女の子 古風 な 名前。 【人気沸騰】古風・和風な女の子の名前300例一覧!古いからこそ新しい⁉

女の子名前ランキング人気TOP100 最新版2019年! [赤ちゃんの命名・名づけ] All About

女の子 古風 な 名前

人気のある古風な名前 古風・和風な女の子の名前は人気があり、名付けランキングでも上位の定番です。 流行も取り入れたい、古臭いと思われたくない、と言う方は、人気のある名前をヒントにするのがおすすめです。 文字数、音数ごとにご紹介しますので、ご自身の名字と合わせてしっくりくるものを探してみてください。 漢字一文字(2音、3音) 一文字の名前はスッキリまとまりがあり、洗練された印象です。 漢字一文字だと、和の持つ奥ゆかしさや、風雅な印象をそのまま名前に込めることができます。 特に、花や草木など植物をモチーフとした漢字は華やかでありながら品もあるので女の子の名前として普遍的な人気があります。 2音の名前• 同じ読み、意味を持つ漢字に「毬」があります。 澪は船が通るのに適した水路や船の通った跡を表す言葉です。 「みお」と言う響きで名付けに人気があり、レイ、リョウと読ませると、クールな雰囲気になります。 紗は「さ」と読む漢字として2文字以上の名前によく使いますが、一文字では「すず、たえ」と古風なイメージの読み方ができます。 絃は楽器に張る糸を指します。 真っ直ぐでありながらしなやか、古風でありながら音楽が持つ奔放さもある魅力的な雰囲気の漢字です。 「弦」も同じ意味、読み方となります。 数の単位ですが「多い、豊富」と言う意味にもつながるので縁起の良い漢字です。 名前では他の漢字と組み合わせて使うことが多いですが、一文字で「ゆき」と読ませると雰囲気があって素敵です。 「あや」と読む漢字はたくさんあり、定番の彩、綾、絢は、和の雰囲気と華やかさがあり人気です。 少し個性を出すなら、采、朱などがおすすめです。 3音の名前• 「紬」は絹織物の一種で、大島紬、結城紬などが有名です。 深い独特の味わいがありますが、丈夫で軽いので普段使いの着物として人気です。 名付けに使うと品がありながら素朴で可愛らしい雰囲気となります。 名付けでは定番の漢字ですが、一文字だけで使うと優雅さ、風雅さと言った和の伝統的な美しさが強調されます。 色名の紫は一文字で「ゆかり」と読みます。 聖徳太子によって制定された「冠位十二階」で最上位の色であったことから、今でも高貴な色としての認識があります。 5月の異名「皐月」から。 皐だけでも「さつき」と読みます。 他には「さわ、こう」と言った読み方も名付けにおすすめです。 漢字二文字(2音、3音) 漢字二文字で構成される名前は、どんな名字にもバランスよく収まるので一番多く付けられています。 漢字を二つ使うので名前のバリエーションも大きく広がり、組み合わせによって古風な雰囲気を強めたり、弱めたりもできます。 2音の名前• 3音の名前• 「さくら」は日本を代表する花で昔から名付けでも人気があります。 桜は春の花ですが、桜の字を使わず響きだけ残すことで季節を問わない名前になります。 他にも咲空、咲羅、咲来、咲楽などで表現できます。 新字体の「国」でも素敵ですが、直角が多くやや堅いイメージ。 旧字体の「國」を使うと古風さが増して雰囲気がある名前になります。 好みで使い分けましょう。 紬は一文字で「つむぎ」と読みますが、あえて他の漢字と組み合わせても個性ある名前となります。 漢字三文字 漢字1字に1音あてて構成される三文字名は優雅なイメージです。 