場合、シャキシャキしていてとてもおいしいですよね。 それは火力が強いからなんだそうです。 自宅のコンロではお店のコンロのような火力はでません。 火力の弱い火で長い時間炒めているため水分が出てしまうんだそうです。 さらに、野菜炒めを作る時に塩胡椒を使用するといった方は多いと思います。 この 塩胡椒も水分が出やすくなる原因の1つだといわれているそうです。 スポンサードリンク 水分が出ないようにする方法 自宅でも、お店のようにしゃきしゃきとした食感のもやし炒めを作ることはできないのでしょうか? 水分がでないようにする方法をみていきましょう。 炒める前に茹でておく 水分が出ないようにするためには、炒める時間を短くする必要があります。 といってももやしはしっかり加熱しないとお腹を壊してしまいます。 そこで炒める前に茹でていくおくといいのです。 茹でておくことでしっかり火が通り、炒める時間を短くすることができるのです。 茹でたもやしを強火でさっと炒めれば、水分が出ないシャキシャキとしたもやしに仕上げることができます。 出来上がったららすぐに食べる 加熱調理したもやしは時間がたつとどんどん水分が出てきてしまいます。 そのため出来上がったらすぐに食べるようにして下さい。 せっかくシャキシャキのもやし炒めを作っても時間が経ってしまえば水分が出ていってしまいます。 まとめ もやし炒めを作る時に、水分が出ることに悩んでいた方もいるのではないでしょうか。 もやし炒めを作る時は、下準備として茹でておくことをおすすめします。 もやし炒めだけでなく野菜炒めを作る時にも茹でておくと、水分の少ないシャキシャキした野菜炒めになるのでおすすめですよ。

次の