ケンタッキー 肉 部位。 ケンタッキー オリジナルチキン 部位別カロリー一覧|気楽なアーリーリタイアメントを目指して

骨なしケンタッキーはオリジナルチキンと違う部位? 小さくてまずいの評判はなぜ|旅行ブログ

ケンタッキー 肉 部位

ケンタッキーでおすすめできないオリジナルチキンの部位は! 今回はケンタッキーのオリジナルチキンで、みんなが好きじゃない部位はどこなのか、ランキング形式でまとめてみました。 部位ごとに結構食べごたえや食感も変わってくるオリジナルチキン。 あまり人気じゃない部位はどこなのか、みんなの意見を見てみましょう。 ケンタッキーオリジナルチキン嫌い・不味い部位ランキング5位ドラム(脚) みんなが選ぶケンタッキーオリジナルチキン嫌い・不味い部位ランキング5位はドラム(脚) ドラム(脚)が嫌い・美味しくなかった理由 ドラム(脚)が嫌い・美味しくなかった理由はこちら ・一番脂っぽく、皮の割合が多いし、骨の周りが肉くさいからです。 さっぱりした部位が好きなので、ドラムは一番苦手です。 皮が嫌だからといって皮を外して食べると味がしなくなるし、ちょっとおえっとなってしまいます。 ・骨が多くて食べる部分が少なく感じてしまうのであんまり好きじゃないです。 リブのしっとりしたかんじが好きなのでドラムだとそこまで脂も多くなく、肉も分厚くないので食べ応えがないなあと感じてしまうのかもしれません。 ・手羽と悩みましたが、やはり食べにくいし、綺麗に食べられないので選びました。 バスケットに入っているのも圧倒的に脚が多いきがします。 手が汚れるのも、口の周りが汚れるのも嫌だなと思います。 骨なしとか、クリスピーだと食べやすくて良いので、ケンタッキーではそちらを買ってしまいます。 写真とかに乗ってるのも脚の部分が多いような気がします。 ケンタッキーオリジナルチキン嫌い・不味い部位ランキング4位サイ(腰) みんなが選ぶケンタッキーオリジナルチキン嫌い・不味い部位ランキング4位はサイ(腰) サイ(腰)が嫌い・美味しくなかった理由 サイ(腰)が嫌い・美味しくなかった理由はこちら ・リブかもしれないのですが、骨っぽくて、食べ方が難しいので苦手です。 どうやっても口の周りまでがギトギトになるので。 手が汚れるのは覚悟の上ですが、化粧 口紅ではなくファンデーション が無惨なことになります。 ・ダークミートは臭みがあるから苦手だからです。 まだドラムはマシですが、サイの部分は内臓っぽいところが入っているので、気持ち悪くて特に苦手です。 ただ、サイは大きくて食べ応えがあるし、皮の部分は美味しいと思います。 ・鶏肉ですから仕方ないのですが時々、なにかわからない管のようなものがピルピル~っと出ることがあります。 これが生っぽくてちょっと不気味な感じがしますので出てくるともったいないですが大きく避けて食べています。 鶏肉は好きですが器官部分が出てくると苦手です。 ・サイはジューシーで肉がおいしい部位である一方、背肝が必ず入っている部位でもあります。 大人になってからはまだ食べられるようにはなりましたが、こどものころは中に入っている肝が脳みそのような見た目でグロテスクで絶対に無理でした。 ・サイの部分はあまりおいしいと感じないです。 その理由はパサパサしている感じがするからです。 私はいつもリブの部分が好きなのでリブの部分ばっかり食べてしまいます。 サイの部分は好きではないので主人にあげてしまいます。 ケンタッキーオリジナルチキン嫌い・不味い部位ランキング3位ウィング(手羽) みんなが選ぶケンタッキーオリジナルチキン嫌い・不味い部位ランキング3位はウィング(手羽) ウィング(手羽)が嫌い・美味しくなかった理由 ウィング(手羽)が嫌い・美味しくなかった理由はこちら ・ウィング(手羽)は、特に小さくて食べ応えがないから苦手です。 そもそも鶏は好きですが、手羽はあんまり好きではありません。 手羽の先の細い部分にかじりつくのは難しいし、かじりつくときにみっともないんじゃないかと思ってしまいます。 ・同じ料金で、食べられる量が全く違うのがケンタッキーの難しさだと思います。 ウィングは食べやすい反面、とても小さなピースなどもあり、少し損に感じます。 特に、閉店間近などで、小さなピースしか残っていなかったことがあり、残念な気持ちになったことがあります。 ・骨があることの食べにくさと、鳥肌の見た目が頭をよぎって出来るなら食べたくない。 