使う漢字が増えることによってさらにバリエーションが増えますが、組み合わせには注意が必要です。 画数が多い漢字を使いすぎると見た目が重くなり、サンズイ、草冠など、似た形の漢字を複数使うとバランスが悪くなります。 好きな漢字だけを使うより、全体のバランスを考えて組み合わせてみましょう。 止め字で和を取り入れる 「乃」「緒」など、昔から女性の名前に使われてきた止め字を使うことで日本的な趣のある名前になります。 流行りの漢字と組み合わせても落ち着いた雰囲気になるので、少しだけ和を取り入れたい場合にもおすすめです。 「乃」で終わる名前ピックアップ• 「葉」で終わる名前ピックアップ• 「月」で終わる名前ピックアップ• 「緒」で終わる名前ピックアップ• 【春夏秋冬】季節ごとの古風・和風な名前 日本は四季の変化が豊かな国。 季節を表す言葉や季節ごとの行事も多く、名付けのモチーフがたくさんあります。 また、日本独自の伝統文化である俳句の「季語」からもヒントになる言葉があります。 新しい命が生まれた特別な季節にちなんで、四季折々の花や風物詩から古風な女の子の名前を考えてみましょう。 春生まれの女の子の古風な名前 春の植物 桜、桃、菜の花、菫(すみれ)、杏、鈴蘭など 春を表す言葉 麗か、春暁、春陽、春日和、芽吹く、風光る、雛祭り、 月の異名 弥生(三月)、卯月(四月)、皐月(五月) 春は、たくさんの花々が咲き誇る、見目麗しい季節。 桜や菜の花など名前に使いやすい花が多いのでアレンジ次第で様々な雰囲気を持たせることができます。 可愛らしい花や、春らしいうららかな気候をモチーフにした古風な名前をご紹介します。 「千本桜」は桜がたくさんある場所や、桜の花盛りを表す言葉です。 千の上の単位「万」を用いた「万桜(まお)」も桜の絢爛さを表す名前となります。 【関連ページ】 夏生まれの女の子の古風な名前 秋の植物 紅葉、楓、桔梗、蘭、菊 秋を表す言葉 秋澄む、清涼、夜長、白露、千秋楽、椋鳥、稲穂、夕紅葉 月の異名 長月(9月)、神無月(10月)、霜月(11月) 落ち着いたイメージのある秋は古風、和風な雰囲気にピッタリです。 特に人気なのは、日本が世界に誇れる自然美の一つ、紅葉に関連した名前です。 その他、秋の爽やかな気候や名月にちなんだ名前もご紹介します。 紅葉と同じ意味を持つので、一文字で「もみじ」を表したいときにおすすめ。 漢字は中国から伝来したものが多いですが、椛は日本独自で作られた和製漢字(国字、和字)になります。 【関連ページ】 冬生まれの女の子の古風な名前 冬の植物 椿、柚子、柊、梅 冬を表す言葉 風花、聖夜、冴ゆ、雪、白姫、新年、初春 冬の異名 師走(12月)、睦月(1月)、如月(2月) 澄んだ空気に包まれる冬は純粋で清楚なイメージがありますね。 そんな冬の空気感や雪の美しさ、寒さに負けず美しく咲く花も名付けのモチーフにしてみましょう。 【関連ページ】 「子」が付く名前 一昔前までは多くの女の子に付けられていた「子」が付く名前ですが、最近ではかなり少なくなっています。 しかし、だからこそ今では個性的に見えることも。 昔ながらの名前も素敵ですが、「りこ」「かこ」など二音でまとめたり、「ななこ」「ももこ」など繰り返し音と組み合わせると、古臭くなく洗練された響きになります。 また、「こ」と読む漢字は「心」「湖」「瑚」などもありますので、昔の名前とは少し違った雰囲気にしたい場合におすすめです。 子が付くの二文字の名前• 子が付くの三文字の名前•

次の

女の子の二文字名前!古風な漢字やひらがなの名前185選!

