虫歯 に なり にくい 人。 歯磨きしていても虫歯になりやすい方、必見です。

むし歯になりやすい人は歯周病になりにくいって本当?

虫歯 に なり にくい 人

「歯磨きは欠かさないのにまた虫歯になった」「普通に磨いているだけで、全く虫歯ができない」。 皆さんの周りにも、虫歯になりやすい人と、虫歯になりにくい人がいませんか? 歯磨きだけではない、虫歯ができる原因について解説します。 歯磨き以外の虫歯リスク 同じように歯磨きしていても、虫歯になる歯と、ならない歯があります。 その違いとは……? 歯磨きがまったく同じでも、歯を取り巻く環境が異なると、虫歯になりやすくなったりします、歯磨き以外の虫歯リスクとして考えられる主なものは、次のようなものです。 歯磨きをどんなに一生懸命にしていても、なかなか虫歯が少なくならない場合、歯磨き以外の部分の虫歯リスクが高くなっている場合があります。 虫歯予防に効果的な3つのポイント 就寝前の歯磨きは完璧に仕上げるつもりで…… 歯磨きをしっかりしているのに、なかなか虫歯がなくならない人にオススメなのは、次の3つです。 就寝前の歯磨きは、徹底的に行い、少しでも虫歯菌の量を減らすことを心がけましょう。 特に就寝前ぎりぎりの間食は注意してみてください。 口が渇いたと思ったら、洗口液やガムなどを利用して口の中の潤いにも気をつけましょう。 自分では気が付かなくても、すでに虫歯がある状態では、いくら歯磨きをがんばっても進行します。 検診などを利用して早期に治療を済ませれば、その後の維持管理がずっと楽になります。

次の

虫歯になりやすい人の7つの特徴!歯磨きに時間をかけてもダメ!?

虫歯 に なり にくい 人

近年「歯の噛み合わせが良いと脳が活性化される」と様々な先生が提唱しています。 咀嚼が脳にどれほど影響されるのかは諸説ありますが、 皆さんに訴えたいのは「噛み合わせさえ良くなれば、身体の不調はなくなる」と過信しないでほしい、ということです。 現在、様々なメディアで「噛み合わせを調整したら脳の働きが良くなった。 見た目も若返った」と言われることがありますが、あまりそういった情報にとらわれないでください。 というのも、こうした改善例は、医学的に正しいデータが出ていないものがほとんどで、歯科学会でもオススメはしていません。 もちろん、噛み合わせが悪くなると身体全体のバランスが崩れるので、改善すれば良い影響は出ます。 私も患者さんに積極的に勧めていますし、実際に身体の不調が治る方もたくさん見てきました。 かといって、 噛み合わせを矯正するだけで、すべての疾患が治るわけではありません。 噛み合わせとバランスのとれた生活(睡眠をとる、栄養のあるものを食べるなど)を合わせて、初めて健康的な身体は作られるのです。 だから「治したのに、肩こりが治らないぞ!」と歯医者さんにクレームをつけるのは、お門違いなのです。 虫歯になりにくい人の 特徴とは 「小さい頃から一度も歯医者に行ったことがない」 羨ましい話ですが、こういう人は、生まれつき歯や唾液の質が良い人かもしれません。 普段、口の中は中性ですが、飲食などによって歯が溶けやすい「酸性」になりやすくなります。 よって、口内を酸性から中性にするまでの時間が短い人は、歯や唾液の質が良いと言えます。 これは普段の食生活やセルフケアというより、顔や性格のように遺伝によるものが大きいかもしれません。 私も、これまでに3万6千人の患者さんを見てきましたが、検査して数値を見てみないことには、その質の程度は分かりません。 気になる人は、治療や定期検診を受ける前に、医師に「唾液の検査をしてほしい」と申し出てください。 ごく簡単な検査で、唾液が、酸性寄りか中性寄りか、量が多いのか少ないのかチェックできます。 その結果を見れば、自分の状態をより深く理解でき、どのようにメンテナンスすれば良いのかの指針にもなります。 口臭の原因は 舌苔(ぜったい)にあり? タバコは吸わないし歯周病や歯肉炎にもなっていないのに、口臭が気になる…という人は「舌苔(ぜったい)」が溜まっているかもしれません。 鏡で舌を見ると、表面が真っ白になっていませんか? 舌の表面はザラザラと細かいヒダ状になっていて、細菌や食べカスが蓄積していきます。 じつは口臭の原因の8割は、この舌苔によるものだと考えられているのです。 舌の表面に溜まる舌苔は、体調不良、睡眠不足によるストレスや、抗生物質などの薬剤が原因となります。 ちなみに抗生物質は、ある特定の菌に対して効果的に働くのが特徴。 しかし、様々な菌が付着している口内に抗生物質を投与して特定の菌を退治すると、他の菌が繁殖してしまいます。 それにより舌苔が増加し、口臭に繋がってしまうのです。 最近は、舌苔を取り除くための舌ブラシも販売されているので、気になる人は使用してみると良いかもしれません。 しかし、 舌苔を減らすには、根本であるストレスを解消し、きちんと睡眠をとるのが一番の解決策です。 舌ブラシは、うまく併用しながら利用してください。

次の

虫歯になりにくい人2つの特徴!虫歯になりやすい人の3つの原因!

