ぼそっと プロジェクト。 技術協力プロジェクト

虎ノ門・麻布台プロジェクト|主要プロジェクト|森ビル株式会社

ぼそっと プロジェクト

文・ぼそっと池井多 これまでテレビで放送された 「ひ老会」の様子を ご紹介します。 まずは2018年8月22日、 NHK Eテレ「 ハートネットTV」で 「ひ老会」が紹介されたときのもの。 2018年9月27日、 BS11「 インサイドOUT」で 「ひ老会」が紹介されたときのもの。 2019年1月7日、 TBS(地上波)「 Nスタ」で 「ひ老会」が紹介されたときのもの。 2019年3月29日、NHK「ニュースウォッチ9」で紹介されたときのもの。 jp (「@」を半角に変えてください) までお願いいたします。 メールには、 (1)呼ばれたいお名前(本名でなくてもかまいません) (2)お立場 例 ひきこもり当事者30年、ひきこもりの親20年 行政支援者3年 など (3)いま困っていること 例 親が死んだらどう生きていけばいいか悩んでいる 支援者なのだが、こういう事例で悩んでいる など をお書きください。 場の安全を守るために、参加が確定した方にのみ正確な開催場所をお知らせしております。 約2ヶ月に1回の不定期開催。 なお、次回は ( 未定 決定次第こちらにも表示されます) です。 この「ひきこもり当事者の立場から」という部分が大切である。 なぜならば、親の立場やメディアの立場など、 当事者以外の立場からは、 すでにさかんに8050問題が語られていて、 それらに私のようなひきこもり当事者が違和感を抱いたために、 「 ひ老会」が始まったからである。 「 ひきこもりと 老いを考える 会」から来ている。 初めのころは、 参加資格は子の立場、ひきこもり当事者に限らせていただいてきた。 しかし、ひきこもりの親御さん、支援者、専門家、 メディアの方の中にも、 「ひきこもり当事者の立場から」8050問題を語る、 ということに強く同意してくださる方々はいるので、 最近はそういう方々のためにもご参加いただけるようにしている。 第1部のシェア・ミーティングにおいては、 専門家だろうが 支援者だろうが 取材者だろうが、 誰もがひきこもり当事者と同じ土俵に立って 「シェア」としてご自分のことを語っていただく。 ひきこもり当事者を、ただ外から傍観したり、 どこか高みから見下ろすだけのような取材者は 固くお断りをしているし、 「見学だけの人」は認めていない。 みな、「 当事者」になっていただくのである。 なぜならば、 人は生きていればみんな何らかの問題を抱えているはずであり、 親子や老化といった問題は ひきこもりであるなしにかかわらず人に到来し、 誰もが「 人生の当事者」であるはずだからである。 「上の立場にいる専門家から、 何かを指示されるわけでも、教示されるわけでもないのに、 そんなところに参加して、いったい何の役に立つものか」 と思われる方もいらっしゃるだろう。 ごもっともな疑問だと思う。 しかし、自分と似た問題を持つ他の当事者が、 人として同じ地平から発する声は、 参考やヒントになることがみっちり詰まっており、 耳をすませば、宝の山なのである。 そこから役に立つ情報や知恵を自ら「拾う」ということで 「拾う会」であるとも言える。 (たどりつく人はみな疲れているので、 「疲労会」だという説もある。 ) けれども、つまるところ 「ひ老会」で聞けるもっとも価値ある声は、 「自分の声」なのではないか、と私は思う。 似たような問題を抱えた他者たちの前で、 あらためて自分の問題を語ると、思わず 「自分は、こんなことを考えていたのか」 と気づかされることが多い。 目の前に共感的な聞き手を獲得するまでは、 けっして言葉になって出てくることのなかった 自分自身の声に目を覚まさせられるのである。 専門家や支援者など、他の人から何か言われるのではなく、 苦しみや悲しみや困っていることを たどたどしくてもいいから、言葉にして聞いてもらうことから 自分自身が何か解決のヒントを得る。 答えは自分の中に在るのである。 それが得られていくときの深い充実感は、 やはり体験しないとわからないだろう。 関連記事 「ひきこもり親子 公開対論」へのご案内 Vosot.

