松坂 桃李 山本 美 月 ドラマ。 【見逃し無料動画まとめ】ドラマ『パーフェクトワールド』(主演:松坂桃李×山本美月)

パーフェクトワールド (有賀リエの漫画)

松坂 桃李 山本 美 月 ドラマ

Contents• 松坂桃李主演ドラマ「パーフェクトワールド」とは? 松坂桃李主演のドラマ 「パーフェクトワールド」 どんなストーリーなのでしょうか? 「パーフェクトワールド」は 大学時代の事故で脊髄を損傷し 車椅子生活を送ることになった建築士・鮎川樹が 高校の同級生・川奈つぐみと再会して 心を通わせ合っていくさまを描いたラブストーリーです。 2018年10月には、 岩田剛典と 杉咲花が出演する 実写映画も公開されました。 今回は松坂桃李主演でのドラマ化となります。 松坂さんが演じる樹は スポーツ万能で好青年 高校時代はバスケットボール部のエースとして活躍しましたが 大学3年の時に事故に巻き込まれてしまいます。 脊髄損傷で下半身が不随となった樹は 夢であった建築士になることもあきらめかけていましたが 周りに支えられながら苦難を乗り越えた末 建築士になることができます。 障がいがあってもなくても 年齢や性別を越え すべての人に 「幸せとは何か?」 を問いかける、純粋なラブストーリーです。 脚本は 「隣の家族は青く見える」「ラスト シンデレラ」 などの代表作がある 中谷まゆみ氏です。 キャッチコピーは…💫 いつかこのドラマが ただのありふれた ラブストーリーに なりますように。 ある日、上司の東美千代(とよた真帆)から、設計事務所との打ち合わせの席に使いを頼まれたつぐみ。 するとそこには、高校時代の同級生で、つぐみの初恋の相手・鮎川樹(松坂桃李)の姿が。 樹は設計事務所の社長・渡辺剛(木村祐一)の元で、学生時代からの夢だった建築士として働いていたのだ。 偶然の再会に胸が高鳴るつぐみは、バスケ部のキャプテンとして活躍していた高校時代の樹の話を一同に聞かせる。 さらに、「もうバスケはやってないの?」と何気なく尋ねるが、次の瞬間、樹が車いすに乗る姿を見て絶句。 実は、樹は大学時代に事故で脊髄を損傷し、歩けなくなっていたのだ。 第二話あらすじネタバレ動画 予告動画 「再会した初恋の人は車いすの建築士…変わる運命」 大事なコンペを前に無理を重ねたことで、突然病気を発症し、入院を余儀なくされた樹。 しかし、つぐみのサポートもあり、念願だった仕事を見事勝ち取る。 さらに、そのことがきっかけで2人の距離は急速に縮まるが、そこへ樹の元担当看護士でヘルパーの長沢葵(中村ゆり)が現れ、樹が彼女に絶大な信頼を寄せていることを悟ったつぐみは胸がざわつく。 一方で、つぐみが樹の影響でインテリアデザイナーの勉強を始めたことを知った洋貴(瀬戸康史)もまた、つぐみの中でどんどん大きくなる樹の存在に焦りを覚えていた。 第三話あらすじネタバレ動画 第四話 第五話 第六話 ドラマ「パーフェクトワールド」無料配信動画は? 松坂桃李さん主演の ドラマ「パーフェクトワールド」 無料動画や見逃し配信動画はあるのでしょうか? 「カンテレドーガ」で見ることができます。 カンテレドーガサイト: 《無料配信》 障がいで恋をあきらめていた建築士 車いす生活を送る初恋の相手に恋心が再燃したヒロイン 2人がつむぐ愛の物語. — カンテレドーガ パーフェクトワールド最速先行受付中! ktvsmart 松坂桃李主演ドラマ「パーフェクトワールド」主題歌は? 松坂桃李主演の ドラマ「パーフェクトワールド」 主題歌は誰が歌うのでしょうか。 気づけば10年近くなりますでしょうか? 今では会えば家族のような挨拶をし、離れれば先輩後輩として作品のみで触れ合う。 そんな方のドラマの主題歌を僕が歌う。 しかも米津玄師が作ってくれる。 正直、何から整理すればいいのかわからない状況でした。 ちょっと吐きそうでした。 ただこんな贅沢なことはないと胸躍る自分が間違いなくいました。 「パーフェクトワールド」という作品が、皆さまの心に残るよう、少しでもお力になれればと思っております。 当たり前のことですが、一生懸命歌わせて頂きます。 宜しくお願い致します。 口コミは ・比較的女性向けなので、よくあるありがちなストーリーで進むかと思いましたが、障害者の抱える心情。 健常者の見解、視点を交えるなど、今までに無い漫画になっています。 ・時代を反映していますね 多様性のある社会とは、考えさせられますね ・障害や病気を乗り越えた恋愛を描いたよくある感動モノとは全く違う作品なので、女性のみならず男性が読んでも考えさせられるところが多く、楽しめると思います。 ・この本が作者の最初の単行本だそうですが 絵は上手いですし、ストーリーもすごく引き込まれます。 「パーフェクトワールド」 皆さんの 口コミは好評なものが多かったです。

