リバー ランズ スルー イット あらすじ。 映画「ランペイジ巨獣大乱闘」ネタバレあらすじと感想考察や評価も!ラストの結末まで怪獣の激戦は見逃せない作品

リバー・ランズ・スルー・イットのレビュー・感想・評価

リバー ランズ スルー イット あらすじ

1920年代のモンタナを舞台に、フライフィッシングで結ばれた兄弟と父親の家族の絆を描く人間ドラマ。 監督・製作は「ミラグロ 奇蹟の地」のロバート・レッドフォード、共同製作はパトリック・マーキー、エクゼクディヴ・プロデューサーは「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」のジェイク・ノーマン・マクリーンの自伝的小説『マクリーンの川』(集英社)をもとに、「愛の選択」のリチャード・フリーデンバーグが脚本を執筆。 撮影は「ジャック・サマースビー」のフィリップ・ルースロ、音楽は「二十日鼠と人間」のマーク・アイシャムが担当。 出演は「ジョニー・スエード」のブラッド・ピット、「恋しくて」のクレイグ・シェーファー、「マグノリアの花たち」のトム・スケリット、「イン・カントリー」のエミリー・ロイドなど。 第65回アカデミー撮影賞受賞。 あらすじ 年老いたノーマン・マクリーン(アーノルド・リチャードソン)は、故郷の川でフライフィッシングをしながら、若き日を回想していた。 1912年、アメリカ、モンタナ州ミズーラ。 10歳のノーマンと8歳のポールは、父親のマクリーン牧師(トム・スケリット)にフライフィッシングと勉強を教わっていた。 ノーマンの夢は牧師かプロボクサーになること、ポールの夢はプロのフライフィッシャーである。 19年、ノーマン(クレイグ・シェーファー)は東部のダートマス大学に進学し、7年後、ノーマンがやっとミーズラに戻った時、父は歓迎の言葉のかわりに将来の進路を決めかねているノーマンを批判する。 一方ポール(ブラッド・ピット)は地元の大学を卒業し、地方新聞の記者をしている。 ノーマンは、弟が酒と賭けポーカーにのめり込んでいるのを知る。 兄弟は早速川に入り、釣りをする。 ノーマンは、弟のほとんど芸術と化したフライフィッシングを見つめていた。 独立記念日のダンス・パーティで、ノーマンはジェシー(エミリー・ロイド)と出逢い、恋に落ちる。 ある日ノーマンが家に帰ると警察から電話が入り、ポールが留置所に保護されているというのだ。 ポールの哀れな姿を見たノーマンは、彼がトラブルに巻き込まれていることに気づく。 どうやらポーカーで莫大な借金を背負っているらしい。 ジェシーの兄ニール(スティーブン・シェレン)がハリウッドから帰ってくる。 キザな彼をノーマンはひと目で嫌いになるが、釣りに誘う破目になる。 ノーマンはニールと別れると、ポールを訪ね、釣りに誘う。 そんなある日、ノーマンはシカゴ大学から教授職のオファーを受け取る。 彼はジェシーにプロポーズする。 ノーマンは酒場でポールに会い、ジェシーのことを話すが、ポールは素直に喜んでくれない。 翌朝、フライフィッシングに現れたポールに、ノーマンは一緒にシカゴに行かないかと誘うが、ポールはそれを辞退する。 そして川に入り、今まで誰も見たことがないような大物を見事に釣り上げる。 ある日ノーマンは、警察に再び呼び出された。 彼は家に戻ると、ポールが殺されたことを両親に報告する。 そして父にだけはポールがイカサマをして右手を潰されていた事実を告げる。 その後も死の様子を詳しく知りたがる父親に、ノーマンが「少なくとも、僕たちの知っているポールは素晴らしいフィッシャーだった。 それで充分じゃないか」と言うと、父は「それだけじゃない。 ポールは美しかった」と答えるのだった。 回想していた老いたノーマンが、黄昏の川でフライフィッシングをしている。 彼は今、川の流れのなかに、人生の本質を見るのだった。

