コジマ 電気。 コジマポイントとPontaは同時に貯まる?併用は?注意点やお得な貯め方 |Gポイント

コジマ電気でエアコンの取り付けで嫌な思いをしました。他の電気屋でも普通...

コジマ 電気

コジマポイントとPontaのダブル取りはできる? コジマでは、もともと、商品に設定してある還元率に合わせ「コジマポイント」が付与されていました。 Pontaポイントサービスが始まった後も、これまでと変わりなくコジマポイントは貯めて使えますが、 コジマポイントとPontaを一緒に貯めることはできません。 どちらかを選んで貯めるようになるため注意しましょう。 コジマポイントとPontaを同時に使って支払うことはできる? コジマポイントとPontaは、どちらもコジマでの支払いに充当できますが、こちらも上記同様、一緒に使うことはできません。 コジマポイントとPontaのどちらかを選んで使うようになります。 1度に貯めて使えるポイントは1種類のみと覚えておきましょう。 コジマではどっちを貯めた方がお得? では、コジマでは、どちらのポイントを貯める方がお得なのでしょうか? コジマは商品ごとに還元率を設けているので、ビックカメラのように基本10. 0%還元ではありません。 コジマでは、10. 0%還元の商品もありますが、 その多くは1. 0%還元。 加えて、 コジマポイントの有効期限は最終購入日から1年間で、購入するごとに延長されます。 コジマを頻繁に利用しているユーザーであれば、有効期限も還元率もさほど気にならないかもしれませんが、たまにしか使わない方には少し使い勝手が悪いですよね。 汎用性・貯めやすさを重視するならPonta! たまにしかコジマを使わないのであれば、 Pontaを貯めて使う方が汎用性も高くおすすめです。 Pontaはコジマでは0. 5%還元 200円=1pt のため貯めにくそうですが、Pontaポイントは街ナカにも加盟店が多く、ローソンやケンタッキーなどをよく使う方であれば貯めやすいと言えます。 加えて、Pontaの有効期限も獲得・使用した日から1年間で、貯めたり使ったりするごとに更新されていくので、 半永久的に貯めて使うことも可能。 コジマポイントを失効させてしまいそうな方は、Pontaを貯めて使うと良いでしょう。 コジマでPontaを貯めるなら「シェルPontaクレジットカード」がお得! コジマやローソンなどのPonta加盟店でポイントを貯めるなら、がおすすめです。 というのも、シェルPontaクレジットカードのクレジット決済でもPontaが加算されるため、加盟店でクレジット決済すれば Pontaの2重取りができるのです。 そのため、コジマでクレジット決済すれば 200円=3ptのPontaが加算され、ローソン・などでは還元率2. 0%で利用することも可能。 コジマだけでなく、他のPonta加盟店でもお得に貯めて使いたい方にはおすすめの1枚です。 Ponta提携店・コジマやローソンではダブルでポイントが貯まり、昭和シェル石油SSでも給油1Lにつき2ptが貯まります。 Pontaポイントを貯めたい・ガソリン代を節約したい方におすすめの1枚です。 ビックカメラやソフマップも使うならコジマポイントもあり コジマポイントは、ビックカメラ・ソフマップでも貯めて使うことができますよね。 そのため、「ビックカメラで10. 0%還元で買い物することが多い」&「コジマでもたまに買い物をする機会がある」なら、コジマポイントを貯めて使うのも良いでしょう。 もちろん、効率は下がりますが、コジマではPonta・ビックカメラではコジマポイントやビックポイントを貯める…という貯め方でも良いかもしれませんね。 コジマでは、現金と同還元率のコジマポイント+ときめきポイント0. 5%の2種類のポイントが加算され、最大で10. 5%で買い物を楽しめます。 前述のようにコジマの還元率は1. 0%が多いため、平均 1. 5%還元と思えば良いでしょう。 ビックカメラ・ソフマップでも現金と同率の還元率でコジマポイントを貯められるので、たまにコジマやビックカメラを使う・イオンを普段から利用している方にはおすすめの1枚です。 ビックカメラやソフマップと合わせてコジマも頻繁に使うならコジマポイントを貯めるのもおすすめです。 ライフスタイルや使い方などを加味し、自分に合ったポイントを貯めましょう!• Ponta加盟店もよく使うならコジマではPontaを貯めよう!•

