縁壱 うた。 【鬼滅の刃】継国縁壱についてまとめてみた【耳飾りの剣士の正体】|サブかる

【鬼滅の刃 】うたちゃんの一生、縁壱が鬼狩りになったきっかけ…!

縁壱 うた

縁壱は最愛の妻であるうたさんと子供とずっと一緒にいる暮らしを願っていた で明かされたのは、かつて黒死牟が回想したような縁壱ではありませんでした。 母の死後、寺へ出家するつもりで家を出た縁壱。 しかしその途中で、優しい心の持ち主である「うた」と出会うのです。 うたのお腹には、縁壱との子供がいました。 しかしある日、出かけた先から帰ると、お腹の子供もろとも鬼によって殺され変わり果てた姿のうたがいたのです。 縁壱の望みは、家族と布団を並べて静かに暮らし、手を伸ばせば愛する人に触れられること。 それだけだったのです。 しかし、そんな小さな幸せですら、叶うことはありませんでした。 いや縁壱かっこいいな~~~~マジでかっこいい うたと出会って愛して子供を得て………って本当に一人の男性として生きている縁壱愛しいもん 満ち足りていたんだろうな それから鬼狩りとして剣士たちに呼吸を教え、宿敵と出会い自らの産まれた意味を悟るという かっこいいな本当に — もちはだ mgmgomt 妻子を鬼に殺されたことをきっかけに、縁壱は鬼殺隊を強化し、それぞれの呼吸を持つ柱を作り上げたのでした。 縁壱の妻のうたと家族は無惨によって全て奪われた 今回、縁壱の目線で描かれた過去は 「縁壱の家族は無惨によって全て奪われてしまった」ということ。 妻子であるうたと子供は鬼に殺され、双子の兄である黒死牟は、無惨によって鬼にされました。 縁壱は、家族と毎日笑って過ごすという小さな幸せだけを願っていたのでした。 それすら奪っていった無惨。 縁壱はそんな無惨に対して、 「この男を倒すために悟った」と感じたのです。 炭治郎の死が迫る中、炭治郎は先祖の記憶で始まりの呼吸の縁壱さんの過去。 縁壱の過去もなかなか辛い。 縁壱とうたとの出会い。 愛する妻と子を鬼によって殺されてしまったのがきっかけで鬼殺隊に。 そして、鬼舞辻無惨と出会ってしまった。 珠世さんおる!! — シルシル 白犬 danmemoshiru 上弦の壱である黒死牟から見た縁壱は自分が小さく思えるほどの完璧な才能の持ち主だった 縁壱はとで、上弦の壱である黒死牟の目線で過去を描かれています。 縁壱は黒死牟の双子の弟。 この当時、双子は跡目争いの原因になるとされ、不吉な存在でした。 そのため縁壱は殺されそうになりますが、母親が烈火のごとく怒り、結局 縁壱は10歳になったら寺へ出家させる手筈となっていました。 弟であるがゆえに、部屋も服も食べるものさえ全く違った縁壱。 そんな縁壱を、黒死牟は可哀想だと思っていたのです。 そんな縁壱に対して、黒死牟は父にバレないように縁壱の所へ遊びに行き、笛を作って渡すなど、優しい気持ちがあった黒死牟。 しかし縁壱が7歳になった頃。 ある日、黒死牟に剣技を指南していた父の配下が、縁壱に対して持ち方と構え方を軽く伝え、縁壱に打ち込ませます。 すると、一瞬の間に縁壱は4本打ち込み、父の配下は失神。 黒死牟はどれほど打ち込んでも一本取れなかったにも関わらず、縁壱は口頭で教えられただけで圧倒的な力を示したのです。 そしてこのときから、 黒死牟は、努力では埋めることができない圧倒的な才能を感じたのでした。 才能の塊だった縁壱がそばにいるだけで、黒死牟は、自分が小さく見えてしまうと感じてしまいます。 そして縁壱と修行すればするほど、黒死牟は自分との差を思い知らされ、そして自分には未来がないと感じ、ある日出会った無惨によって鬼になったのです。 鬼となり無限の時を生きた黒死牟。 父も母も子供の顔でさえ思い出せない中で、縁壱の顔だけはハッキリと覚えていました。 縁壱に魅せられ、縁壱に近づこうとした黒死牟は、家を捨て妻子を捨て、人間であることさえ捨ることに。 そんな黒死牟は何も手に入れることができず、縁壱に対してこのような疑問を投げかけて死んでいくのです。 私は一体何のために生まれてきたのだ 教えてくれ 縁壱 上弦の壱である黒死牟は縁壱によって全てが手に入らなかったと思っていた 縁壱が無惨によって全てを奪われた一方で、黒死牟は縁壱によって全てが手に入らなかったと思い込んでいました。 縁壱の圧倒的な才能に惚れ、妻も子も、そして人間であることさえ捨てた黒死牟。 それでも人間である縁壱を倒すことはできず、最期には自分の存在意義まで見出せずに死んでしまいます。 本誌見てわかったこと。 でも全員いなくなってしまった。 弟が憎かった。 しかし今となっては縁壱のこと以外覚えていない。 ってか?????はぁーーーーーつらすぎ!!!!! — すっとこどっこい Parsonalu これだけ大きな兄弟での視点のズレ。 もし縁壱が妻子を亡くした直後に黒死牟と対話し、自分は家族と笑って過ごせる日々だけを願っていたことを語り合えていたら。 そうしたら、 黒死牟は鬼にならずに済んだのではないのか、とさえ思うのです。 10年で弟の夢は変わってしまった…(普通ですが…)縁壱が悪い訳じゃないです。

