海外 の 地震。 震度は海外にもある?外国の地震がマグニチュードで報道されるのはなぜ?

最近の主な海外の地震のまとめ

海外 の 地震

発生年月日 地震名・発生地 マグニチュード 死者・不明者 2018. 30 米アラスカ州南部 7 0人 2018. 25 イラン西部ケルマンシャー州 6. 3 411人負傷 2018. 06 ハイチ地震(カリブ海の島国) 5. 9 11人 2018. 28 インドネシアのスラウェシ島 7. 4 2010人 2018. 07 南太平洋のフィジー諸島 8. 1 0人 2018. 26 イラン西部ケルマンシャー州 7. 3 2人 2018. 18 南太平洋のフィジー諸島 8. 2 0人 2018. 05 インドネシア南東部のロンボク島 6. 9 387人 2018. 29 インドネシア南東部のロンボク島 6. 4 17人 2018. 06 台湾東部地震(花蓮) 6 17人以上死亡 2017. 12 イラク北東部 7. 3 620人死亡 2017. 07 メキシコ南部沖 8. 1 28人 2017. 22 パプアニューギニア付近 7. 9 0人 2016. 25 チリ南部付近 7. 6 0人 2016. 13 ニュージーランド南島付近 7. 8 2人 2016. 12 韓国南部の慶州 キョンジュ 5. 8 0人 スポンサードリンク 2016. 08 スマトラ島中部パダンの南西 7. 8 0人 2015. 25 ネパール中部 7. 8 876人 2014. 03 ニューギニア 7. 2 0人 2013. 15 フィリピン中部のボホール島 7. 1 177人 2013. 24 パキスタン南西部バルチスタン州 7. 7 330人 2013. 22 中国内陸部・甘粛省定西市 6. 6 死者89人超、負傷者593人 2013. 20 中国四川省雅安(があん)市蘆山(ろざん)県 7 死者160人超、負傷者6700人 2013. 16 イラン南東部 7. 8 死傷者180人超 2013. 06 インドネシア東部 7 0人 2013. 27 台湾中部の南投県 6. 1 約20人(死傷者) 2013. 06 南太平洋ソロモン諸島沖地震 8 9人 2013. 04 米アラスカ州沖地震 7. 5 0人 2012. 10 インドネシア沖・タニンバル諸島地震 7. 1 0人 2012. 11 ミャンマー中部地震 6. 8 13人 2012. 07 中米グアテマラ沖地震 7. 4 48人 2012. 28 カナダ西部沖地震 7. 7 0人 2012. 31 フィリピン東方沖地震 7. 6 1人 2012. 12 イラン北西部地震 6. 4 180人 2012. 24 中国内陸部地震 5. 7 2人 2012. 20 イタリア北部地震 6 7人 2012. 11 メキシコ太平洋沖地震 7 0人 2012. 11 スマトラ島西方沖地震 8. 6 5人 2012. 06 フィリピン中部ネグロス島東沖合地震 6. 9 46人 2011. 23 トルコ東部地震 7. 2 1000人規模.

次の

海外には「震度」というものはないのですか?マグニチュードだけで...

海外 の 地震

海外の名無しさんを翻訳しました 日本で地震が起こるのを楽しみにしている国ランキング: 1. 韓国 2. 中国 3. アメリカ 4. 北朝鮮 5. ロシア 以下、外国人の反応まとめ 海外の反応 海外の名無しさんを翻訳しました w ロシアってまだ1905年の戦争のことでご機嫌斜めなの? もうそろそろ立ち直れよ 海外の名無しさんを翻訳しました 歴史から学べることがあるとすればそれは 戦争は日本を殺さずに、より強くしたってことだ XP を得た レベルが上がった 海外の名無しさんを翻訳しました 韓国のTSUNAMIビル 海外の名無しさんを翻訳しました 海外の名無しさんを翻訳しました ロシアは日本のこと嫌いじゃないよ 北方領土のことで機嫌損ねてるのは日本の方でしょ 海外の名無しさんを翻訳しました??? 海外の名無しさんを翻訳しました 1. 韓国 2. 中国 3. 北朝鮮 4. オランダ 5. sato. 79656》 クラウドソーシング お仕事募集中!! ・麻生太郎財務大臣の「難民射殺」「ヒトラーは正しかった」発言を擁護するコメント、一件あたり 30円 ・安倍総理の積極的外交!超人的スケジュールに体を心配する、一件あたり 30円 おいらは10年 北米に住んでたから分かるけど、アメリカで 日本の不幸を喜ぶような奴ってのは、アニマルプラネットの『Whale Wars』って TV番組の出演者と それを見て感化されたバカな視聴者どもだけっ! 今更、戦時中の話なんかを持ち出す奴なんて 皆無に等しい。

次の

最近の主な海外の地震のまとめ

海外 の 地震

マグニチュード5. 5以上の地震の頻度(1980年から2000年にかけての20年間の年平均回数)を見ると、日本は年1. 14回であり、中国の2. 1回、インドネシアの1. 62回、イランの1. 43回に次ぐ、世界第4位の地震大国となっている。 その他の国を頻度の高い順に並べると、アフガニスタン、トルコ、メキシコ、インド、パキスタン、ペルー、ギリシャ、フィリピン、イタリア、コロンビア、米国、エクアドル、アルジェリア、コスタリカ、パプアニューギニア、ロシア、チリ、グアテマラ、バングラデシュ、グルジア、ボリビア、オーストラリア、南アフリカ、ベネズエラ、ニカラグア、ウガンダ、アゼルバイジャン、ルーマニア、アルバニア、イエメン、ネパール、エルサルバドル、エジプト、キルギス、カザフスタン、ウズベキスタン、ベルギー、アルメニア、パナマ、マラウイ、ブラジル、キプロス、タンザニア、アルゼンチン、ニュージーランド、ドイツとなる。 中国の地震頻度が世界一であるといっても国土面積も広大なので特定地域における被災確率はそれほどではないと考えられる。 逆に小国で頻度が高ければ被災確率は高まる。 そこで国土面積当たりの地震頻度を算出しグラフ化した。 具体的にはそれぞれの国が日本と同じ国土面積であるとしたら年平均地震回数は何回になるかを指標化した。 国土面積当たりの地震頻度(もし各国が日本と同じ面積だったら起こっているであろう毎年平均の地震回数)では、コスタリカが2. 44回と世界一であり、キプロス、アルメニア、エルサルバドル、ギリシャが続き、日本はこれに次ぐ世界第6位となっている。 さらに、地震頻度が同じでも人口密集地にどれだけ大規模な地震が起こったか、また地震災害に対する脆弱性の違い(家屋構造、防災体制等)によって被災死亡者数は異なってくる。 図には、過去20年間の年平均の地震災害の被災死亡者数を掲げた。 これを見るとイランが2,251人で最多、これにアルメニアの1,191人、トルコの950人が続いており、日本は281人で世界第7位となっている。 このように、指標のとりかたによって順位は異なるが、日本は世界第4〜7位の地震大国である。 (2004年12月11日収録、2014年7月8日地震の震源分布世界地図を併載).

次の