次の

ぼそっと池井多さんの活動まとめ 1本のキュウリから「世界のひきこもり」まで

ぼそっと プロジェクト

ぼそっとさん、こんにちは。 じっくり時間をかけて、 「 いまこそ語ろう、それぞれの引きこもり」(右図)を 拝読しました。 ひきこもりに対しての見方しかしていなかった自分を恥じています。 当事者が引きこもった背景には様々な理由があること、引きこもり支援が必ずしも当事者のためになっていないことなど、学ぶことが多くありました。 ぼそっとさんが 齊藤学(さいとう・さとる)の悪行についての執筆、奴の悪行が一般の人にも理解できるように書かれていました。 これを読んだ人はほぼ全員、麻布村には行かないだろうと思っています。 齊藤学は治療を求めてきた患者を悪化させていると思います。 ぼそっとさんの引きこもりの例はとてもわかりやすいですね。 他にも依存症患者が麻布村に繋がった場合、 患者の依存症が治っても、奴は家族関係や患者のパーソナリティに問題があるなどと言い、齊藤学の元で治療を受け続けるように患者を誘導して「信者」にしていきます。 ほんらい医者は病気を治すことが仕事のはずです。 齊藤学は病気を治すどころか、患者に新たな病名をつけて患者のままでいさせています。 これは精神科治療とは言えない、邪道だと私は思います。 ぼそっと池井多: 医療カルトをぶっ壊す!さま コメントをどうもありがとうございます。 拙著(といっても共著ですが)をご購入いただき、また全篇をていねいにお読みいただいたようで、まことに感謝いたします。 お読みくださったように、その本は16人のひきこもりが、それぞれにとって大事なひきこもり関連のテーマを書いたものです。 私はいくつも書きたいテーマが他にありましたが、今もっとも社会に対して訴えたい、優先順位第一位の問題を選びました。 すなわち、 齊藤學(さいとう・さとる)の 悪行です。 精神医療の隠れ蓑をかぶっているため、社会からはわかりにくいですし、また齊藤學にとしての権威があるため、メディアも怖がって、みんな手を出したがりません。 そこで私は、まず 「ここに被害がある」 ということを全国の皆さんに知っていただくため、これを書くテーマにえらびました。 私をJUSTから追い出したあと、2018年の麻布村のサマーキャンプのテーマは、 「ここに回復がある」 だったそうですね。 あれは嘘です。 「ここに被害がある」 が正解です。 私が書いたテーマは、「ひきこもり」とは少しズレているという印象を抱く読者も出てくるかもしれません。 しかし、私にとっては齊藤學(さいとう・さとる)の精神療法は、私のひきこもりをいっそう悪いものへ追いやった原因でもあり、やはりひきこもりというテーマと麻布村問題は密接にからんでいます。 とはいっても、お読みいただいて、たぶんお気づきだと思いますが、麻布村の「すべての」問題をそこに書き尽くしたわけではありません。 麻布村の問題はじつに多岐にわたっており、それらをすべて書き尽くすには、あの文字数では不可能です。 分厚い本一冊以上になることでしょう。 今後とも機会を見つけては、 齊藤學(さいとう・さとる)の所業を社会に発信し、広く公論に決していただこうと思います。 齊藤學から医療被害を受けた方は、全国にたくさんいらっしゃると思います。 でも、みんな齊藤學がであるために、社会的権威に押されて声が挙げられないのでしょう。 また、いざ声を挙げようとすると、治療転移した患者仲間からの迫害やイジメもあり、それで声を挙げられなくなっている部分もあるでしょう。 しかし、私たちが声を挙げることで、そういう方々も安心して声を挙げられるようになることを願ってやみません。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 ・・・「治療者と患者(336)」へつづく 関連記事 Vosot.

