エクセル 右 クリック ショートカット。 【Windows 10】マウスを右クリックしなくても右クリックメニューを表示する方法

右クリックのショートカットメニューの追加

エクセル 右 クリック ショートカット

「アプリケーションキー??」あまり使わないキーなのですが キーボードの右下、 Altと Ctrlの間にあります。 操作するファイルやフォルダなどを選び「アプリケーションキー」を押すと マウスの右クリックと同じメニューの一覧が表示されます。 画面の何もないところでも「アプリケーションキー」を押すと、 右クリックと同じメニューの一覧表示がされます。 「 Enter」キーを押すと決定します。 マウスの左クリックと同じ操作になります キーボードを使ったキー操作だけで「 マウスの右クリックのメニュー操作」ができますね。 「 Shift」を押しながら「 F10」を押します。 普段使わない「アプリケーションキー」いつ使うんだろう?っていうか何の為のキー?と思っていたでしょう。 実は 右クリックメニューの表示をしたい場合に役に立つんですね。 アプリケーションキーが無いキーボードの場合には、「 Shift」を押しながら「 F10」のショートカットキーを使うとマウスの右クリックと同じ操作ができます。 矢印キーとEnterキーの組み合わせでマウスを使わなくてもメニューの操作ができますね。 「マウスが故障」なんてことが無い方がいいのですが、そんな緊急事態にもキーボードでなんとかマウスと同じ様な操作は可能です。 でも、マウス操作の方が作業効率がいい場合もありますので予備のマウスを持っておくことをオススメします。 以上、【Windows】マウスを使わずに右クリックをキーボードで表示させる方法の紹介記事でした。