次の

【鬼滅の刃考察】継国縁壱の正体が最強にヤバすぎたw【日の呼吸】【つぎくによりいち】【嫁うた】

縁壱 うた

【朗報】ジャンプの女性作家が有能すぎる件• 【画像】からかい上手の高木さん、とんでもないイチャラブをみせてしまうwwww• ヒロアカのキャラでとあるの「一方通行」にどれくらい通用すると思う? 【厳選】デスノートのコラ画像、今思えばめちゃくちゃクオリティ高かったよな• 【画像】 矢吹健太朗先生、復帰したジャンプで神業を披露してしまうwwwwww• 強さ議論厨「悟空が最強で~」「一方通行が~」「いやワンパンマンが~」ワイ「はぁ・・・」• 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・• 『ワンパンマン』と同じ筋トレメニューを実践した結果wwwwwwwwww• 【名シーン】ジャンプ史上最高の『敵同士の対決』ってなんだと思う?• 【朗報】神と人間を13vs13で戦わせる漫画「終末のワルキューレ」、ガチで人気が出てしまうwww• ジャンプで打ち切られた作者さん、とんでもないことを告白する・・・・・ 関連記事.

次の

【鬼滅の刃】継国縁壱についてまとめてみた【耳飾りの剣士の正体】|サブかる

縁壱 うた

継国縁壱(つぎくに よりいち)とは、『日の呼吸』の使い手である『始まりの呼吸の剣士』である。 上弦の壱である黒死牟(人間の時の名前は継国巌勝)の双子の弟である。 生まれつき痣を発現させており、子供の頃から『透き通る世界』を見ることができた。 後に常識はずれの強さを持つ鬼狩りの剣士となる。 その強さは、無惨でさえも敵わないほどであり、兄である巌勝は縁壱の強さに嫉妬し、鬼になっている。 通常、痣を発現させた者は二十五歳を超えることなく死んでしまうが、縁壱だけは死亡していない。 さらに老人になってもその強さは衰えなかった。 まさに、理の外にいる人物である。 縁壱の日輪刀は黒刀で、戦いの時だけ赤く染まる。 この日輪刀は『赫刀』といい、鬼の肉体の再生を阻害する力がある。 後に炭治郎や柱たちも赫刀を顕現させるが、無惨は「あの男(縁壱)の赫刀は、斬撃はこんなものではなかった」と発言している。 事実、炭治郎や柱たちの赫刀が無惨の再生を遅らせる程度であるのに対し、縁壱の赫刀での攻撃は何百年も癒える事なく無惨の細胞を灼き続けた。 自身が使う『日の呼吸』を多くの人間に教えたが、『日の呼吸』を使える者はいなかった。 そこで縁壱は個人に合わせた『呼吸』を教えた。 それが『水の呼吸』や『炎の呼吸』など、派生した呼吸の始まりである。 炭治郎の家では『ヒノカミ神楽』として伝わっていた。 縁壱は炭治郎の祖先を助けており、おそらくその時に『日の呼吸』の型を教えたと思われる。 刀鍛冶の里では、縁壱をモデルにした絡繰人形『縁壱零式』が作られた。 その際、二本腕では縁壱の強さを再現することができずに六本腕になっている。 この『縁壱零式』の中には、縁壱が使っていた日輪刀と同じ『滅』の字が彫られた日輪刀が隠されていたが、これが縁壱の日輪刀と同一のものかは分からない(鍔の形状が異なっており、縁壱の日輪刀にはない独特の刃文がある)。 感情が顔に出ることは非常に少ない。 双子である巌勝でさえも数えるほどしか縁壱の笑顔を見たことはない。 幼少の頃から、人の為を思って行動する心優しい性格をしている。 しかし、その正しさのあまりに兄の巌勝は歪んでしまった。 継国縁壱の来歴・活躍 縁壱は双子の弟として生まれた。 その当時、双子は跡目争いの元となってしまう為に不吉なものとされていた。 縁壱は生まれつき痣があった為に気味悪がられ、父親によって殺されようとした。 しかし、それを母親が必死で止めた為に生かされ、縁壱は十歳になったら出家させられる事を決められていた。 