次の

松坂桃李の姉と妹が怖すぎる!画像あり。

松坂 桃李 山本 美 月 ドラマ

松坂桃李、山本美月 - C 秦淳司 の人気コミック「パーフェクトワールド」が、との共演でドラマ化されることが明らかになった。 松坂と山本は本作が初共演となる。 ドラマはカンテレ・フジテレビ系にて4月より放送スタート(毎週火曜よる9時放送)。 昨年にはとの共演で映画化もされた、累計部数170万部を突破している「パーフェクトワールド」。 話題作への出演が続く松坂がドラマ版で演じるのは、大学時代の事故で脊髄を損傷し、車いすに乗っている主人公の建築士・鮎川樹。 ヒロイン役の山本は、彼と偶然再会した高校の同級生・川奈つぐみを演じる。 さまざまな問題を抱えながらも、2人が心を通わせ合うことで変化が訪れていくというラブストーリーが展開する。 [PR] 連続ドラマで純粋なラブストーリーに挑戦するのは初めてという松坂は「自分の中では新鮮で、『ラブストーリーやるのか~、そわそわするな』と嬉しい面もあれば、表情が崩れるような、正直こそばゆい面もあります。 さらにハンディキャップを背負いながらのラブストーリーなので、リアルさとハンディキャップを抱えた生活ならではの葛藤や共感も丁寧に描ければいいなと思っています」と意気込み。 一方の山本も「恋愛ドラマに参加をすることがあっても、恋愛の部分に大きく関わる経験が少なかったので、とても楽しみです。 また、私はこの漫画を読んで、障がいを抱えている方の気持ちを全然理解できていなかったことに気付かされました」とコメントしている。 原作コミックの書影 - C 有賀リエ/講談社 脚本は、ドラマ「隣の家族は青く見える」などの。 クランクインは今年3月以降を予定しているとのこと。 「サイレーン」は僕のGP帯初主演ドラマだったので、思い出が多く、みんなで苦難を乗り越えた作品で、今でも鮮明に覚えています。 また今まで夫婦のお話はあったのですが、実は、連続ドラマで純粋なラブストーリーに挑戦するのは初めてなので自分の中では新鮮で、「ラブストーリーやるのか~、そわそわするな」と嬉しい面もあれば、表情が崩れるような、正直こそばゆい面もあります。 さらにハンディキャップを背負いながらのラブストーリーなので、リアルさとハンディキャップを抱えた生活ならではの葛藤や共感も丁寧に描ければいいなと思っています。 アニメやゲームが好き……、同じニオイがします(笑)。 勘違いしないでいただきたいのですが、僕はオタクというのは、何かひとつ、極めた者がもらえる称号だと思っていて、山本美月さんはそれを持っている方だと思います。 山本さんには及ばないですが、そこをきっかけに、お好きなものを見聞きし、歩み寄っていきたいです。 女優さんとしては、思い切りがすごくいい印象というか。 監督の意図に沿って全力でやるというイメージがあります。 役に対しての思い切り、忖度(そんたく)でやるということではなく、純粋にそこに対しての気持ちよさを感じます。 あと年上男性からすごくモテそう(笑)。 ハッとさせられるような視聴者の方目線に近いのが、つぐみの目線であって、そこを皮切りに恋愛が始まり、共に困難を乗り越えていくと思うと今から楽しみです。 ただ僕はなるべく平和にことを進めたいタイプなので、困難を乗り越えて進んでいくという部分については妄想をしています(笑)。 恋愛は人生を、より色濃くさせる経験のひとつで、職業ドラマや刑事ドラマでもラブストーリーによって、気持ちが動かされているものが多い。 樹がつぐみと出会い、惹かれていくと同時に諦めていたバスケをもう一度しようと思い始め、心にフタをしていた自分が変わっていく。 主人公の人生観や価値観が恋愛によって変わっていく様は表現していきたいなと思っています。 撮影がはじまらないと分からないことが多く、勝手も違いますし、慎重にやっていかなければならないと思っています。 どの所作が難しいことなのかもわからないくらい自然にされていたので、後からそうだよな、とハッとさせられました。 自然に見せるためには相当練習が必要ですし、とにかく頑張るしかないという気持ちが今は大きいです。 バリアフリーを前提に、物理的な住みやすさだけではなく、心の住みやすさを追求したデザイン、気持ちいい空間をつくるということの大切さを伝えていく作品になればいいなと思っています。 連ドラとしては初めてのラブストーリー、全力で頑張ります! 積み重ねていける、連続ドラマならではの利点を生かし、山本美月さんと力を合わせ、作品に向き合っていきたいと思っています。 人を愛する心をまっすぐに表現している作品だと思いました。 樹の障害を通して、私自身知らなかったことがたくさんあり、とても考えさせられました。 私は少女漫画を普段あまり読まないのですが、久しぶりに読むと恋愛のもどかしさがなんだか新鮮に感じ、恋が愛へと変化する気持ちを見させていただいたような気がします。 今回初めてお会いするので、テレビで拝見した印象で恐縮ですが、とても完璧な人! というイメージがあります。 役者として先輩の松坂さんとご一緒させていただけるのは、とても嬉しいですし、頼もしいです。 このような恋愛ドラマに出ることがあまりないので、松坂さんはじめ、キャストみんなで楽しい現場が作れたら嬉しいです。 色々な形の障がいがあるとは思いますが、それを2人でどう乗り越えるかを一緒に考えながら、時にぶつかり合いながら、共に進めていけたら素敵だと思います。 また、私はこの漫画を読んで、障がいを抱えている方の気持ちを全然理解できていなかったことに気付かされました。 身体障がい者用の車の存在だったり、スポーツ、視線の低さ、ほんの少しの段差が車いすの方にとって、大きなハードルになってしまうことだったり。 きっとまだまだ知らないことはあるとは思いますが、このドラマを見ることで、身体に障がいを抱えている方々の気持ちを理解してもらえたらと思います。 そして、どんな人でも同じように暮らせる世界になったらと思う方が少しでも増えたらと思います。 実際に現場で監督や演者同士でお会いすると、色々と変わることは多いとは思いますが、自分の中のつぐみの樹への恋心を今から少しずつ育てて、ドラマと一緒にたくさん悩みながら成長させていけたらと思います。

