事業 用 不動産 投資 エード ライフ。 エード・ライフの不動産投資「エード・ファンドMyシェア」、3号の出資募集を開始

不動産投資商品「エード・ファンドMyシェア」1号完売のお知らせ

事業 用 不動産 投資 エード ライフ

株式会社エード・ライフ 本社:大阪府堺市西区、代表取締役:坂口 弥之、以下 当社 は、当社第1号商品として運用する、不動産特定共同事業許可 大阪府知事第11号 による不動産投資商品『エード・ファンドMyシェア』1号において出資総額2億円 1口100万円、募集口数160口、優先出資募集総額1億6千万円 に達したことをお知らせいたします。 この第1号商品は、当初の計画期間より早期に募集が達する結果となり、新しい小口型の不動産投資商品のニーズを実感し、引続き安定した賃貸収益が確保できる事業用不動産にて、2号、3号と続く商品を組成し、人生100年時代の資産形成のサポートを実施してまいります。 第1号商品の対象不動産は、当社が大阪府堺市堺区に立地する事業用の土地を取得しており、テナント先である大手コンビニエンスストアとの間で事業用定期借地契約を締結し、テナントより毎月定まった賃料を受領いたします。 その賃貸収益を出資額 1口100万円~100万円単位 に応じて、想定利回り年5% 税引き前 を年4回 3ヶ月毎 分配する仕組みとなっています。 出資者との契約期間は、令和4年8月31日までとなっております。 以降も3年毎に契約可 今後も当社は、関西エリアの事業用不動産を中心に取得し、安定した賃貸収益が確保できる対象不動産を出資者 事業参加者 とともに、シェアリング型の不動産運用を目指してまいります。 いえらぶニュースは不動産・住宅関連の最新情報を毎日お伝えするニュースサイトです。 いえらぶニュースは不動産・住宅に関する企業や団体などのプレスリリース(報道機関向けに発表される資料)を原文のまま掲載するサイトです。 住まいや暮らしに関する最新情報から不動産業界を取り巻く社会・経済動向を可視化することで、住宅産業のトレンドを捉えていきます。 住まい探しをしているユーザーだけでなく不動産管理会社や仲介会社、オーナー、デベロッパー、不動産ファンド、不動産投資顧問、ゼネコン、建築会社など不動産に関わる全ての方にご欄いただける内容になっています。

次の

不動産投資商品「エード・ファンドMyシェア」1号完売のお知らせ(2019年12月24日)|BIGLOBEニュース

事業 用 不動産 投資 エード ライフ

事業用不動産 オフィスについては今後空室率の上昇などが顕在化してくると予想されます。 テレワークの推進が進み、長期的にはオフィスの面積の見直しなども起きます。 中小企業が入居する比較的小ぶりなオフィス、特にIT系などのベンチャー企業では、大企業以上にテレワーク推進の傾向が高まるものと考えられます。 大企業が入居するビルも、追随していくことになるでしょう。 不動産の賃貸を行っている会社の株価やREIT(不動産投資信託)はコロナウイルスの影響が出始めて以降値下がりし、やや戻しはしたものの他の業種に比べると回復幅が小さくなっています。 店舗などの不動産も、営業自粛などによって売り上げが減少し、廃業するところなども出ています。 コロナウイルスのリスクが収束するまでには、まだ相当な時間が必要であろうと予想され、賃料の下落や空室の増加につながる可能性が高いと考えられます。 政府は、第2次補正予算で家賃助成の制度(家賃支援給付金)も準備しています。 制度活用による効果が出ることを期待したいところですが、実行までには時間がかかることも予想され、今後の不動産市況への影響は不可避でしょう。 大型の物流倉庫については、これまでもネット通販の需要増を背景に追い風の状況が続いていましたが、にコロナショックによってさらに需要が伸びると考えられます。 物流系のREITはオフィス系の銘柄に比べ大きく回復しており、今後も安定した運用が望めます。 投資用不動産(住宅系) 住宅の投資用不動産(マンション・アパート)については、家賃への影響が気になるところです。 バブル崩壊やリーマンショックなどの際に、オフィスの賃料は大幅に下落するケースがありましたが、住宅の場合には急激な家賃下落などは起きていません。 影響が長引いた場合には多少影響が出る可能性がありますが、そう大きな影響は出ないだろうと想定されます。 当分の間低金利が継続することになるだろうとも予測され、投資用不動産の価格が、コロナウイルスの影響により大きく下落することはないと思われます。 ただし、投資用不動産については他のコラムでも書いたとおり、人口減少の影響など、コロナウイルスとは異なる要因での市況変化の可能性はあるので注意が必要です。