虫歯 に なり にくい 人

普段あまり意識していないのに、虫歯になって歯が痛む段階になると虫歯がない状態のありがたさがわかりますよね。 定期的に歯医者に通ってメンテナンスしておくべきだとはわかっていても、普段のケアで何となく済ませてしまいがちです。 しかし、しっかりケアしていても虫歯になりやすかったり、その逆に歯磨きもそこそこにしているのに虫歯にならない人がいます。 一体、その違いは何でしょうか? 虫歯になりにくい人の2つの特徴 虫歯になりにくい人には大きく 2つの特徴があります。 虫歯になりにくい人は噛み合わせが良い かみ合わせが良いと、歯全体でバランス良く噛めるために、どこかに強い圧力がかかりません。 慢性的に一部の歯だけに強い圧力がかかると、その部分がひび割れることがあり、そこから虫歯になることもあります。 また、噛み合わせが悪いために口が常に開いたような状態になってドライマウスになると、唾液が乾きやすくなります。 唾液の分泌は虫歯のなりやすさなりにくさに大きく影響してきます(後述)ので要注意です。 虫歯になりにくい人は唾液がサラサラ 唾液がねばついておらずサラサラしていると、口内が潤った状態になります。 この状態が理想的です。 下で唾液の効果について詳しく説明します。 では、次項からは虫歯になりやすい人の特徴を、少し詳しく説明していきたいと思います。 スポンサーリンク 虫歯になりやすい人には3つの原因が考えられる 虫歯になりやすい人は以下の 3つの原因が考えられます。 『虫歯菌』が3歳までにうつっている よく言われる『虫歯菌』とは、『 ミュータンス菌』というものです。 虫歯になるメカニズムは• ミュータンス菌が口内に定着する• 口内に入って来た糖分をミュータンス菌が分解して酸を出す• 酸が歯を溶かし、虫歯になる というものです。 このミュータンス菌ですが、実は歯の生え揃っていない時期にはいません。 生後半年以降で歯が生えてきはじめた場合、感染する可能性が出てきます。 しかし、必ずしもミュータンス菌に感染するかというと、そうではありません。 およそ 1歳半~3歳の期間に口内に住み着く細菌の種類が決まりますが、その時期にミュータンス菌が入ってこなければ感染しません。 というのも、口内に定着する細菌の数には限りがあるからです。 細菌の種類が決定した時点で、ミュータンス菌が入ってきても定着しないため、将来的に虫歯になる確率が低くなるということですね。 唾液がしっかり分泌されていない 唾液には強い抗菌作用があります。 この唾液が虫歯の原因であるミュータンス菌を洗い流します。 ですので、食事のときにはしっかりと噛むようにし、唾液の分泌を促してください。 また、ミュータンス菌が糖分を分解してできた酸を中和してくれるのも唾液です。 口内が酸性のままですと、歯が溶かされますので、意識して唾液を分泌するようにしてください。 更に、酸によってわずかに溶かされた歯の最表層のエナメル質を、再石灰化して元に戻す働きをしてくれるのも唾液です。 唾液分泌にはマッサージも効果的 唾液分泌を促すには、食事のとき以外では、マッサージも有効です。 『 頬骨の下の耳寄り』の部分に唾液腺がありますので、口を閉じたままマッサージしてみてください。 噛み合わせのバランスが悪い 歯の噛み合わせが悪いと、前後や左右の歯で均等に噛んでいるつもりでも、圧力のかかる部分が自ずと決まってきます。 その結果、圧力がそこばかりにかかる、もしくは通常よりも強い圧力が一部にかかるために、エナメル質に細かいひび割れが生じます。 そこから虫歯になるケースがありますので、かみ合わせが悪いかもしれないと思ったときは歯医者さんに相談してみましょう。 スポンサーリンク 歯磨きが虫歯のなりやすさに関係しない? 偏った意見は目立つため、こういうことを言う人がいます。 一面は真理をついていますが、必ずしも『歯磨きが虫歯のなりやすさに関係しない』というのは全面的に正解とは言えません。 というのも、上で紹介した通り、虫歯になるメカニズムは決まっています。 ですので、虫歯になりやすいかどうかは、• 虫歯菌に感染しているか• 唾液の性能や量• 歯の石灰化の度合い• 糖の摂取方法・回数・タイミングなどの生活習慣• その他様々な要因で影響を受ける。 (歯の強さのような遺伝の影響など) というような複合的な原因で、虫歯になりやすい人とそうでない人は決まります。 つまり、個人差の部分がとても多いわけです。 ですので、虫歯になりやすい人は歯磨きをしっかりして口内をきれいに整えておくことで、虫歯にならないようにする必要があるわけですね。 寝る前の歯磨きは唾液分泌とも関係する なお、夜に歯磨きをするというのは、虫歯のなりやすさとはまた少し別の話です。 寝ている間は唾液が分泌されにくくなります。 そのため、虫歯になりやすい環境になるため、歯に挟まった食べかすを洗い流しておくということが重要になるわけです。 まとめ 忙しさにかまけて、普段後回しにしてしまいがちな歯のケアをこの機会にされてはいかがでしょうか? 虫歯になってから行ったのでは、何度も通院しなければいけませんので、より面倒なことになります。 自戒を込めて。 時期としては、ご自身や周りの皆さんの症状を見て、春の時期がメインです。 … gotstyled. 常に、お酒を渇望し、それを中心に考えてしまうせいで、健康的な… gotstyled. 私は今、31歳ですので、20代半ばでした。 水虫になった原因は、… gotstyled. そのせいで、『サイレントキラー』など… gotstyled. 何となく気になる方も、どうしても治したい方… gotstyled. 鎖骨はデコルテの部分ですから、肌のことは気にかけても、… gotstyled. もしかしたら、知らず知らずのうちにご自身の体に… gotstyled. 定期的に歯医… gotstyled.

次の