舞 茸 炊き込み ご飯 レシピ。 きのこの炊き込みご飯 野永 喜三夫シェフのレシピ

【教えてもらう前と後】まいたけ!かんたんレシピ3つ!血糖値が劇的に改善?

舞 茸 炊き込み ご飯 レシピ

【きのこの準備】 手で裂くことで、味がしみ込みやすくなります。 縮むのでざっくり切っておいて大丈夫です。 【[炊くとき】 きのこは、お米の上に乗せたら混ぜないこと。 乗せて、平らにならしたらO. 【応用】 豚肉を入れるとさらに美味しくなります。 gnavi. STEP2:油揚げの油を利用するので油は要らない。 気持ちこがすようキツメに炒め、水分を飛ばしうま味を凝縮させる。 STEP3:炊飯器に、米3合と合わせ調味料を入れ平らにならす。 炒めたきのこを入れ、具のきのこを平らにならす。 【注意】キノコはお米の上に乗せたら、かき混ぜないこと!STEP4:炊きあがったら、さっくりと切るように混ぜて茶碗に盛り、お好みで三つ葉をちらして完成。 縮むのでざっくり切っておいて大丈夫です。 【[炊くとき】 きのこは、お米の上に乗せたら混ぜないこと。 乗せて、平らにならしたらO. 【応用】 豚肉を入れるとさらに美味しくなります。 gnavi. gnavi.

次の

無理なく糖質オフできる キノコご飯ダイエット【日経ヘルス17年12月号】:日経doors

舞 茸 炊き込み ご飯 レシピ

<片倉工業株式会社>はなびらだけ花華(100︎g) 378円(税込) 栗林さんがまずおすすめしてくれたのは、白いフリルのような形が特徴の「はなびらだけ花華」。 華やかなルックスで、特に女性からの人気が高いのだとか。 「コリコリとした食感と淡白な味わいで、どんな料理にも馴染みやすいきのこです。 針葉樹に寄生して育つので、マツのような香りがほのかに感じられます。 料理にさわやかな風味がプラスされ、食感のアクセントにもなりますよ」 自然界では標高1,000メートル以上の高地で夏から秋に育つ「はなびらだけ」。 これまでは一部の登山家たちから「幻のきのこ」と呼ばれる希少なきのこでしたが、近年は群馬県・赤城山の中腹で人工栽培が実現し、通年手に入るようになったそう。 シンプルな食べ方で食感を楽しんで 「軽く茹でてからきゅうり、みょうが、梅肉などと和えたり、酢の物、シーフードマリネといったシンプルな食べ方にぴったり。 加熱しても食感がほとんど変わらないので、汁物や炒め物に入れるのもおすすめです。 他の素材の風味を壊さないので、オムレツやクリームパスタなどの洋食とも相性抜群。 いつもの料理が、ぐっと目を引くひと皿になること間違いなしです」 取扱い:伊勢丹新宿店 松茸級の香り!? うまみたっぷりの「黒舞茸」 <株式会社大平きのこ研究所>黒舞茸(100︎g) 270円(税込) 栗林さんが次に紹介してくれたのは、大ぶりで香りの強い「黒舞茸」。 舞茸の種類は「白舞茸」「茶舞茸」「黒舞茸」の主に3つで、一般的に多く販売されているのは「茶舞茸」なのだそう。 「黒舞茸」はより身が締まっていて食感が強く、香りも芳醇であることから、舞茸のなかでも最高級の品種とされています。 「食べるとまず、シャキシャキとした食感に驚きます。 うまみをたっぷりと含んだジューシーな味わいで、芳香は松茸をしのぐと言われるほどです」 黒舞茸は株が大きく、一般的な茶舞茸の約3〜4倍、直径は約30cmほど。 これだけ大きく育てるには時間も技術も必要で、伊勢丹新宿店で取り扱う黒舞茸を栽培する<大平きのこ研究所>では、茸士(きのこし)と呼ばれるきのこの専門家が土作り、植菌、温度や湿度の管理を行い、ひと株ひと株丁寧に育て上げているそうです。 香りを生かした和食メニューに 「ダイレクトに食感や香りを楽しむならお吸い物や茶碗蒸し、炊き込みご飯などの和食がおすすめ。 加熱してもシャキシャキ食感は変わらないので、天ぷらにしても絶品です」 取扱い:伊勢丹新宿店 肉厚で強い弾力、主役級の存在感!「アラゲキクラゲ」 <高ミネラル栽培研究所>アラゲキクラゲ(100︎g) 324円(税込) 近年は乾燥だけでなく生のものも多く出回っているキクラゲですが、そのなかでも栗林さんのイチ推しが「アラゲキクラゲ」。 「アラゲキクラゲはその名の通り、裏面に白い荒毛(あらげ)が生えているのが特徴です。 肉厚でカサが大きく、他のキクラゲよりも強い弾力とコリコリとした歯ごたえが楽しめます。 冷蔵で1週間ほど保存できますが、鮮度のいいうちに食べるのがおすすめ。 ルックスは一見地味ですが、伊勢丹新宿店でもリピーターの多い人気のきのこです」 定番の中華をグレードアップ 「卵とトマトと一緒に炒めたり、せん切りにしてサンラータンや卵スープに入れるのもおすすめです。 暑い時期には酢の物や、軽く茹でて冷やし中華にトッピングしてもいいですね。 アラゲキクラゲそのものの存在感が強いので、定番の中華でも満足度が上がりますよ」 取扱い:伊勢丹新宿店.