それから縁壱は後継ぎとなる双子の兄・巌勝とは差別されて育てられた。 着る服、食べ物、部屋、教育など、全てにおいて差をつけられたが、縁壱は文句一つ言わなかった。 その頃から既に縁壱は『透き通る世界』が見えていた。 それ故に、母親が病によって左半身が不自由だという事に気づき、常に母親の左側について助けていた。 しかし、側から見れば母親に甘える子供のようにしか見えていなかった。 ある日、差別され、母親の隣かな離れようとしない縁壱を哀れんだ巌勝が、縁壱の部屋を訪ねる。 巌勝は自分の物を縁壱に与えると父親から叱られる為、自分で作った笛を縁壱に渡した。 縁壱は喜びを表情に出すことがなかったが、その笛が宝物となった。 双子が七歳になった頃、剣の稽古をしている巌勝に、縁壱は「兄上の夢はこの国で一番強い侍になることですか?」と尋ねた。 巌勝はその時初めて縁壱の声を聞いた。 それまで縁壱は耳が聞こえない物だと思われていた。 縁壱はその時、自身も侍になると言って笑った。 初めて見せた縁壱の笑顔は、巌勝に気味悪がられていた。 巌勝の剣の先生が口頭で剣の振り方を縁壱に教え、試しに打ち込むように言った次の瞬間、縁壱はその男を倒していた。 縁壱はその時に味わった感触が耐え難く不快で、それ以降、侍になりたいとは言わなくなった。 縁壱は強さの秘訣を聞きに来た巌勝に「打ち込んで来る前に肺が大きく動く。 骨の向きや筋肉の収縮、血の流れをよく見ればいい。 」と教えた。 しかし、『透明な世界』を見ることができない巌勝には何を言っているのかが理解できなかった。 巌勝が分かったのは、自分より下だと思っていた縁壱が自身より遥かに優れているという事実だった。 その件がきっかけで巌勝は縁壱に嫉妬の炎を燃やし始める。 その後、ある夜に母親が病により死亡する。 母親を見届けた縁壱は、その直後に巌勝の部屋を訪れる。 そして縁壱は、母親が死んだ事、このまま寺に向かう事を告げた。 縁壱の剣の腕が明らかになったことにより、父親は巌勝ではなく縁壱を当主にしようとしていた。 巌勝は自身と縁壱の扱いが逆になるのではないかと恐れていた。 それを察知していた縁壱は自ら家を出ようとしていたのだった。 縁壱は以前に巌勝から貰った笛を取り出し「いただいたこの笛を兄上だと思い、どれだけ離れていても挫けず日々精進いたします。 」と笑顔で言い、荷物をろくに持たずに去って行った。 父親は縁壱を連れ戻そうとしたが、縁壱は寺に行っておらず、消息不明になった。 巌勝は母親が遺した手紙により、縁壱が自分が当主にならないように家を出た事、左半身が不自由な母親を支えていたことを知る。 巌勝は常に正しい行いをしてきた縁壱を心から憎悪した。 鬼狩りの剣士となっていた縁壱 それから時が経ち、縁壱は鬼狩りの剣士となっていた。 ある日、縁壱は鬼に襲われていた巌勝を助ける。 巌勝は縁壱の強さに追いつくために家庭や地位など、全てを捨てて鬼狩りの剣士となった。 縁壱は自身が使う『日の呼吸』を他の剣士達に惜しみなく教えたが、『日の呼吸』を使えるものはいなかった。 そこで縁壱は剣士に合わせた呼吸を教え、その結果、様々な派生の呼吸が生まれた(この時期に炭治郎の先祖に『日の呼吸』を教えたと思われる)。 巌勝はいくら鍛錬しても派生の呼吸である『月の呼吸』しか使えず、縁壱に追いつくことはできなかった。 そんな時に巌勝は無惨に会い、強さを手に入れるために鬼となってしまう。 黒死牟との戦いで命を落とす 老いた縁壱 それから数十年後、縁壱は八十歳を超えても生きていた。 そして赤い月の夜に鬼となった兄と再会する。 縁壱は黒死牟の姿を見て「お労しや。 」と涙を流し、刀を握った。 縁壱の強さは八十を超えても尚、まったく衰えておらず、黒死牟は手も足も出なかった。 