次の

Excel のショートカット キー

エクセル 右 クリック ショートカット

右クリックメニューに ショートカットキーを設定する方法の概要 右クリックを押した時のメニューの設定を変更するには、レジストリというファイルを編集する必要があります。 なので、自分が変更したい箇所はレジストリのどこに該当するか、どのように変更すればいいかを知る必要があります。 今回の記事では、基礎的なレジストリ知識と、ファイルを右クリックしたときに、私が普段よく使っているサクラエディタをメニューに追加し、ショートカットキーを設定して、簡単に開けるようにする方法を例とします。 環境はWindows10で行いました。 (手っ取り早く方法だけ知りたい方は、 レジストリエディタの起動方法と使い方から読んでも設定できると思います) レジストリとは まず、レジストリとはなにか。 レジストリとは、Windowsの設定情報が集められたすごく重要なファイルのことです。 ハードウェアの設定情報からインストールされているアプリケーションの設定情報、ユーザーごとの固有情報に至るまで、WindowsというOSを動かすのに必要な色んな情報がレジストリファイルに収められています。 なので、 このレジストリファイルを編集することで、高度なカスタマイズが可能になります。 ただし、この レジストリファイルは編集で内容を書き換えた瞬間に内容がシステムに反映されます。 そして、大切なデータが収まっているファイルなので、不注意で必要なデータを消去したりすると、Windowsの動作に支障をきたすなんてこともありえますので、 レジストリを編集するときは慎重に行うようにしてください。 なお、この記事では、打ち間違いが怖いコマンドラインではなく、視覚的でわかりやすい レジストリエディタで編集する方法を紹介します。 (今回は、右クリックのメニューを編集するだけなので、重大なミスを起こすのも難しいと思いますが、万が一に備えたい方は、バックアップを取るようにしてください。 小心者な私は一応バックアップは取ってから行いました。 「値」は特定の形式のデータのみを保存するもので、 「値」は「名前」、「種類」、「データ」という要素で構成されています。 「名前」は、キーが持つそれぞれの「値」を区別するためにあります。 (全ての文字が使えるわけではなく、使えない文字もあるので、名前をつけるときは頭の片隅に置いておきましょう) 「データ」は、「値」が持つ情報自体です。 「種類」は、「値」が保持する情報=「データ」の形式を表していて、決まったタイプのみが指定できます。 ちなみに、キーは大きく5つあります。 左側のです。 右側には、値が表示されています。 詳しくは、マイクロソフトのサイトなどで調べてください。 「値」はすべてどこかの「キー」に含まれます。 そして、すべてのキーには「(既定 」という名前の「値」が必ず存在しています。 レジストリエディタの起動方法と使い方 レジストリがどんなものかなんとなくわかったら、実際にレジストリを編集するためのレジストリエディタの使い方の説明をしていきます。 3.デバイスに変更を加えることを許可すると、レジストリエディタが起動する。 レジストリエディタの起動方法:その2 その1のやり方をショートカットキーを使って行うと以下のようになります。 3.デバイスに変更を加えることを許可すると、レジストリエディタが起動する。 レジストリエディタの使い方 レジストリエディタの基本的な使い方としては以下の4つだけです。 キーを追加する キーの値を追加する キーの値を変更する インポートとエクスポート これだけで、 右クリックメニューのショートカットキーの設定もできますし、レジストリのバックアップを取ることもできます。 右クリックメニューにショートカットキーを レジストリエディタで設定する方法 ようやく本題の、右クリックメニューにショートカットキーをレジストリエディタで設定する方法の説明です。 ここで紹介する方法は、 任意のファイルを右クリックした時のメニューを設定する方法です。 (画像では、サクラエディタを例にして実際に設定してますので見ながらやってみてください) レジストリエディタの基本的な使い方に沿って説明します。 キーを追加する まず、以下の階層になるように 「command」キーを作成してください。 レジストリエディタでは、キーはフォルダと同じ見た目をしていて、操作の仕方もWindowsユーザーには慣れ親しんだものになります。 画像の赤枠ように「Command」階層ができるまでキーを追加します。 キーの値を変更する 次に、 Commandのキーの値に、開きたいアプリケーションのファイルがあるフルパス(場所)と記号を入力します。 そうすると、下の画像のようになります。 この入力欄に以下を打ち込みます。 記号は半角文字で書きます。 こういう記号が気になる方は詳しく調べてみてください) これだけでも、右クリックメニューに、開けたいアプリが設定できて便利です。 メニューに表示された瞬間、ちょっと感動しました。 ですが、 さらに便利にするためにショートカットキーを設定します。 右クリックメニューにショートカットを設定する方法 ショートカットを付けたい場合、やることは1つだけ。 「Command」のときのように、今度は「アプリケーションの名前」キーの値を以下のように変更します。 (ちなみに、ショートカットキーを設定するときは、他に重複しているアプリがないように設定したほうが便利です。 複数のアプリに同じショートカットキーが設定されていると、ショートカットキーを押してもさらにどのアプリを起動させるか選んでEnterキーを押す手間が必要になって便利でないからです。 ) ついに、ここまでの手順で、右クリックとワンキーだけで自分の好きなアプリを開けるようになりました! 私はショートカットでアプリを起動できたとき、かなり感動しました。 よく使うアプリをワンクリック、ワンキーという高速で開けられるようになると、かなり便利さを実感できるはずです。 この感動を誰かに伝えたかった 笑 ここまでお読みくださりありがとうございます。

次の

右クリックメニューのショートカットキーをレジストリで変更設定する方法

エクセル 右 クリック ショートカット

右クリックの対象はたくさんあるので『文字で右クリック』はほんの一例です。 ExcelにはWordのような機能はないようです。 Excelシートの機能を使っての方法は思いつきませんでした。 右クリックに追加できるようにコードを書いてみました。 とりあえず下に追加してみました。 印刷ダイアログの表示、印刷プレビューを右クリックから表示できるようにしてあります。 この方法なら、自分の作ったマクロで、よく使うものを登録する事ができます。 自分で使うなら、自動実行マクロで、立ち上げ時に設定、終了時に元に戻すようにするかもしれません。 ご参考に。 CommandBars "cell". Controls. Controls. Controls i. Controls i. Controls i. Controls i. Controls. Controls. Controls i. Controls i. Controls i. Dialogs xlDialogPrint. SelectedSheets. CommandBars "cell". Reset End Sub.

次の