次の

プロが激推し! 一食の価値ありのマニアック「きのこ」3選

舞 茸 炊き込み ご飯 レシピ

舞茸は 水で洗うと風味が落ちてしまいます。 そのため汚れを落としたいときには、濡らした布巾やキッチンペーパーで 軽くこすって落としましょう。 舞茸の下準備ができたら、石突が付いているときは先に切り落とします。 食べやすい大きさの小房に舞茸を分けて、冷凍保存の準備は完了です。 舞茸が入りきる大きさの、ジップロックなどのファスナーつきの冷凍保存用ビニールパックを用意します。 冷凍保存で密封容器を使う方法もありますが、保存場所を整理するのに場所をとらず整理が簡単な ビニールパックのほうがおすすめです。 細かく分けておいた舞茸をそのままビニール袋に入れたら冷凍庫に入れます。 冷凍庫に舞茸を入れてから 1時間~2時間経った後いったん冷凍庫から袋を取り出して、袋の上から優しく揉んで 中の舞茸をほぐしておくと、後々使いたいだけ取り出しやすくなるのでおすすめです。 冷凍保存する際の注意点は 水で洗ってはいけないことです。 天然舞茸で汚れがひどく、どうしても水で洗わなければならないときは、必ず丁寧に水気をふき取るようにしましょう。 ただし水に触れることで、 食感は変化してしまいます。 さらにもうひとつの注意点は、冷凍しておいた舞茸を解凍するときです。 冷凍しておいた舞茸をレンジの解凍モードで解凍しても、自然解凍しても、冷凍したときに舞茸の細胞が破壊されているため、 せっかくの旨味や風味がドリップとして流れ出てしまうのです。 さらに解凍すると、場合によっては 苦味や臭いが出ることもあるため、あくまで解凍はせずにそのまま料理に使うのが、一番舞茸を美味しく食べられるおすすめの方法なのです。 舞茸の解凍方法は先ほど注意点でも紹介したように、電子レンジの解凍モードや自然解凍などは避けたほうがおすすめです。 せっかく増やした旨味の多くが、 ドリップとして流れ出してしまうからです。 そのため冷凍保存した舞茸は解凍せずに、そのまま料理に使うようにしましょう。 特にグアニル酸を生み出す酵素は 60度~70度で最もよく作用する特徴があるため、味噌汁やスープといった汁物のレシピに利用するのがおすすめです。 水の状態から入れて調理すれば、より旨味が増して美味しくなります。 先に調理した舞茸も同様です。 そのため先に使い道を考えてから下味を付けておくのです。 きのこは加熱調理にしか使わないので、 解凍しないほうが良い特徴もデメリットにはなりにくいのです。 もしサラダのようなレシピに使う場合にはサッと湯通しし、 解凍に使った旨味が流れ出たお湯は汁物などに使うようにしましょう。 舞茸を乾燥させて保存した場合、他のきのこよりも アクが強く感じられる特徴があります。 そのためしいたけ同様に、レシピに使う前にサッと水洗いしてから、水やぬるま湯で 10分~20分ほど戻すようにします。 もしアクが気になるようなら、 さらに5分ほど下茹でするとアクも抜けるので使いやすくなります。 濃厚な香りとしっかりとした歯ごたえの乾燥舞茸は、炊き込みご飯や汁物、煮物に炒め物とまた違った味わいを楽しめます。 戻し汁には舞茸の栄養が流れ出ているので、ご飯を炊くときや汁物などに入れると、無駄もなく乾燥舞茸の味を満喫できます。 乾燥舞茸も他の保存方法同様に、乾燥剤を一緒に入れていても 開け閉めのたびに湿気が入るため、なるべく小口での保存がおすすめです。 生鮭 切り身 2切れ• 舞茸100g• 片栗粉大さじ3• サラダ油大さじ3• A・醤油小さじ1• A・オイスターソース小さじ2• A・砂糖小さじ1• A・酒大さじ2• A・水大さじ2• 鮭は 4等分に切って水気をふき取ります。 舞茸は 大きめにほぐしたものを用意します。 Aを混ぜ合わせてタレを作ります。 ビニール袋に鮭を入れて、 片栗粉大さじ2を加えます。 袋の中に空気を入れて口を閉じたら、袋を振って鮭に片栗粉をまぶします。 フライパンにサラダ油をひいて 中火で熱したら、余分な粉をはたいた鮭を並べて入れます。 あまり触らないようにして焼付け、こんがりと焼き色が付いたら裏返して、裏面も同様に焼きます。 最後に鮭を立たせるようにして、 皮目もパリッとなるまで焼き上げます。 3のビニール袋に舞茸を入れて鮭と同様に 残りの片栗粉大さじ1をまぶします。 4のフライパンの空いたところに舞茸を入れて、両面をサッと焼きます。 舞茸に火が通ったら、余分な油をキッチンペーパーでふき取ります。 Aを加えて全体に絡めながら、照りが出るまで煮詰めて完成です。 ご飯お茶碗2杯• 舞茸100g• にんにく1片• サラダ油大さじ1• 細ネギ 刻み 適量• 有塩バター10g• 白炒りごま大さじ2• A・醤油小さじ1• A・コショウ少々• 舞茸を 100g用意し、にんにくを 薄切りにしておきます。 容器にAを入れて 調味液を作ります。 フライパンにサラダ油、にんにくを入れて、 弱火でじっくりと熱していきます。 にんにくがこんがりと色づいたら取り出します。 フライパンに舞茸を入れて 中火で炒め、しんなりとしたらご飯を加えて炒め合わせます。 ご飯がパラパラになってきたら、 調味液を鍋肌に沿って入れ、バター、白炒りごまを加えてサッと全体に混ざるように炒めます。 器に盛り付け、取り出しておいたにんにくと細ネギを散らして完成です。

次の