女の子 古風 な 名前

じ〜っくりと最後まで見る!よりも、 まずは、サッと流し読みで見ながら、 なんとなく気になった名前をチェックしておく。 最後まで見たあと、チェックした名前を改めてじっくり見ていく。 この方が、直感的に良い名前をピックアップすることができます! 名前の左側にはNoがふってあるので、さっと番号だけひかえると楽ですよ。 ピックアップした候補の名前は、名字と合わせてみて、実際に名前を声に出してみてください。 候補に入れる、絞りこむ! 良い名前にたどり着くにはこれしかありません! ちょっとでも「いいなあ」という名前は、どんどん候補に入れてくださいね。 ランキングが気になる方は、公式サイトをご覧ください。 外部サイトが開きます 「変わった名前がランクイン」ということは ここ数年のランキングをみてもなく、どれも安定した人気がある名前です。 人気がある名前・人気がある漢字 これらをふまえた上で…古風でかわいい名前947例を一気に紹介していきます。 まずは、 ひらがなの古風な名前から。 次に一文字名前、最後に二文字名前の順で紹介いたします。 近年、人気の出てきている三文字名前は あまりにも数が多すぎ…なので、別の記事で三文字名前を特集しています。 また、「名前の先頭文字で性格判断」は、こちらの一文字名前特集で紹介しています。 女の子の一文字名前は、別で特集をしています。 一文字名前もちょっと気になる!という方は、 先頭文字の性格診断もあるので、ぜひこちらもご覧ください。 ここでは一部の名前を紹介いたします。• 娃(あい) 9画• 愛(あい) 13画• 藍(あい) 18画• 葵(あおい) 12画• 蒼(あおい) 13画• 碧(あおい) 14画• 茜(あかね) 9画• 灯(あかり) 6画• 彩(あや) 11画• 絢(あや) 12画• 綾(あや) 14画• 菖(あやめ) 11画• 歩(あゆみ) 8画• 杏(あん) 7画• 杏(あんず) 7画• 泉(いずみ) 9画• 絃(いと) 11画• 綸(いと) 14画• 唄(うた) 10画• 詠(うた) 12画• 詩(うた) 13画• 歌(うた) 14画• 薫(かおる) 16画• 香(かおり) 9画• 楓(かえで) 13画• 奏(かなで) 9画• 梢(こずえ) 11画• 絆(きずな) 11画• 心(こころ) 4画• 琴(こと) 12画• 咲(さき) 9画• 桜(さくら) 11画• 紗(すず) 10画• 鈴(すず) 13画• 皐(さつき) 11画• 里(さと) 7画• 栞(しおり) 10画• 雫(しずく) 11画• 菫(すみれ) 11画• 李(すもも) 7画• 空(そら) 8画• 環(たまき) 17画• 司(つかさ) 5画• 椿(つばき) 13画• 蕾(つぼみ) 16画• 紬(つむぎ) 11画• 尚(なお) 8画• 凪(なぎ) 6画• 渚(なぎさ) 11画• 和(なごみ) 8画• 希(のぞみ) 7画• 望(のぞみ) 11画• 和(のどか) 8画• 温(のどか) 12画• 花(はな) 7画• 華(はな) 10画• 春(はる) 9画• 陽(はる) 12画• 悠(はるか) 11画• 遥(はるか) 12画• 光(ひかり) 6画• 瞳(ひとみ) 17画• 雛(ひな) 18画• 姫(ひめ) 10画• 蛍(ほたる) 11画• 舞(まい) 15画• 円(まどか) 4画• 澪(みお) 16画• 岬(みさき) 8画• 緑(みどり) 14画• 翠(みどり) 14画• 碧(みどり) 14画• 南(みなみ) 9画• 穂(みのり) 15画• 都(みやこ) 11画• 