次の

【とりあえず登録してみます】新規事業者「エード・ライフ」に関するまとめ

事業 用 不動産 投資 エード ライフ

不動産小口投資・不動産小口化商品とは 不動産小口投資・不動産小口化商品とは 不動産小口投資・不動産小口化商品とは、ひとつの物件を、複数の投資家が共有持分権(所有権)で保有する形で運用される不動産投資の方法です。 現在は「不動産特定共同事業法」の法整備が整い、不動産の小口化商品として拡大しつつあります。 「少額で不動産投資を」という点においては似ている「REIT」とは異なり、不動産小口投資は物件を直接所有できるのが特徴です。 所有権を購入する形になり、その権利を売買することができます。 不動産小口投資・不動産小口化商品がおすすめなケース 不動産投資に興味があるものの、不動産投資を行う資金も取り組むための時間もないという方も、多いのかもしれません。 そんな方におすすめできる「不動産投資」が、「不動産小口投資」です。 ・一口あたり数万円〜数百万円程度から購入可能 ・一等地の収益性が高い物件や高額の不動産物件に対して、少ない資金で投資可能 ・複数の物件に不動産小口投資がしやすいため、リスクの分散もしやすい このように、不動産小口化商品は、多額の資金を用意できない、通常の不動産投資に取り組む時間がない人でも、不動産投資を行うことができます。 不動産小口投資・不動産小口化商品のメリット・デメリット 不動産小口投資・不動産小口化商品のメリット 不動産小口投資・不動産小口化商品のメリットは次の5点です。 不動産小口投資・不動産小口化商品のデメリット 一方、不動産小口投資・不動産小口化商品のデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。 以下5つ挙げます。 不動産小口投資・不動産小口化商品にどう向き合うべきか このように不動産小口投資・不動産小口化商品には、沢山のメリットもありますが、同じようにデメリットもあります。 実際に投資をする際には、慎重に商品内容と取扱業者を吟味して、情報収集をしっかりして取り組んでいくことをおすすめします。 さて、ここからは、おすすめの不動産小口投資商品、について紹介していきます。 不動産小口投資【エード・ファンドMyシェア3号】について 不動産小口投資【エード・ファンドMyシェア】について 不動産小口投資の特徴について具体的に紹介していきます。 管理の手間は一切必要なし。 出資に対して分配金を受け取るのみ。 1口100万円から投資可能。 長期にわたり安定した分配収入の期待ができる。 地域密着型で事業用不動産業を展開中。 出資者と株式会社エード・ライフとの関係は匿名組合契約となる。 一方株式会社エード・ライフも30口の出資(劣後出資)実行。 これにより、仮に対象不動産の価格や賃料が下落した際は、下落部分は先に株式会社エード・ライフが負うため、出資者は株式会社エード・ライフより優先して分配や出資金の返還を受取ることが可能。 不動産小口投資の詳細は以下のウェブサイトから確認することができます。 出資後の運用イメージ 出資後の運用イメージは以下の通りです。 ・年利5. 物件概要 ・運営店舗名 ローソン羽曳野(はびきの)店 ・所在地(地番) 堺大阪府羽曳野市はびきの2丁目7番34号 ・敷地面積 266. 17㎡(公簿) ・交通 近鉄バス「府立医療センター」停留所すぐ の対象不動産は土地および建物を所有し、その敷地にコンビニエンスストア(株式会社ローソン)との事業用定期借地契約、その他店舗(現在コインランドリー店にて稼働)により、賃料を毎月頂きます。 の対象不動産は大阪南東部・羽曳野市に位置し、大阪都心部のベッドタウンとして、また大阪府立医療センター、大阪府立大学(羽曳野キャンパス)をはじめ、大学・医療施設のアクセスとなる地域の幹線道路にコンビニエンスストアを中核としたロードサイド型商業施設の事業用不動産です。 この対象不動産のほぼ正面に府立医療センターの停留所(近鉄バス)があり、周辺の居住者はもちろん、医療施設に通われる方々、学生にもよく利用されております。 また当停留所から、大阪都心部へつながる最寄駅(近鉄藤井寺駅、近鉄古市駅)への バスの便数も、一時間に16〜20本(平日)運行されており、通勤のアクセスにも恵まれています。 募集要領 出資総額(物件総額) 1億9,400万円 対象不動産の総額です(不動産鑑定評価額:195,279,000円)。 ・募集総額(優先出資) 1億6,400万円 ・募集口数 164口 ・出資金 1口100万円から ・予定分配率(年) 5. 1%(税引前) ・分配回数 年4回(3ヶ月毎) ・契約満了日 令和5年3月31日 不動産小口投資の詳細は以下のウェブサイトから確認することができます。 【不動産小口投資エード・ファンドMyシェア3号】の口コミ 100万円の投資で、3年間の運用で年5. 1%の分配は、銀行の定期預金よりはるかに高く、管理などの手間は必要ないので、大変興味を持ちましたが、元本が保証でない事とリスク面が気になり、すぐに投資には至らなかったです。 担当者より直接、リスクはもちろん、元本保全の説明、物件評価額の根拠などの説明をいただき、概ね不動産投資のメリット・デメリットが理解できるようになりました。 