その時、黒死牟は「何故いつもお前が、お前だけがいつもいつも特別なのか。 痣者であるというのに生き永らえ、その老骨で振るう技は、全盛期と変わらぬ速さ、そして威力。 彼の方をも追い詰めた剣技。 それは髪の御技に他ならない。 」という憤りを抱えていた。 しかし、縁壱は黒死牟との戦いの最中に寿命が尽き、立ったまま死亡してしまう。 縁壱の着物の中には、かつて巌勝から貰った笛があった。 うたと縁壱の出会い ある日、縁壱は以前命を救った炭吉とすやこ(炭治郎の祖先)の家を訪ねた。 縁壱は「誰かに話を聞いて欲しかった。 ずいぶん考えて思い浮かんだのがお前とすやこの顔だった。 」と言った。 縁壱は子供を抱える炭吉に「お前たちが幸せそうで嬉しい。 幸せそうな人間を見ると幸せな気持ちになる。 この世はありとあらゆるものが美しい。 この世界に生まれ落ちることができただけで幸福だと思う。 」と話した。 そして自身の過去を語り始めた。 縁壱の母親は信心深い人だった。 母親は話そうとしない縁壱が耳が聞こえないものと思っており、太陽の神様が縁壱の耳を温かく照らしてくれるように耳飾りのお守りを作った。 縁壱は、縁壱に構った為に父に殴られた次の日に、笛を持ってきて「助けて欲しいと思ったら吹け。 すぐに兄さんが助けにくる。 」と言って笑う兄のことを慕っていた。 忌み子だった縁壱は母が病死した後にすぐ家を出た。 縁壱は寺に行くように言われていたが寺には向かわず、どこまでも続く美しい空の下を思いきり走った。 縁壱はどこまで走っても疲れることがなかった。 気づくと縁壱は山の中におり、そこで田んぼの中に佇む一人の同じ年頃の女の子を見つけた。 女の子は桶を持ったまま長い間動かなかった。 縁壱が何をしているのか尋ねると、女の子は「流行り病で家族みんな死んじまった。 一人になって寂しいから田んぼにいるおたまじゃくしを連れて帰ろうと思って。 」と話した。 しかし、女の子は夕暮れになるとおたまじゃくしを田んぼに逃した。 縁壱が「連れて帰らないの?」と聞くと、女の子は「うん…。 親兄弟と引き離されるこの子たちが可哀想じゃ。 」と話した。 それを聞いた縁壱は「じゃあ俺が一緒に家へ帰ろう。 」と言った。 女の子の名前は"うた"といい、黒曜石のような綺麗な瞳をしていた。 それから縁壱とうたは一緒に暮らすようになった。 縁壱はうたと子供を鬼に殺害された うたは朝から晩までよく喋る女の子だった。 縁壱はうたから生き物の体が透けて見える者などいないと知らされた。 その時、漠然とした疎外感の理由が分かったような気がした。 十年後、縁壱とうたは夫婦となり子供を授かった。 臨月が近づいた時、縁壱は産婆を呼びに行った。 縁壱は日が暮れる前に帰るつもりだったが、途中でうずくまる老人を見つけた。 老人は戦の負傷で死にかけている息子に山三つを越えて会いに行こうとしていた。 縁壱は老人を息子の元まで送り届け、産婆を呼ぶのは明日にして家路へと急いだ。 日が暮れて家に着いた縁壱が見たのは、お腹の子供諸共に血に塗れたうたの姿だった。 うたと子供は鬼に殺されていた。 縁壱は鬼を追ってきた剣士に声をかけられるまで、ぼんやりとうたと子供の亡骸を抱いていた。 縁壱の夢は家族と静かに暮らすことだった。 愛する人に手を伸ばせば届く距離で。 しかしその夢は鬼によって潰えた。 その後、縁壱は鬼狩りの剣士となった。 鬼を追う者たちは昔からいたが、呼吸を使っている者はいなかった。 縁壱は鬼狩りの剣士たちに呼吸を教えた。 中でも『柱』と呼ばれている剣士たちは優秀で、元々柱たちが使っていた炎、風、水、雷、岩の剣術の型に上乗せして呼吸を使えば飛躍的に力が上昇した。 鬼狩りたちは多くの鬼を倒し、そこに縁壱の兄も加わった。

次の