コロナ ウイルス 広島 県。 広島県:「広島県 新型コロナウイルス感染症対応資金」

広島県、休業要請の大半を解除 外出自粛は週末だけ 新型コロナ【動画】

コロナ ウイルス 広島 県

ページ内目次 市内で新型コロナウイルス感染症の患者が確認されました件について,現在,福山市では本人及び関係者から行動履歴,濃厚接触者の把握等のため調査を行っております。 状況が判明次第,順次,感染拡大防止に必要な情報を公表する予定です。 発熱等の風邪症状がみられるときは,学校や会社を休み外出を控えてください。 発熱等の風邪症状がみられたら,毎日体温を測定して記録してください。 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方,新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は,まずは,かかりつけ医等に電話でご相談ください。 ご相談いただく目安 次のいずれかに該当する場合には,すぐに相談窓口にご相談ください。 息苦しさ(呼吸困難),強いだるさ(倦怠感),高熱等の強い症状のいずれかがある場合• 糖尿病,心不全,呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方• 透析を受けている方• 免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方• 上記以外の方で,発熱や咳など,比較的軽い風邪の症状が続く場合 症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。 症状には個人差がありますので,強い症状だと思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 臭いや味が変だと感じる場合• お子様をお持ちの方へ 小児については,小児科医による診察が望ましく,相談窓口やかかりつけ小児医療機関へ電話などでご相談ください。 これまで通り,検査については医師が個別に判断します。 相談後,医療機関にかかるときのお願い• 「新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口」から受診を勧められた医療機関を受診してください。 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか,手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に,マスクやティッシュ,ハンカチ,袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。 感染症対策 市民の皆さんにおかれましては,風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。 感染症対策に努めていただくようお願いいたします。 (内閣官房HP ・3つの密を避けよう! ・正しい手洗いの仕方 ・マスクの正しい付け方 (厚生労働省HP) 悪質商法や詐欺などに注意• 新型コロナウイルスに便乗した悪質商法で,不安に感じたらすぐに「福山市消費生活センター」へ相談してください。 (国民生活センターHP 悪質商法に関する相談窓口(084-928-1188)• 厚生労働省等を装い,「費用を肩代わりするので検査を受けるように」などと言い,個人情報を聞き出そうとする詐欺事例もあります。 厚生労働省から家庭にこのような電話をすることはありませんので,不安に感じたらすぐに「新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口(084-928-1350)」へ相談してください。 その他について 福山市の公共施設における対応についてはこちらを確認してください。 広島県HP) 各施設については次を参考にしてください。 利用する際には各施設に問い合わせてください。 外出しないことで生活が不活発になり心身の活力が低下することが心配され,特に高齢の方にとってはフレイル状態になる可能性が心配されます。 感染症を予防し,元気で過ごすために次の情報を参考にしてください。 事業者の皆さんへの支援策一覧を取りまとめました。

次の

新型コロナウイルス感染症対応資金の創設

コロナ ウイルス 広島 県

広島県は、新型コロナウイルス感染症対策として、県職員が自身の行動履歴を記録する仕組みの導入を検討している。 強制はしないが、プライバシーとどう折り合いをつけるか課題もあり、導入時期は未定だという。 県業務プロセス改革課によると、職員がスマートフォンやパソコンからサイトにアクセスし、参加した会議や打ち合わせの「同席者」「3密状態の有無」「時間」「場所」を記録する。 自分や周囲が感染したときに備えてメモ代わりに使ってほしいといい、将来、県民に利用してもらうことも視野にあるという。 用意しているシステムでは、集まったデータを県庁内のシステム管理者が見ることができる。 8日の県議会総務委員会で県の担当者は「記録する情報には(メモ代わりに撮った)顔写真、いつどこで誰と会ったというプライバシーが含まれる。 これを行政が保有することが適当かという課題がある。 技術的に解決できないか、検討している」と述べた。 県は5月1日から、職員が各自の健康観察の結果を記録する仕組みも稼働させている。 使用は任意で、体温、せきや呼吸困難、味覚の違和感などの症状の有無を記録する。 5月末までの利用者は63人、延べ入力回数は271回という。 (八田智代).