又、手羽の関節感も含めて鳥のイメージが付きやすくて食欲が落ちる。 骨の近くまでかぶりついて食べていった時の血のりがあったりするのも苦手。 ・ケンタッキーのチキンに限らず、ウィングの部位は関節部分に当たるので骨が邪魔をして食べにくくて苦手です。 骨のとりかた・身が骨につくことが多くて人がいるところではしゃぶったりしづらいので食べにくいです。 店内で食べるときは避ける部位です。 ・凄く苦手というわけではありませんが、あえて選ぶとすればウィング部分は少し苦手です。 食べているときに脂が大量に出てくることがあり、ちょっと気持ちが悪いときがあります。 それと外側の衣についている味がウィング部分には上手く浸透しきれていないと感じます。 ・パーツが小さくてお得感が少ないから入っているとちょっと物足りないと感じます。 やっぱりドラムの部分が一番美味しいと感じるので、ウィングが入っているならもう一つはドラムがいいなとおもいます。 味は変わらず美味しいです。 ・ケンタッキーの手羽先はとても食べにくく、しかも手が汚れるため、絶対に食べないようにしております。 また、手が汚れるリスクを犯してまで美味しいと言えるものではありません。 身の量をもっと増やすべきだと思います ・オリジナルチキンは、上手く食べれば、どこも美味しいです。 しかし、食べにくい部位もあります。 人によりますが、私は手羽を食べるのが苦手です。 なぜなら、骨がたくさんあるのに、肉があまりついてないからです。 食べにくいためこの部位は苦手です。 ケンタッキーオリジナルチキン嫌い・不味い部位ランキング2位リブ(あばら) みんなが選ぶケンタッキーオリジナルチキン嫌い・不味い部位ランキング2位はリブ(あばら) リブ(あばら)が嫌い・美味しくなかった理由 リブ(あばら)が嫌い・美味しくなかった理由はこちら ・これも、食べられない訳ではありませんが、あばらの部位ですと、隅々までキッチリと肉をこそげ落とさないと気が済まない性格なので、あばらの一本一本をバラして、かじる作業が面倒くさいです。 でも、もったいないので時間をかけてもかじりついてしまいます。 ・骨がたくさんあって、どこが食べられるのかがいまいちよくわからないから苦手です。 リブ(あばら)だけではなく、骨付きのお肉はほぼ同じ印象。 あと、軟骨(?)なのか固い部分があって、食べていいのかどうかわからないので苦手です。 ・一見大きくて食べられる部分が多いのですが、骨があちこちにあり非常に食べづらい。 骨だらけなのでガブリと食べられないのが苦手です。 一人なら黙々と作業のように食べることができますが、誰かと一緒にいるときは必死に骨を探す風景を見られるのが嫌です。 ・リブは小さな骨があったりするので他の部位と比べて食べにくく感じられ、あまり好きではありません。 脂身が少ないのでパサついてる印象です。 私はもっとジューシーな部位の方が好みなので、この部位は苦手なのです。 ・肉の脂が好きで、そこを味わいたくケンタッキーを買うのだが、リブはあまり脂感を感じず美味しいと思わない。 また、骨がたくさんあって、どこまで食べればいいのかがわからないところも苦手。 骨を避けている間に冷めてしまい、ますます美味しくない。 ・どの部位でも皮目が好きですが鶏肉部分がパサついていて苦手。 店によってはしっとりして美味しいので調理の仕方かなとは思います。 あばら部分は食べにくいし、身が少ないと常々思っている ので入っていると残念感はあります。 ・骨が多くて食べにくい。 身だけを食べようと思っていても骨が一緒に口のなかに入ってしまうので、結局口の中の骨を吐き出したりつまんで取り出さないといけなくなるので面倒です。 また、ドラムに比べると脂が少なく味が淡白なところも苦手な理由のひとつです。 ・骨が食べにくい。 基本的に骨がない、もしくは少ない、取りやすいのがいい。 骨が多かったり、細かいのがあると食べるのやめようかなと思ってしまう。 食べやすさは非常に大事。 骨しゃぶって食べるのはなんかいやだから。 ・油分が多いように感じるので、カロリーが気になります。 食べたあと、胸焼けをおこしてしまった経験があるから余計にそう感じるのかもしれません。 フライドチキンは基本的に骨があるので食べづらく、異性の前では絶対に食べたくないと思います。 ・苦い味がする気がする。 