次の

「ひ老会」とは何か。ー ひきこもり当事者の立場からひきこもり高齢化・8050問題を考える ー

ぼそっと プロジェクト

コンセプト・開発経緯 緑に包まれ、人と人をつなぐ「広場」のような街 - Modern Urban Village — 「Modern Urban Village」をコンセプトとして誕生する「虎ノ門・麻布台プロジェクト」は、国際都市の洗練さと、小さな村のような親密さを兼ね備えた、世界に類のない、全く新しい街です。 テクノロジーが進歩し、働き方、暮らし方、そして生き方までもが大きく変わろうとしている今、「都市とはどうあるべきなのか?」「都市の本質とは何なのか?」という問いから、プロジェクトがスタートしました。 森ビルはこれまでも「都市の本質は、そこに生きる人にある」と考えてきましたが、改めて人を中心に発想し、人々が人間らしく生きるための環境として、都市のあり方をもう一度ゼロから考え直しました。 コンセプトムービー|都市に生きる 約8. 4haに上ります。 また、本プロジェクトは、当社がこれまでのヒルズで培ったすべてを注ぎ込んだ「ヒルズの未来形」でもあります。 1989年に街づくり協議会を設立し、約300人の地元の皆様と、約30年もの時間をかけて推進してきましたが、2017年には国家戦略特区法に基づき都市計画決定され、2019年8月5日に着工を迎えました。 竣工は2023年3月末を予定しています。 立体図 「Green&Wellness」という新しい豊かさ 「Modern Urban Village」を支える2つの柱は「Green」と「Wellness」です。 圧倒的な緑に囲まれ、自然と調和した環境の中で、多様な人々が集い、人間らしく生きられる新たなコミュニティを形成します。 建築計画も、まずタワーやビルを配置して足元の残った空間を広場や緑地にするという従来型の建物中心のアプローチではなく、まず人の流れや人が集まる場所を考え、街の中心に広場を配置し、緑あふれるランドスケープを設計したうえで、3棟の超高層タワーを融合させるという、従来の手法とは全く逆のアプローチをとりました。 高低差のある地形を生かして、低層部の屋上を含む敷地全体を緑化し、約2. 4haの緑地を生み出すと共に、シームレスに水と緑がつながるランドスケープを整備して、多様な樹木や草花、水辺を配した、自然に溢れる憩いの場を創出します。 また、これからの都市は、人々が健康に、社会の中で生き生きと暮らすことができる「ウェルネス」に応えるものでなくてはなりません。 「虎ノ門・麻布台プロジェクト」では、医療施設を核として、スパやフィットネスクラブ、フードマーケット、レストラン、広場、菜園など、様々な施設をメンバーシッププログラムで繋ぎ、この街で住み、働くことの全てが「ウェルネス」に繋がる仕組みを構築します。 世界最大規模の登録面積となる「WELL認証」や「LEED-ND認証」の取得も目指しています。 オフィス、住宅、ホテルなどの施設ありきで都市を設計するのではなく、施設の垣根を取り払って、人の営みから都市づくりにアプローチしました。 この街では、「暮らす」「働く」「集う」「憩う」「学ぶ」「楽しむ」「遊ぶ」など、人々の様々な営みがシームレスにつながり、人と自然とが調和し、人と人がつながり、刺激しあいながら創造的に生きられる新しい都市生活を実現します。 様々な施設が共に連携し、人々に新たなライフスタイルを提案することで、緑豊かな街全体が学びの場となり、仕事場となり、我が家となり、遊び場にもなります。 建築家・デザイナー 超一流の才能が集結し、世界に類のない、全く新しい都市を創出 唯一無二の「Modern Urban Village」を誕生させるべく、世界の超一流のトップクリエーターたちが東京に集結し、森ビルが扇の要の役を果たしながら、プロジェクトの全体像を取りまとめました。 低層部のデザインはロンドンオリンピックの聖火台を手掛けたトーマス・ヘザウィック氏(英国)。 3棟の超高層タワーは建築家シーザー・ペリ氏で知られるPCPA(米国)。 日本からは藤本壮介氏が商業エリアのデザイナーとして参加しました。 その他にも、世界中から多彩な才能が参加し、「虎ノ門・麻布台プロジェクト」が目指す、様々な人々、様々な才能が出会い、触発しあう場を体現しています。 主な建築家、クリエーター、デザイナー• トーマス・ヘザウィック氏(Heatherwick Studio:英国)• 故シーザー・ペリ氏(PCPA:米国)• フレッド・W・クラーク氏(PCPA:米国)• 藤本壮介氏(藤本壮介建築設計事務所:日本)• グレン・プッシェルバーグ氏、ジョージ・ヤブ氏(Yabu Pushelberg:カナダ)• マルコ・コスタンツィ氏(Marco Costanzi Architect:イタリア)• スー・K・チャン氏(SCDA:シンガポール)• 1989年3月:「我善坊地区街づくり協議会」設立• 1989年5月:「八幡町地区街づくり協議会」設立• 1989年12月:「仙石山地区街づくり協議会」設立• 1993年2月:「虎ノ門・麻布台地区市街地再開発準備組合」設立• 2014年7月:「虎ノ門・麻布台地区市街地再開発準備組合」区域拡大• 2014年10月:東京圏国家戦略特別区域会議(第1回)• 2016年12月:都市計画提案• 2017年9月:国家戦略特別区域法に基づく区域計画が認定、都市計画決定• 2018年3月:「虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合」設立認可• 2019年2月:権利変換計画認可• 2019年8月:着工.

次の