次の

新型コロナウイルス等に係る臨時休館・運休、イベントの中止・延期について|最新情報|広島県公式観光サイト ひろしま観光ナビ

コロナ ウイルス 広島 県

令和2年5月14日、広島県が国の緊急事態宣言の対象地域から解除された後も、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、5月15日に県としての対処方針を定めました。 5月22日に、専門家の意見や国の対処方針等を踏まえ、外出の自粛や施設の使用制限等を基本的に解除、5月25日には全国で緊急事態宣言が解除されましたが、当県では引き続き、5月31日まで移動の自粛やイベント開催の制限等に取り組むため、県の対処方針の見直しを行ったところです。 今回5月29日、国の対処方針や他地域の感染状況等を鑑み、6月18日までは引き続き、移動の自粛やイベント開催条件等の制限に取り組むこととし、令和2年5月15日制定の「新型コロナウイルス感染拡大防止のための広島県の対処方針」を改正しました。 6月19日以降の対処方針については、後日改正いたします。 なお、疫学的状況又は医療状況が悪化した場合は、制限を再度強化し、まん延防止に取り組むこととしており、制限の緩和・強化にあたっては、地域の疫学的状況や医療状況等を考慮しながら適時・適切に判断してまいります。 県としましては、県民の皆様の命と暮らしを守るため、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けて、市町や関係機関と連携し、全力で対応してまいります。 県民の皆様、事業者の皆様には、「新しい生活様式」や「新しい働き方様式」に移行する中で、引き続き、感染防止対策をしっかりとっていただくようご協力をお願いいたします。 以下に方針の概要を示しています。 【6月18日まで】• 5月21日に緊急事態宣言が解除された3府県(京都府、大阪府、兵庫県)へは令和2年6月11日まで、25日に緊急事態宣言が解除された5都道県(北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)へは令和2年6月18日まで、不要不急の移動は避けてください。 その他の県へは、感染状況や移動先の県が出す情報などを確認して、リスクが高い地域への移動は控えてください。 6月1日からは感染予防を心がけて中国5県内を移動しよう! 中国5県外への移動については、居住地の県が出す情報はもちろん、移動先の県が出す情報などを確認し、感染予防に協力しよう! 6月18日までは、5月25日に緊急事態宣言が解除された都道県 北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県 への不要不急の移動はやめよう! 5月22日から、使用制限の協力要請を解除しています。 施設の使用にあたっては、県民の皆様が安心して利用できるよう、「」の活用と、の徹底をお願いします。 なお、次の施設については、これまで国内でクラスターが発生するなどのリスク高さを鑑み、上記対策の徹底に加えて、引き続き次の取組への協力をお願いします。 感染症患者が発生した場合に備え、施設利用者の利用状況及び連絡先の把握・管理をすること。 施設従事者及び利用者から感染症患者が発生した場合には、保健所が実施する積極的疫学調査に協力すること。 感染の恐れのある者を特定できない場合には、まん延を防止する観点から、施設名を自ら公表して、利用者に検査や受診を呼びかけること等に協力すること。 運動、遊技施設• スポーツクラブなどの運動施設 遊興施設等• キャバレー、ナイトクラブ、スナック、バー、ダーツバー、パブ等、カラオケボックス・カラオケ喫茶、ライブハウス、風俗等に関する営業 次の業種については、使用制限の協力要請は解除となりますが、県民が安心して利用できるよう、以下の業界団体や県が策定した感染防止対策や「」を活用して、徹底した感染防止対策をお願いします。 区分・対象施設 感染防止対策 【参考リンク】• 食事提供施設の状況は多様で、一律の対策をあてはめることは困難であることから、次の取組への協力をお願いします。 専門家の意見を得ながら科学的知見に基づいて開発した「」を活用して、店舗ごとの実情にあった対策を選択・策定し、速やかに実行してください。 策定した対策は定期的に見直していくことが望ましいです。 「」の取組を活用して、自主的な感染予防対策を見える化し、利用者の安心感の向上に努めてください。 