肉は肉なのだが、どちらかというと内臓っぽい味がするように思える。 また、脚、キール、ウィング、サイに比べると食べにくい。 食べ終わるまでに時間がかかる。 また手がたくさん汚れる気がする。 ・オリジナルチキン自体に骨が邪魔で食べづらさを感じているので、その中でもあばら部分は骨の数も多いため、特に苦手な部位です。 また、ほかに比べて肉の量が少ないような気がして、食べるのが面倒な割に肉の量も少なくて少し損をした気になるためです。 ケンタッキーオリジナルチキン嫌い・不味い部位ランキング1位キール(胸) みんなが選ぶケンタッキーオリジナルチキン嫌い・不味い部位ランキング1位はキール(胸) キール(胸)が嫌い・美味しくなかった理由 キール(胸)が嫌い・美味しくなかった理由はこちら ・胸の部分はお肉がジューシーで美味しいケンタッキーといえども、パサパサして喉に詰まる感じがするので、家族で胸以外の取り合いになります。 4-5ピース頼んでも胸が2ピース位入っているので我が家でははずれくじになっています。 ・パサパサして食べにくいと感じる。 他の部位と比べて油っぽくなく、タンパク質も多いと思うのだが、口に含むと一気に水分を奪われる。 また、形状も持ちにくく、どこから噛じればよいのか分からない。 私はお酒を飲まないが、お酒を飲む人には好かれる部位になると思う。 ・パサパサしていて食べにくいからです。 お店の揚げ方によって若干の違いがあるように感じますが、それでもほぼ食べにくく感じます。 この部位だけはジューシーさが感じられず子供も食べにくい、歯に挟まる。 と嘆いて周りの衣ばかり最初に食べていました。 ・ケンタッキーに求めてる肉じゃ無い。 がっつりジャンクに食べたいのにキールはパサパサしてるから。 ケンタッキーのオリジナルチキンにヘルシー感は求めて無い。 ケンタッキー独特の味付けが胸肉には合わないと思うから。 ・どうしても胸なだけあって、パサパサしている感じがして好みではないです。 ケンタッキー特有の揚げ方・味付けで多少はカバー出来てる気もするんですが、やはりパサパサ感が否めません。 もう少し身が柔らかくなればいいのかなと思います。 ・ボソボソしてるし、他のチキンより小さい。 なんか同じ値段払っているのに損してる気分になる。 フライドチキンの衣は剥がすととても美味しいのに、キールの部分はうまく剥がれない。 食べにくいうえに、子供も もちずらいそうです。 ・全般的に、ケンタッキーフライドチキンはすきですが、このキールの部分に関しては、パサパサした感じが他の部位の部分に比べて非常に多いので、どうしても、食べていて顎がつかれてしまい、食べづらいことが選んだ理由です。 ・胸肉自体がパサパサしていて、フライドチキンに向いていないから。 骨と骨の間に肉が詰まっているので、手で骨を外しながら食べないといけない。 そのため手が油でギトギトになってしまう。 食べにくいのに、あまり美味しくない。 ・細かい骨が多く、食べられる箇所が少なく感じる。 別項目でも記載したが、骨を取り除いているうちに手が汚れてしまう事があまり好きではない。 軟骨の部分が好きではないので、それを避けていると食べられる部分がかなり限られてきてしまう。 ・口の中がパサパサするからです。 皮のサクサク感がケンタッキーの魅力だと思いますが、胸肉の分厚い部分に関して言えばサクサク感よりもパサつきが気になってしまいます。 ドラムなどの部位おは皮の食感と肉のジューシーさが相まって最高です。 ・パサパサしているので、飲み込みづらい。 それにサイズ的に大きいので、ちょっと食べたいときには向かない。 それに食べ残したときは、そのパサパサ加減がより強くなるので、レンジで温めるのも難しくなる。 でも、温めないと美味しくないのでレンジをする。 と、やはりパサつきが強くなっていて結局食べたくなくなる。 ・他の部位に比べてサイズが小さく、チキンと、ドリンクだけでランチを済ませようとした場合、同じ料金でも若干損した気分になるため。 また、食感もジューシーな感じが好きなのでパサパサした感じが苦手ではないけど、この部位が来たか。。。 という気持ちになります。 ・ケンタッキーでむね肉を食べたことがないですが、部位的にぱさぱさした触感が苦手で旨みもなく食べたいと思わないです。 というかチキンがどこの部位か選べることをしりませんでした。 いつも骨付きのチキンを考えずに購入してしまうので….