今は、3ヶ月1回の分配が楽しみにしております。 (Y・Iさん 40代女性) 不動産特定共同事業に基づく・・・という商品は他社でも知っており、利回りも魅力でしたが、対象の不動産が地方にあるので、実態がわかりにくいので投資は断念してました。 今回エード・ライフさんの紹介されている対象の不動産は大阪の堺であり、運営会社も堺が本社なので物件も会社も確認することができたので、なにか安心して投資に決断することができました。 (R・Hさん 40代男性) 世間を騒がせた老後2000万円問題で、自分の資産について真剣に考えるようになりました。 ネットで見つけたこちらの商品は投資初心者に優しく、よくあるマンション投資とは異なり、事業者が利用している土地ということで手堅く運用できると思い出資を決めました。 自分の老後は自分で作るため勇気をもって運用したいと思います。 (N・Hさん 30代) 不動産小口投資の詳細は以下のウェブサイトから確認することができます。 【実践編】不動産投資初心者が危険な目に陥らないために 年金2000万円問題や、増税、コロナ禍など様々な要因から、副業が推奨されている昨今。 今後その副業推奨の流れが止まることはなく、むしろ加速する一方でしょう。 勤めている会社や組織に依存しすぎず、自分の足で立つ基盤作りが、誰にとっても望まれている世の中。 そんな中で有力な資産構築に向けた副業の選択肢の一つが「不動産投資」です。 不動産投資で危険な目に陥らないために。 様々な情報を収集し、よく学ぶよう、自ら動き行動していくことが重要です。 ですので、様々な不動産会社と営業マンと会い、様々な投資手法や物件情報を収集して比較して検討を進め、最適な物件を選ぶように行動していってみてください。 ここからは、本格的に不動産投資に取り組もうと考える際に、参考となる情報を紹介していきます。 一度目を通してみるだけでも、視野が拡がり、大きな失敗の可能性が減る。 その価値があると、確信しています。 ではまずは、法人作りの話から。 法人設立を考えたら 本格的に不動産投資をするなら、法人設立は避けて通れません。 その法人設立を不動産投資より先にしようと考えるならば、 まずは、法人つくりの調査や手続きを知ることが必要です。 法人作りは時間と手間とお金がかかります。 自分でやるのはとっても大変ですが、非常に勉強になるので、一度やってみるのもおすすめです。 法人設立して不動産投資に取り組むメリットや注意点はこちらの記事に詳しくまとめていますので、チェックしてみてください。 不動産投資の情報収集を始めてみましょう それではさっそく、 不動産投資の情報収集を始めてみましょう。 法人設立と並行してとなると大変ですが、個人で始めることになるにせよ、いずれにしても不動産投資については情報取集のアクションを開始しておきましょう。 どんなタイプの投資用物件を買うと、どういう税金や経費がかかり、収益がどのように残るのか。 いろんな投資用物件タイプについて具体的に理解できるようになると、それぞれの投資用物件の特質を比較検討できるようになり、不動産投資についてより詳しく理解できるようになります。 「不動産投資用物件タイプ」や「投資用不動産会社」についての具体的な詳細は、この以下の記事から見ていくことができます。 マンション不動産投資 不動産投資の代表選手が です。 には、 があります。 中古、新築、それぞれにメリット・デメリットがあります。 その詳細は以下の記事をチェックしてみてください。 築古戸建投資 築古戸建投資を行う場合は、SUUMOやアットホームといった一般的な検索サイト、楽待や健美家といった不動産投資ポータルサイト、そして地域の不動産会社などとコンタクトをとり、丹念に物件を探す行動が必要です。 そうして掘り出し物を見つけることに努力を注ぎ、個別性の高い、様々なリスクの隠れている物件情報を見極める「目利き力」を磨き上げていきましょう。 築古戸建不動産投資に取り組むなら、こちらの を参考にしてみてください。 新築戸建投資 次いで新築戸建です。 新築戸建投資物件を専門で取り扱っている会社はそんなに多くはありません。 安く建築できるハウスメーカーを探し、問い合わせしてみる必要があるでしょう。 専門で投資用新築戸建を取り扱う会社にはがあります。 新築戸建投資を検討しているなら、問い合わせをしてみる価値があります。 アパート投資、土地活用 アパート投資を取り扱う会社はたくさんあります。 まずは気になる会社の資料請求から情報収集を始めてみると良いでしょう。 では、最大で12社の資料を一括で請求することができます。 詳細はの記事から確認が可能です。 また、土地を持っている、土地の購入からアパート建設を考えたいのであれば、を取り扱う会社への一括資料請求から始めてみるのがおすすめです。 また、こちらの記事では、サラリーマン投資家がアパート投資に取り組む際の注意点を紹介しています。 マンション、アパート、戸建以外の不動産投資 不動産投資にはワンルームマンション、アパート、戸建投資以外にも、金額は大きくなりますが、 や、 などがあります。 また逆に小さな金額では があります。 その詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

次の