雅(みやび) 13画• 陸(むつみ) 13画• 恵(めぐみ) 10画• 萌(めぐみ) 11画• 萌(もえ) 11画• 椛(もみじ) 11画• 桃(もも) 10画• 結(ゆい) 12画• 結(ゆう) 12画• 優(ゆう) 17画• 柚(ゆず) 9画• 夢(ゆめ) 13画• 蘭(らん) 19画• 涼(りょう) 11画• 綾(りょう) 14画• 礼(れい) 5画• 怜(れい) 8画• 鈴(れい) 13画• 澪(れい) 16画• 麗(れい) 19画 【あ行のイメージ、傾向】 人への思いやりと協調性。 自分の意思もしっかり持ち、積極的に行動できるコツコツタイプ。 あ行で始まる名前は、音の響きが柔らかい印象を与えます。• 【か行のイメージ、傾向】 向上心があり、人との関係や繋がりを大事にします。 自発的動く積極タイプ。 か行で始まる名前は、音の響きはシャープな印象を与えます。• リーダー気質もあります。 さ行で始まる名前は、音の響きはシャープな印象を与えます。• 【た行のイメージ、傾向】 自分の考えをしっかり持ち、忍耐強さも持ち合わせます。 正義感の強いのコツコツタイプ。 た行で始まる名前は、音の響きはシャープな印象を与えます。• 穏やかな内面を持つ努力家タイプ。 な行で始まる名前は、音の響きは柔らかい印象を与えます。• 【は行のイメージ、傾向】 環境の変化に臨機応変で対応できる柔軟性を持ちます。 決断力のあるリーダータイプ。 は行で始まる名前は、音の響きはシャープな印象を与えます。• 社交的な情熱家タイプ。 ま行で始まる名前は、音の響きは柔らかい印象を与えます。• 【や行のイメージ、傾向】 いつも元気で周囲を明るくします。 鋭い感性と実行力を持つ努力家タイプ。 や行で始まる名前は、音の響きは柔らかい印象を与えます。• 【ら行のイメージ、傾向】 さばさばした性格と柔らかな雰囲気を持ちます。 頭の回転が早い芸術家タイプ。 ら行で始まる名前は、音の響きは柔らかい印象を与えます。•

次の

古風でかっこいい女の子の名前を483個集めてみた

女の子 古風 な 名前

【2016年】女の子の名前人気ランキングTOP20 名前を考える前に、まずはおさえておきたい最近のトレンド!人気の傾向をおさえ、名付けの参考にしてください。 価格は変動することがありますので、販売元で必ずご確認ください。 響きは、柔らかく優しい印象や自然をイメージした漢字が多いですね。 女の子らしいふんわりとした愛らしさの中にも、大地に根付いた凛とした芯のある女性、というイメージがうかがえます。 また、「ひまり」「さくら」「こはる」「かえで」などの読み、「月」「陽」「菜」「春」などの漢字から、自然をテーマにした名前が人気のようです。 「結」「愛」「心」「咲」など、女の子らしい優しさを表す定番の漢字も、人気の傾向です。 また、ここ数年目立っているのは「莉子」のように「子」をつける古風な名前、「紬 つむぎ」「楓 かえで」のように漢字一文字で読み方が三文字、の名前も今時の傾向となっているようです。 古風なイメージを持つ可愛い女の子の名前が人気! 個性的な名前やキラキラネームが話題になっていましたが、ここ数年、古風で趣のある雰囲気の名前が人気です。 和のイメージを連想させる漢字や言葉、響きがかわいらしく、誰もが呼びやすい名前であることが特徴です。 日本の女性らしい上品さと慎ましさ、優しさ、凛とした芯の強さ…こんな女性になってほしいという願いを感じますね。 古風な名前は古臭くなく、逆に「粋」な雰囲気もあり、おしゃれでセンスのある名前として目立ってきています。 