体調 いかが です か。 体調を気遣う言葉20選|メール・ビジネスシーンでの文章や体調不良の返信も

体調を気遣うメールで使える言葉18選|目上の人への敬語や返信方法も

体調 いかが です か

取引先やビジネスの相手が、体調不良で打合せをキャンセルしたような場合、どのようなメールを送ればよいでしょうか。 ここで一番してはいけないことは、次のアポ取りを急かすようなメールを送ることです。 思いやりのないメールを送ったために、ビジネス自体に悪影響が出てしまうことも考えられます。 まずは相手を気遣う気持ちを示しましょう。 相手を気遣う言葉として、一番一般的に使われるのが「お大事に」です。 相手を選ばずに使えますが、ビジネスメールで使うなら「お大事になさってください」とした方が適切でしょう。 次の予定については、「回復なさったら、改めて日程を調整させてください」などとし、「ご無理をなさいませんように」と相手を焦らせない心遣いのひと言も添えておきましょう。 取引先やビジネス相手の体調を気遣うメールに使えるフレーズ 日頃一緒に働いている上司の体調を気遣うメールを送るケースには次の二つが考えられます。 ひとつは、風邪や軽いケガで数日で仕事に戻って来られそうなケース。 この場合、必ずしもお見舞いのメールをする必要はありません。 もうひとつは、入院などで長期休むことが予想されるケースです。 この場合は、まずはメールで体調を気遣う気持ちを伝えたいところです。 深刻な状況も考えられますので、相手の具合を尋ねるのは「お加減はいかがでしょうか」程度にし、さらに、返信しなくてもいいように「ご返信はお気遣いなく」のひとことも忘れずに加えておきましょう。 上司の体調を気遣うメールに使えるフレーズ 同僚の体調を気遣うメールも、基本的には上司と同じです。 数日で復帰が見込まれる場合は、ゆっくり休めるよう、会社からのメールはできる限り控えましょう。 プライベートでも付き合いがある場合は、LINEやメッセンジャーなど負担を感じさせないツールで、相手を気遣う気持ちを伝えても構いません。 長期の欠勤が予想される場合は、体調面を気遣うだけでなく、業務上のフォローという面でもメールを送っておいた方が相手のためになります。 同僚の体調を気遣うメールに使えるフレーズ 友達の場合は、特にかしこまった文面でなくても大丈夫です。 普段どおり、自然な文章で相手を気遣う気持ちを伝えましょう。 ただし、病気やケガのことを根掘り葉掘り聞くのは避けるのがマナー。 ポイントは、同僚と同じように、自分が心配している気持ちを伝え、何かできることがあるか尋ねることです。 お見舞いも必ずしも歓迎されるとは限らないので、相手の都合を聞いてからにしましょう。 あなたが相手を気遣う気持ちが伝われば、友達も心強く感じて、友情も深まるはずです。 友達の体調を気遣うメールに使えるフレーズ 恋人ならともかく、まだちょっと気になる人、好きな人という段階だと、どんなメールを送ればよいか迷ってしまいます。 ひとつの選択肢として、そっとしておくというのもありですが、メールすると決めたら、「心配に思いメールしています」「どうしているか気にかかっています」など、メールせずにいられなかった思いを素直に伝えましょう。 内容は、「無理なさらず、お大事にしてください」「一日も早い回復を願ってます」など、相手を気遣う言葉で短くシンプルにまとめること。 