次の

ケンタッキーのオリジナルチキン人気部位ランキング!美味しくておすすめなのはどれ!

ケンタッキー 肉 部位

スポンサーリンク ケンタッキーの美味しい部位はどこなの? ケンタッキーで使われる鶏肉はサイ、ウイング、キール、ドラム、リブの全部で5つの部位に分けられています。 1羽の鶏から9ピースとることができます。 それぞれの特徴を見ていきましょう。 サイ 腰からおしりにかけての部分で三角っぽい形をしている 脂っぽいけどその分柔らかくジューシー 見た目的にも大きいから満足できる そのままだと食べにくいが、真ん中の太い骨をぐりぐり回して抜けば食べやすい おそらく嫌いな人はいない ウイング 手羽の部分 オリジナルチキンと限定のチキンだと形が違うけど部位は同じ 味がよくしみているけど時間が経つとぱさぱさで固くになりやすい 小さいから満足感は得られない オリジナルチキンなら半分は肉のみだから食べやすい キール 胸肉でまるい形をしている 1羽の鶏から1ピースしか取れない 大きい時もあれば小さい時もあるからカットする工場と購入者の運しだい ぱさぱさしているけど食べやすくはある 真ん中に軟骨が1本と小骨2本のみだからほぼ残すところがない ドラム 足の部分でよく「持つとこ」って言われる 脂っぽいから柔らかい 子どもからは人気 チキンと言えばこれって感じだけどあまり食べるところがない 食べやすさは100点 リブ あばらの部分で一見すれば一番大きい 実際は骨だらけで食べにくいからあんまり食べられない うまく骨をとれば食べるところはある ぱさぱさしがち 裏側の皮がおいしい このように5つの部位でそれぞれの特徴がありますので好みの部位を見つけてみてください! チキンをパックするのにも組み合わせのマニュアルがあります。 1ピースならリブ。 2ピースならリブとドラム、またはサイとウイング。 3ピースならリブとドラムとキール、またはサイとウイングとドラム。 4ピースならリブとドラムとサイとウイング。 5ピースなら全部位を一つずつ。 これは一例で何通りも組み合わせがありますが、大体はこんな感じで入れてくれます。 ケンタッキーの人気のある部位はどこ? チキンの部位に関していえばかなり好みが分かれます。 ケンタッキー常連さんなら好き嫌いの部位があると思います。 好き嫌いが分かれやすい部位は「ドラム」ですね。 そのうえで 最も人気のある部位はおそらく「サイ」でしょう。 サイは柔らかいし、満足感が得られるから大人からも子供からも人気が高いです。 女性からは、脂っぽくなくさっぱりして食べやすいキールが人気ですね。 子どもや子連れのひとはドラムを頼む確率が高いです。 ちなみに私はサイが一番好きです。 ケンタッキーは好きな部位を選べる? これはそれぞれの店舗にもよると思います。 大体の店員さんは要望に応えようとしてくれるでしょう。 しかし、その時のチキンの在庫状況だったり、要望内容によってはあっさり断られます。 例えば「チキン5ピース中3ピースをドラムにして」と頼めばなかなかきついと思います。 「2ピースまでなら・・・」と言われるかもしれないですね。 私は過去に「6ピースをドラムとウイング3本ずつ入れて」と言われたことがあります。 無理なお願いをすると店員さんも困るのでやめてあげましょう。 そして、 チキン1ピースのみの購入で「サイ」を注文した場合は断られる確率が高いです。 サイが人気ある上に希少部位だと説明されるでしょう。 ケンタッキーの美味しい部位はどこなの?【まとめ】 ケンタッキーのチキンの部位についての特徴や人気な部位なんかをまとめてみました。 人の好みによっても好き嫌いの部位が分かれるので面白いですよね。 どうしても欲しい部位がある場合は予約をしてみると高確率で応えてくれるので予約をしてみるのもいいかもしれませんね。 少しチキンに詳しくなったところで家族みんなでケンタッキーにチキンを買いに行ってみてはいかがですか?.