古風な女の子の名前 おしゃれな漢字一文字! 古風な雰囲気・意味合いを持つ漢字一文字は多くあります。 一文字で表す潔さがあり、その漢字から漂わせる印象も美しいものです。 また、漢字一文字は目立ちやすく、人から覚えてもらいやすいというメリットもあるようです。 凛(りん)・葵(あおい)・恵(めぐみ)・杏(あん)・花(はな)・茜(あかね)・雅(みやび)・紬(つむぎ)・蘭(らん)・桜(さくら)・美(よし)・雅(みやび)・紫(ゆかり)・京(みやこ)・雫(しずく)・都(みやこ)・澪(みお)・楓(かえで)・和(のどか・かず)・椛(もみじ)・幸(みゆき)・希(のぞみ)・忍(しの・しのぶ)・栞(しおり)・鈴(りん・すず)・柚(ゆず)・唯(ゆい)・結(ゆい)・心(こころ)・朱(あけみ)・藍(あい・らん)・琴(こと)・梢(こずえ)・泉(いずみ)・奏(かなで)・鼓(つづみ)・知(とも)・菫(すみれ)・詩(うた) 古風な女の子の名前 かわいい印象の読み方二文字! 女の子の名前は、読み方二文字がつけやすく人気とされています。 特に、古風な響きを持つ名前は、漢字をあてはめるとさらにかわいらしく愛らしい印象を持ちます。 こと(琴・古都)さよ(小夜・沙夜・紗世・沙代)ふみ(文・史・史実)あや(文・郁・彩・亜弥)はな(花・華・羽菜・葉奈・波奈・英)はる(晴・波瑠・春)かよ(加代・佳世・奏夜・華夜)いと(愛・伊都) 古風な女の子の名前 人気の読み方三文字! 女の子の名前を決める際には、画数、漢字、響き、願いやこだわりが多すぎて悩む方も多いのではないでしょうか。 漢字で二文字、読み方三文字で表せば、どうしても入れたい漢字を使いつつ、響きも重視したいという方におすすめです。 特に、古風な雰囲気をもつ定番の漢字を使った名前をご紹介いたします。 美琴(みこと)・晴香(はるか)・沙月(さつき)・涼乃(すずの)・彩香(さやか・あやか)・雪乃(ゆきの)・菜月(なつき)・雛乃(ひなの)・琴乃(ことの)・和奏(わかな)・夢乃(ゆめの)・彩乃(あやの)・由乃(よしの)琴美(ことみ)・市乃(いちの)・華乃(はなの) ひらがなで表す古風な女の子の名前 ひらがなは、もともと女性文字として主に女性が使用する文字でした。 漢字にはない特有のふんわりした優しいイメージで、女の子のかわいらしい響きを大切にしたい方には人気です。 また、読み間違えられることがない、憶えてもらいやすい、画数を気にする必要がない、どんな苗字とも相性がよい、書きやすいなどと漢字にはないメリットもあるようです。 あい・あこ・うた・こと・らん・はる・はな・かの・さゆ・しづ・しの・すず・せつ・せり・たえ・まり・なつ・なな・ちよ・ゆい・さと・もも・まこ・わか ひかり・はつね・ちはる・かすみ・むつき・はづき・やよい・ゆきの・さくら・はるか・ななみ・たけの・こはる・みつき・あかり・すみれ・のどか・かおり・わかば・ みさき・かれん・ひなの・あずき・みのり・こなつ・いろは・とうか・つむぎ・ひより・しずく・かおるこ・さくらこ・みどりこ・すみれこ・ゆかりこ 古風でかわいい「子」のつく女の子の名前 昭和時代に流行っていた「子」のつく名前。 近年においては「子」のつかない名前ばかり目立っていましたが、ここ数年「子」のつく名前は人気急上昇中なのです。 そもそも「子」は「はじめ(一)からおわり(了)まで」という意味。 「自分の人生をまっとうしてほしい」といった大きな意味を持っています。 