次の

松坂桃李、『パーフェクトワールド』スタートの裏で……エステ店での“ルール違反”告発続出? (2019年4月16日)

松坂 桃李 山本 美 月 ドラマ

公式サイト かつて、バブルのころ、トレンディドラマという恋愛ドラマ全盛期がありました。 その後、バブル崩壊後の不景気で、若者が恋愛に興味を失ったり、携帯電話の普及で、すれ違いが起きにくくなって、恋愛ドラマ不遇の時代がやってきたわけですが…。 そんな中で、障害を持った人とのピュアな恋愛ドラマが注目を浴びたことがありました。 たとえば、木村拓哉が美容師、常盤貴子が車いすの図書館司書を演じで大ヒットした『ビューティフルライフ』(TBS:2000年)とか。 オリンピックと並んで、パラリンピックが話題になる現代において、車いすの主人公の本格的な恋愛ドラマがどう描かれ、どう受け入れられていくのか、とても気になるところです。 女性キャスト的には、川奈つぐみの妹役の岡崎紗絵、樹の大学時代の元カノ役の水沢エレナも注目かと。 長野県松本市出身。 大学時代に事故に遭い、脊髄を損傷、以後、車いす生活に。 以後、高校時代大好きだったバスケットボールも恋愛もしないと心に決める。 長野県松本市出身。 高校時代は美術部。 鮎川樹にずっと片思いをしていた。 ある日、12年ぶりに鮎川樹と偶然再会。 樹が車いす生活を送っていることにショックを受けるが…。 現在は訪問介護ヘルパーになり、週に数回、樹の部屋も訪れている。 結婚しているが、現在、離婚調停中。 樹とつぐみの同級生でつぐみとは幼馴染。 実はずっとつぐみを好きだったが、樹がいたため、告白できずじまいだった。 やっと仕事も軌道に乗ってきて、男として自信もついてきたが…。 是枝の仕事を手伝っていたり、是枝の姉への思いを応援してたりしているが…。 高校時代に樹と付き合い始め、結婚も視野に入れていたが、樹が事故に遭ったため、結局、別れを選択した。 現在、結婚を控えているが、同窓会で樹と再会して…。 渡辺設計事務所の社員でムードメーカー。 樹とは10年来の友人。 バリアフリー建築を研究推進してきた。 看護師の長沢から樹を紹介され、以後、樹のよき理解者、相談相手となる。 夫を病気で亡くして以後、樹を長野に呼び寄せて一緒に暮らしたいと考えているが…。 長野県松本市在住。 市役所の福祉課で勤務。 お年寄りや障害者が暮らしやすい街づくりを率先して推進してきた。 つぐみとしおりに母。 専業主婦。 インテリアデザイン会社クランベリーズの代表。 「BOOMERS」リポーターを2019年3月卒業。 LK」のメンバー。 北川昌弘(きたがわ・まさひろ) 1957年、北海道生まれ。 成蹊大学卒業。 執筆活動やメディアへ出演する一方、各地の芸能イベントでの取材活動を行い、アイドルランキング『T. ランキング』の資料収集に従事。 1991年〜1992年オーディション番組『ゴールド・ラッシュ! 』 フジ の審査員。 1996年〜『ザテレビジョン』ドラマアカデミー賞審査員。

次の