次の

リバー・ランズ・スルー・イットのレビュー・感想・評価

リバー ランズ スルー イット あらすじ

1920年代のモンタナを舞台に、フライフィッシングで結ばれた兄弟と父親の家族の絆を描く人間ドラマ。 監督・製作は「ミラグロ 奇蹟の地」のロバート・レッドフォード、共同製作はパトリック・マーキー、エクゼクディヴ・プロデューサーは「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」のジェイク・ノーマン・マクリーンの自伝的小説『マクリーンの川』(集英社)をもとに、「愛の選択」のリチャード・フリーデンバーグが脚本を執筆。 撮影は「ジャック・サマースビー」のフィリップ・ルースロ、音楽は「二十日鼠と人間」のマーク・アイシャムが担当。 出演は「ジョニー・スエード」のブラッド・ピット、「恋しくて」のクレイグ・シェーファー、「マグノリアの花たち」のトム・スケリット、「イン・カントリー」のエミリー・ロイドなど。 第65回アカデミー撮影賞受賞。 あらすじ 年老いたノーマン・マクリーン(アーノルド・リチャードソン)は、故郷の川でフライフィッシングをしながら、若き日を回想していた。 1912年、アメリカ、モンタナ州ミズーラ。 10歳のノーマンと8歳のポールは、父親のマクリーン牧師(トム・スケリット)にフライフィッシングと勉強を教わっていた。 ノーマンの夢は牧師かプロボクサーになること、ポールの夢はプロのフライフィッシャーである。 19年、ノーマン(クレイグ・シェーファー)は東部のダートマス大学に進学し、7年後、ノーマンがやっとミーズラに戻った時、父は歓迎の言葉のかわりに将来の進路を決めかねているノーマンを批判する。 一方ポール(ブラッド・ピット)は地元の大学を卒業し、地方新聞の記者をしている。 ノーマンは、弟が酒と賭けポーカーにのめり込んでいるのを知る。 兄弟は早速川に入り、釣りをする。 ノーマンは、弟のほとんど芸術と化したフライフィッシングを見つめていた。 独立記念日のダンス・パーティで、ノーマンはジェシー(エミリー・ロイド)と出逢い、恋に落ちる。 ある日ノーマンが家に帰ると警察から電話が入り、ポールが留置所に保護されているというのだ。 ポールの哀れな姿を見たノーマンは、彼がトラブルに巻き込まれていることに気づく。 どうやらポーカーで莫大な借金を背負っているらしい。 ジェシーの兄ニール(スティーブン・シェレン)がハリウッドから帰ってくる。 キザな彼をノーマンはひと目で嫌いになるが、釣りに誘う破目になる。 ノーマンはニールと別れると、ポールを訪ね、釣りに誘う。 そんなある日、ノーマンはシカゴ大学から教授職のオファーを受け取る。 彼はジェシーにプロポーズする。 ノーマンは酒場でポールに会い、ジェシーのことを話すが、ポールは素直に喜んでくれない。 翌朝、フライフィッシングに現れたポールに、ノーマンは一緒にシカゴに行かないかと誘うが、ポールはそれを辞退する。 そして川に入り、今まで誰も見たことがないような大物を見事に釣り上げる。 ある日ノーマンは、警察に再び呼び出された。 彼は家に戻ると、ポールが殺されたことを両親に報告する。 そして父にだけはポールがイカサマをして右手を潰されていた事実を告げる。 その後も死の様子を詳しく知りたがる父親に、ノーマンが「少なくとも、僕たちの知っているポールは素晴らしいフィッシャーだった。 それで充分じゃないか」と言うと、父は「それだけじゃない。 ポールは美しかった」と答えるのだった。 回想していた老いたノーマンが、黄昏の川でフライフィッシングをしている。 彼は今、川の流れのなかに、人生の本質を見るのだった。

次の

映画「リバーランズスルーイット 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

リバー ランズ スルー イット あらすじ

また激しくリバーランズスルーイット(a river runs through it)を見たくなってDVDを借りてみた。 やっぱりいい! 賛否両論あるが、私には5本の指に入る大好きな映画だ。 ところで題名のリバーランズスルーイット(a river runs through it)とはどういう意味か? 調べてみると、いろいろな意訳が見つけられた。 「全てはその川の流れとともに」 「人生は川のごとく」 「川の流れのように」 どうもしっくりこない。 そこで、この映画で私が一番好きなラストシーン、オールドノーマンが一人川でフライフィッシングをしている時のシーンを書き出してみた。 Now,nearly all those I loved and did not understand in my youth are dead,even Jessie. But I still reach out to them. Of course, now I'm too old to be much of a fisherman. And now I usually fish the big waters alone,although some friends think I shouldn't. But when I'm alone in the half light of the canyon,all existence seems to fade to a being with my soul and memories,and the sounds of the Big Blackfoot River and a four-count rhythm and the hope that a fish will rise. Eventually,all things merge into one and a river runs through it. 全てを通して聞いて初めて、最後のa river runs through it. につながると思う。 つなげてみると、やっぱり「その中を川がながれる。 」でいいんじゃないかなー。 この映画のブラッド・ピットは確かにかっこいい。 それは万人が認めるかっこよさだと思う。 でも私は、ノーマン(兄)役のクレイグ・シェファーのはにかんだ笑顔が好きだ。 そしてお父さんのトム・スケリットもはまり役だ。 そしてなんといってもオールドノーマンのアーノルド・リチャードソン!他で見た事ない人なので俳優かどうかも定かではないが、彼の抑揚のない枯れ具合がラストの涙を誘う。 あらためて、願わくばああいう歳のとり方をしたいと思った。 pigboat.

次の