恋子(ここ)・菜子(なこ)菜々子(ななこ)・佳子(かこ)・翔子(しょうこ)・萌子(もえこ)・希子(きこ)・姫子(ひめこ)・真子(まこ)・菫子(すみれこ)・莉子(りこ)・羽子(わこ)・弥子(やこ)・歩子(ほこ)・涼子(りょうこ)・紗子(さこ)・埜子(のこ)・桜子(さくらこ)・鈴子(すずこ・りんこ)・唯子(ゆいこ・いちこ)・桂子(かつらこ)・瑠子(るこ)・由宇子(ゆうこ)・恭子(きょうこ)・璃々子(りりこ)・華子(かこ)・実子(みこ)・瑠衣子(るいこ)・亜子(あこ)・灯子(とうこ)・翠子(みどりこ)・恋子(れんこ)・凛子(りんこ)・薫子(かおるこ)・愉子(ゆこ)・璃衣子(りいこ)・未唯子(みいこ)・蘭子(らんこ)・埜々子(ののこ)・雛子(ひなこ)・寧々子(ねねこ)・杏子(あんこ・ももこ)・爽子(さわこ)・真子(まこ)・芽愛子(めいこ) 花・植物の名前からイメージする古風な女の子の名前 赤ちゃんの産まれ月や季節から、お花の名前をつけたいと考えるパパママも多いはずです。 響きもかわいらしく、花言葉も素敵なものをピックアップいたしました。 薺(なずな)・椿(つばき)・李(すもも)・蓮(れん)・皐月(さつき)・桃(もも)・杏(あんず・あん)・楓(かえで)・菫(すみれ)・菘(すずな)・桜(さくら)・梢(こずえ)・椛(もみじ)・紅葉(もみじ)・苺(いちご)・柚(ゆず)・麻(あさ)・なつめ・樹(いつき)・百合(ゆり)・つくし・菜の花(なのか)・菖(あやめ)・花梨(かりん)・茉莉花(まりか)・よつば・霞(かすみ)・梓(あずさ)・ひまわり・せり・かんな・くるみ 色からイメージする古風な女の子の名前 四季を感じる日本には「色」のイメージが相性ぴったり。 女の子の名前に、色の名前や色彩を感じさせる漢字を使用することで、どこか趣があり、人生に彩りを添える願いの込もった名前になります。 彩(あやか・あやな・あや)・碧(あおい)・緑(みどり)・朱(あけみ)・蒼乃(あおの)・翠(みどり)・橙(あかり)・藍(あい)・桃(もも)・茜(あかね)・紫(ゆかり)・朱実(あけみ)・朱夏(あやか)・彩子(あやこ)・沙彩(さあや)・紫乃(しの)・瑠璃(るり)・橙子(とうこ)・紫月(しづき)・茜里(あかり)・七緒(ななお)・藍子(あいこ)・麻白(ましろ)美紅(みく)・蒼(あおい) 女の子の名前を決める11の発想法 名前を決める時は、まず思いついた名前をどんどんリストアップしていきましょう。 本やネットを使ってもいいですし、使いたい漢字、ひらがなでもいいので候補をメモしていきます。 少なくとも30個ほど出しておくといいですね。 その中で、絞る作業をしていきます。 夫婦でどちらかが気に入っていない名前を省き、画数や呼んだ時の響き、苗字とのバランスを見ながら残った名前の中で、第一候補グループと第二候補グループに分けてみます。 この時、第一候補には5~10個ぐらい、第二候補には10~15個ぐらいまで絞ります。 最終的に決定するタイミングは、夫婦によって様々です。 赤ちゃんの誕生後に決める場合もあれば、ふとした夫婦の会話の中でピンとくる場合もあるでしょう。 いずれにしても、赤ちゃんを授かったという幸せな気持ち、子どもの未来のことを想って夫婦で楽しみながら考えることが何よりも大切なことです。 性別が女の子と分かったら、特にパパママは女の子のお顔を想像して、パパは一緒に遊んだり、ママは一緒におめかししたり…と、子どもとの未来の想像も具体的になりますよね。 そんな時に呼ぶ名前をイメージして、その子のためにかわいらしく素敵な名前を決めてあげたいと考えるはず。 我が子にとってお気に入りの名前を選ぶために、まずは まんべんなくたくさんの候補を出すことをおすすめします。 