返信も期待してはいけません。 恋人でもない異性から、ここぞとばかりに出しゃばったメールが届いたら、重く感じられてかえって印象を悪くしますので、注意しましょう。 好きな人の体調を気遣うメールに使えるフレーズ 体調を気遣うメールをもらう方の立場になった場合、返信を焦る必要はありません。 体調が悪くて仕事を休んだり、約束を取り止めて家にいるのに、メールの返信でゆっくり休めないなんて本末転倒です。 基本的に返信は、自分の体調が戻ったタイミングで送れば大丈夫。 どうしても急ぎの用件も手短に済ませ、体調回復を優先しましょう。 とは言え、中には体調不良の相手に返信を急かすようなメールを送ってくる人もいます。 仕事でつながりのある人だと、付き合いを止めるのは難しいですが、以降はなるべく深入りはしないようにしましょう。 友達なら、関係を見直したほうが無難。 気遣う気持ちが欠けている人と思われたら、信頼を失うことにつながります。 自分は同じ事をしないよう気をつけましょう。 体調が回復してきたら、メールの返信をしましょう。 義務感でひとつひとつ丁寧に返信して、また具合が悪くなってしまったら元も子もありません。 伝えるべき内容がしっかり書かれていれば、短い文でも構いません。 会社などで一斉に送信できるなら、まとめて送っても大丈夫です。 返信を書くときのポイントは次の4つです。 1.気遣いやフォローへのお礼 2.迷惑をかけたことへのお詫び 3.現在の体調、治療の経過 4.今後の抱負・お願い 次にそれぞれのフレーズの例をあげますので、参考にしてみてください。 ビジネスでも使えるよう、丁寧な言い回しになっていますので、同僚や友達なら、もう少しカジュアルな言い方でOKです。 1.気遣いやフォローへのお礼のフレーズ これまで体調不良やケガの時に送るメールの例を見てきましたが、日常のメールのやり取りの中で体調を気遣う時は「ご自愛」という言葉がよく使われます。 「ご自愛」には、「病気などをしないよう、自分の体を大切にする」という意味があり、「(お体を)お大事になさってください」と同じように使うことができます。 「お大事に」との違いは、「ご自愛」には「体を」の意味が含まれているので、「お体ご自愛ください」という言い方はしないことです。 また、「体を大切にして健康な状態を保ってください」というニュアンスがあるため、すでに病気やケガで体調が悪い人に使うのは失礼とされています。 病気やケガに見舞われた人には、上の項目で紹介したような、体調を気遣う表現を使いましょう。 ご自愛を使ったフレーズ いかがでしたか?体調を気遣うメールを送る際のヒントが見つかったのではないでしょうか。 いずれの相手に送る時も、大切なのは、相手の立場を思いはかることです。 あなたの気持ちは文面を通して伝わります。 たとえ、約束がキャンセルになったり、迷惑だと感じることがあっても、イライラした思いをメールにぶつけるのはグッとこらえましょう。 「自分だったらどうだろう?」と想像することは、人間関係においてとても大切なことです。 自分が病気やケガで苦しんだり落ち込んでいる時に、自分の立場になって気遣ってくれる人がいたら、ありがたく感じませんか?「お互い様」の精神を忘れず、誰に対しても、気遣う気持ちのこもったメールを送りましょう。