飲食店での新型コロナウイルス感染症予防策の検討を支援するために、「広島県新型コロナウイルス感染症に対する安全対策シート」 飲食店版 を作成しました。 同シートを活用して、各店の実情にあった新型コロナウイルス感染症予防策を策定して、取り組みを開始してください。 自主的な取り組みを広島県に宣言した事業者には、「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」の宣言書を発行します。 からご覧ください。 県立学校における新型コロナウイルス感染症に係る広島県教育委員会の考え方について、詳しくはをご覧ください。 の開催条件【6月18日まで】 イベント開催の条件の目安は次のとおりです。 屋内であれば100人以下、かつ収容定員の半分以下の参加人数にすること• 屋外であれば200人以下、かつ人と人等の距離を十分に確保できること(できるだけ2m) 全国的かつ大規模な催物等の開催については、リスクアセスメントの対応が整わない場合は中止又は延期するよう、主催者に慎重な対応を求めます。 上記をふまえ、次のような感染防止対策を講じた上で、開催を可能とします。 3つの密の発生が原則想定されないこと。 入場者の制限や誘導、手指の消毒設備の設置、マスクの着用等、適切な感染防止対策が講じられること。 イベントの前後や休憩時間等の交流を極力控えること。 密閉された空間で、大声での発声、歌唱や声援又は近接した距離での会話等が原則想定されないこと。 なお、イベント参加者の名簿作成による連絡先等の把握や、導入が検討されているスマホの接触確認アプリの活用などに留意してください。 外出する場合には、「3つの密」の徹底的な回避、体調管理、マスク着用、手洗い・咳エチケット、人と人との距離確保等の基本的な感染対策を実施すること。 これまで全国でクラスターが発生した施設において、が実施されていない場合は施設の利用を控えること。 屋内外を問わず、家族以外との大人数での会食や、密集状態等が発生する恐れのあるイベント等に参加しないこと。 5月21日に緊急事態宣言が解除された3府県(京都府、大阪府、兵庫県)へは令和2年6月11日まで、25日に緊急事態宣言が解除された5都道県(北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)へは令和2年6月18日まで、不要不急の移動は避けること。 その他の県へは、感染状況や移動先の県が出す情報などを確認して、リスクが高い地域への移動は控えること。 在宅勤務、時差出勤、自家用車・自転車・徒歩通勤などにより、通勤時の人との接触を減らすこと。 感染例が発生した場合には、まん延を防止する観点から、保健所が実施する積極的疫学調査に協力すること。 感染者・医療福祉関係者やその家族などを誹謗・中傷・差別しないこと。 「」を活用して、「3つの密」の回避、発熱者等の事業所等への入場防止や、飛沫感染、接触感染防止等、人との距離の確保等 各職場にあった感染症防止対策を講じること。 「」に該当するものを除き、屋内外を問わず、大勢の者が参加し、密集状態等が発生する恐れのあるイベント等の開催を自粛すること。 引き続き、Web会議、テレワークの積極的な活用などにより、出勤者数の削減に取り組むこと。 また、出勤した場合にも、座席間の距離をとることや従業員の執務オフィスの分散などを促すこと。 事業所等に出勤する従業員に対しては、時差出勤、自家用車・自転車・徒歩等による出勤を促すこと。 5月21日に緊急事態宣言が解除された3府県(京都府、大阪府、兵庫県)へは令和2年6月11日まで、25日に緊急事態宣言が解除された5都道県(北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)へは令和2年6月18日まで、不要不急の移動は避けること。 その他の県へは、感染状況や移動先の県が出す情報などを確認して、リスクが高い地域への移動は控えること。 感染の恐れのある者を特定できない場合には、まん延を防止する観点から、施設名を自ら公表して利用者に検査や受診を呼びかけること等に協力すること。 関連情報• 4月22日からの休業の協力要請の対象であった施設一覧です。 4月22日から5月6日までの間、休業や営業時間の短縮の要請等を受け、全面的に協力いただいた中小企業者への支援金支給について掲載されています。 令和2年4月22日から令和2年5月6日までの休業や営業時間短縮に協力いただいた中小企業者が対象となります。

次の