次の

ケンタッキーのオリジナルチキン人気部位ランキング!美味しくておすすめなのはどれ!

ケンタッキー 肉 部位

ケンタッキーフライドチキンの部位 言わずと知れたケンタッキーフライドチキンの人気メニュー「オリジナルチキン」。 これには「ドラム」「キール」「リブ」「ウイング」「サイ」と呼ばれる 5つの種類があります。 部位ごとの特徴に併せて、味わいの違いもしっかりと確認してみましょう。 ドラム ケンタッキーフライドチキンと言えば、この形を思いつくという方も多いはず。 この部位は「ドラム」といい、脚の部分になります。 持ちやすいタイプであり、 肉と骨が剥がしやすく、食べやすいので、女性やお子さんにもおすすめですよ。 キール この手前のものが「キール」、ささみと呼ばれる喉の下の部分のお肉です。 味わいは、あっさりとしていて脂身は少なくなります。 パサパサとした感じはありますが、 やわらかい肉質で小さな子どもにも取り分けやすい部位ですよ。 脂身の苦手な方にもおすすめです。 スポンサーリンク 夏に期間限定で登場する人気の「レッドホットチキン」にも、5つすべての部位が用意されています。 ハバネロのガツンと来るスパイシーな味わいなら、きっと味の印象も変わってくるはず。 脂身の多い「サイ」や「ドラム」なら、滴る肉汁にも辛みがあふれます。 「リブ」でさっぱりとした辛みを楽しんだり、「キール」や「ウイング」で骨までしゃぶりつくのもおいしそうですよね。 ケンタッキーで食べ比べはいかが? いかがでしたか?改めてみてみると「そうそう」「こんなものもあった!」「最近当たってないな」「初めてみた」というものもあったはず。 肉質や脂身の多さ、肉付きなどそれぞれ違うケンタッキーのオリジナルチキン。 バーレルを買って、ぜひ食べ比べを楽しんでみてはいかがでしょうか。 きっと全種類入れてくれるはずです!そっとお願いをしてみては?•

次の