次の

「お体の具合はいかがですか?」と聞きたいとき

体調 いかが です か

このページの目次• 風邪をひいて休みをもらった時!上司からの体調を気遣う言葉への返信 風邪をひいて仕事を休んでしまった。 そんな時に上司からの体調を気遣う言葉をメールなどで頂いた時、返信に困るということありませんか? そもそも返信は返した方が良いのか、など疑問がたくさん浮かんできます。 体調にもよりますが、無理をして脈絡のない文章になってしまうのであれば少し体調が良くなってから返信をしましょう。 基本的に上司からのメールにはお礼の気持ちを込めてきちんと返信をすることが良いでしょう。 「ご心配ありがとうございます」「お気遣い頂きありがとうございます」 感謝の気持ちを述べた後最後に「ご迷惑お掛けし申し訳ございません」と謝罪も加えるのが正解です。 体調は良くなってきたのか、それともまだまだしんどいままなのか。 これによっても明日以降の出勤状況が変わってくるため重要な情報と言えます。 聞かれる前に自ら発信して上司の指示を待ちましょう。 体調を気遣う言葉が上司から届いた!風邪が治らない時 体調を気遣う言葉も頂いた時はお礼をするのと同時に、仕事に対する気遣いを忘れずに入れましょう。 「〜の件については同僚に引き継いでおります」などとご心配をお掛けしないように、聞かれる前に伝えておくのがマナーです。 しかしあまり流暢に返信をし、すらすらとメールの文章を作ってしまうことも、上司からすると慣れているなと感じたり、元気そうだなと思われてしまう恐れもあると言えます。 「大丈夫か?」などの気遣いに対し「はい」と答えてしまうと、大丈夫なら会社に来いと思われてしまったり。 そんな時は「夜まで様子を見て、またご連絡させて頂きます」というのが正解でしょう。 もちろん病院にかかり、病状を報告することも忘れずに行いましょうね。 この時は迷惑をかけてしまっていることを忘れず、敬語は正しいものを使用することを気をつけましょう。 上司が風邪をひいて休んでいる場合!体調を気遣う言葉を送るには 上司が体調を崩してしまっている時、こんな時も迷わず労いの言葉をかけましょう。 しかし相手は体調が悪く寝込んでいる可能性が。 お返事はさせないというのもこちらが出来る気遣いですよね。 内容は短めに、仕事の心配をしているであろう上司に気にしないで休んで下さいと伝える文章が良いでしょう。 気遣いはし過ぎず適度な具合がベストです。 「お大事にしてください」こちらは間違いではありませんが 「一刻も早いご回復をお祈りしております」このような表現が丁寧で良いです。 「体調は大丈夫でしょうか?」ではなく 「お体の具合はいかがでしょうか?」こちらが良いですね。 よく丁寧な言葉を完璧に使おうとして、テンプレートのコピペのような文章になってしまうこともあると思います。 なるべく自分の言葉に砕いた文章の方が、多少の言葉の間違いがあっても気持ちは伝わるのではないでしょうか。 好感の持てる、体調を気遣う言葉の内容とは ビジネスシーンの様々なシーンで使える、体調を気遣う言葉とはどんなものでしょうか。 「お体にお気をつけください」「ご自愛ください」このような言葉が多く使われます。 これに「どうぞ」を加えるだけで「どうぞお体にお気をつけください」「どうぞご自愛ください」 と、とても丁寧な表現になります。 目上の人への気遣いのメールはとても悩んでしまうことも多いですが、きっと部下からの心配メールはとても嬉しいはずです。 気を使いすぎるあまり、体調が悪いのにメールなんて読めないだろうと連絡をしないのではなく、一言でもよいので労いの言葉をお掛けすることは忘れないように送りましょう。 「ご体調を崩されたことに驚きました。 お加減はいかがでしょうか?」 相手がご年配の場合は、いつもは元気なのに、というような表現もとても良いです。 年を取れば取るほど、年寄り扱いを一番嫌がるものなので。 体調を気遣う言葉は大切なコミュニケーションである 相手との間柄によって変化する内容ではありますが、あまり深く立ち入り過ぎず、早く元気になって欲しいという気持ちを伝えることが大切です。 一緒に仕事をしていく上で、体調が悪い時にフォローしてくれるのかそうでないかはとても重要な問題となります。 人の体調を気遣える、そんな気の利く部下を求めている上司は多いのではないでしょうか。 逆に気にかけてくれる上司を部下は求めていますよね。 何も声をかけないことは、体調を崩したことによって迷惑をかけてしまったのではないか、怒っているのでは?とプレッシャーを与えてしまう恐れがあるので、一言労いの言葉を掛ける。 これを忘れないようにしましょう。 上司から気遣いを頂いたら、返信を必ず行うこと。 上司への気遣いのメールは、返信をしなくても良い内容の終わり方で送ること。 ポイントを押さえて出来る部下になりましょう。

次の

お加減の使い方|類語とお加減いかがですかの意味とは?

体調 いかが です か

最後に今後の抱負やお願いの言葉を入れましょう。 まだ体調が万全でない状態で配慮をお願いしたいことがあったら、きちんと伝えましょう。 伝えることで自分だけでなく周りの人が余計な心配をかけずに済みます。 「明日から出勤予定です。 今後もよろしくお願いいたします。 」「健康管理に気をつけて、業務に精励します。 」「遅れを取り戻せるよう、仕事に励む所存です。 」「完全復帰ではありませんが、できる限り努力してまいります。 」「しばらくは体調と相談しつつの勤務となります。 何卒ご理解ください。 」などと入れましょう。 体調を気遣う言葉の7つ目は「私に出来ることがあれば、遠慮なく知らせてください。 」です。 長期間休む場合は体調だけでなく、仕事のフォローも兼ねてメールを送りましょう。 相手に不安を感じさせないように復帰を待っている気持ちを伝えましょう。 メールを送って良いかわからない時は他の上司や同僚に相談しましょう。 相手の体調だけでなく立場も気遣うのを大切に いかかでしたか?相手が誰であっても、1番大切なことは相手の体調だけでなく立場も気遣うことです。 あなたの気持ちは文章だけで伝わります。 イライラした気持ちは堪えましょう。 「お体に気を付けて」と、お互い様の気持ちを忘れずに気持ちの込められたメールを送りましょう。

次の