女の子の名前候補をどういった切り口から出したらよいか、様々な角度からその発想法をご紹介いたします。 音の響きで決める 何度も呼ばれることになる名前ですので、呼んだ時の響きのかわいらしさ愛らしさは、女の子の名前にとって重要な要素の一つです。 夫婦で互いに呼び合ったり、ニックネームを考えて呼んでみて想像したり、後から漢字を当てはめてみたりしてみましょう。 女の子に人気の柔らかい印象の音は、 あ行・な行・ま行・や行・ら行・わ行と言われています。 価格は変動することがありますので、販売元で必ずご確認ください。 また、漢字一つつひとつはしっかりとした意味を持っているもの。 「その子にこうなってもらいたい」という想いが入れ込まれるので、漢字の意味合いにこだわりを持つ方は候補を出しやすいです。 例えば、「心」という漢字は 「人が集まりその真ん中で大切な存在になる、心豊かで優しい子に」という願いが込められています。 季節や自然に因んで決める 生まれる季節を表した漢字、または空、海、草木、花、風、太陽、月など、自然に因んだ名前はナチュラルな印象で、女の子の名前に相応しいものが多いです。 漢字で表すにも、古風な漢字一文字が多く、人気です。 価格は変動することがありますので、販売元で必ずご確認ください。 最近では、漢字一文字が人気であり、男の子より女の子の漢字一文字は非常にバリエーション多いので候補を出しやすいです。 一文字で表す潔さ、凛とした印象もあり、おしゃれさも持ち合わせています。 ただし、苗字ともバランスを考えながら候補を出すといいですね。 イメージで決める 子どもへの期待、願いを込めて「明るく活発な」「知的な」「古風な」「愛らしい」印象など、文字や響きが持つイメージから発想していきます。 ランキングから決める どこから決めていいか分からなかったり、名付け作業に行き詰まってしまったら、ひとまずここ数年の人気名前ランキングをチェックしてみるのもおすすめです。 「あ、これはピンとこないな」「あ、こういうイメージ好きかも」といった方向性が見えてくるかもしれません。 流行りの傾向もつかめますね。 ゆかりのある人物で決める 両親、祖父母、思い出のある歴史上の人物、子どもにこういう人になってもらいたいという有名人を表す名前などから発想します。 兄弟と関連ある名前で決める お兄ちゃんお姉ちゃんがいる場合には、関連性のある文字を入れると、兄弟姉妹ならではの繋がりを感じます。 特に姉妹で同じ響きだと、一層かわいらしいですよね。 第一子であっても、今後兄弟が増えた時のことを想像してつけるのも楽しみかと思います。 他人に決めてもらう 夫婦でお世話になった方、恩師、祖父母、お寺や占い師につけてもらう、というスタイルも名付け方法の一つです。 赤ちゃんのお顔をみて決める 産まれてきた赤ちゃんのお顔を初めて見た時に感じた想い、頭に浮かんだ名前をつけます。 ただ、名付けにはタイムリミットがありますし、出産後のママは余韻を感じる暇はないほど心身疲れるもの。 候補は3個ぐらいに絞った状態をおすすめします。 名前は親から子どもへ初めてのプレゼント 名前は、親から子へ初めて贈るプレゼントです。 こんな子になってほしい、こんな人生を歩んでほしいといった親の愛情や願いが込められているものや、これから出会うたくさんの人たちから呼んでもらう親しみのあるものイメージをして、楽しみながらじっくり時間をかけて納得のいく名前を考えてくださいね。 是非、参考にしていただければ嬉しいです。

次の