次の

コジマ電気の店舗一覧やネット通販と公式アプリ

コジマ 電気

本社所在地 〒320-8528 星が丘二丁目1番8号 池袋本部 3-28-13 池袋西口共同ビル8階 設立 (創業:) 事業内容 代表者 代表取締役会長兼社長 資本金 259億75百万円 (2019年8月31日現在) 発行済株式総数 77,912,716株 売上高 268,127百万円 (2019年8月期) 営業利益 6,426百万円 2019年8月期 純利益 6,604百万円 2019年8月期 純資産 48,681百万円 2019年8月31日現在 総資産 109,335百万円 2019年8月31日現在 決算期 8月31日 主要株主 の項を参照 関係する人物 小島勝平(創業者) 外部リンク 株式会社コジマ(: Kojima Co. ,Ltd. の子会社である。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年3月) 4月ににおいて小島勝平が、個人商店の 小島電気商会を創業。 8月に 株式会社小島電機を設立して法人化している。 から栃木県内での多店舗化を開始し、から栃木県外にも進出し、関東を中心に多店舗展開を進める。 1月に通称・略称であった コジマを社名に取り入れ、「」と呼ばれる家電量販店3社の一角として激しい競争の中で成長して、にはへの上場を果たす。 そしてにはそれまで業界1位だったを抜いて家電量販店売上高日本一を成し遂げ、に 家電量販店として初の売上高5,000億円超を達成した。 家電量販店としての売上高に関しては、隣県のに本社のあるの攻勢を受け、にヤマダ電機に家電量販店売上高日本一の座を奪われた。 また、2003年には、メイン銀行であるが経営破綻し、同社の経営にも悪影響を及ぼした。 2009年3月31日の時点では、日本の全都道府県に222店舗を展開していたものの、2012年3月期決算では、日本国内の売上高は業界7位と低迷していた。 かつてはを加速させている同業他社と一線を画して完全直営主義を貫き、小規模店の統廃合と大型店舗出店()を行い、事業の効率化を進めていた。 その後、2012年5月11日にそれまでの独立路線を転換し、ビックカメラに対して(140億円)を行い、ビックカメラがコジマの普通株式の過半数(増資後の発行済株式数の50. 同年6月26日に子会社化が完了された。 コジマはこれにより、ビックカメラ支援の下で店舗のスクラップアンドビルドを行い、経営の再構築を図ることとなった。 また決算期も親会社に合わせて8月決算となった。 ビック傘下入り後は、創業家の小島一族が経営から退いたことで、急激にビック色を強め、ビックカメラ風の社名ロゴを導入(旧来の斜体ロゴも併用)。 また従来からの得意分野であるを改めて強化した上で、均衡のとれた店舗づくりを実践していくとしている。 沿革 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年3月)• (30年)4月 - 創業者・小島勝平がに 小島電気商会を個人創業。 (昭和38年)8月 - 法人化し、 株式会社小島電機を設立。 (昭和47年)11月 - 多店舗化を図り、栃木県宇都宮市に第2号店である西大寛店を開店(のちに閉店)。 (昭和58年)• (昭和59年)3月 - 初の県外進出として、(現・)に下館店を開店。 (昭和62年)7月 - に伊勢崎店を開店し、50店舗達成。 (2年)• 4月 - を全店舗に導入。 7月 - 宇都宮温泉センター株式会社を解散。 8月 - 100店舗達成。 10月 - 本店所在地を、栃木県宇都宮市星が丘二丁目1番8号に移転(旧宇都宮温泉センターの建物を利用)。 12月 - 本社1階に販売店である盛天堂を開店し、薬品販売事業に進出(現在の「コジマ薬品」)。 (平成3年)• 4月 - 株式会社東北コジマおよび株式会社サンプラザデンキを吸収合併。 4月 - 関係会社の株式会社アピアが有限会社タカトクを株式会社に組織変更した上で合併。 (平成5年)• 1月 - 株式会社コジマに社名変更。 3月 - 「株式会社きたコジマ」を解散。 (平成6年)6月 - 本店内に専門店のマックセンターを開店。 (平成8年)9月 - 第二部上場。 (平成9年)• を抜いて、家電量販店売上高日本一を達成。 5月 - に第1号店舗であるNEW門真店を開店。 5月1日 - にコジマショッピングワールド(通販チャンネル)開局。 223(2009年1月31日閉局)。 (平成10年)• 9月 - 東京証券取引所第一部昇格。 12月 - パラレル業務「コジマネット」を開始。 (平成11年)10月 - コジマオリジナルブランドであるFresh Grayが、平成11年度を受賞。 (平成12年)10月 - に「コジマバイオ研究所」を開設。 現在は閉鎖。 (平成13年) - 家電量販店としては初めて、売上高5,000億円超を達成。 (平成14年)• 競合相手のヤマダ電機に、家電量販店売上高日本一の座を明け渡す。 4月 - 小島勝平の長男・小島章利が社長に就任。 (平成17年)4月 - 創立50周年(武道館にて式典)。 (平成19年)4月24日 - 創業者・小島勝平が71歳で死去。 (平成20年)3月29日 - にNEW松江店(2014年4月6日を以って閉店)を開店。 全都道府県出店を達成。 (平成21年)6月末日 - 初の社外取締役制度を導入し、の元社長兼CEOを迎え入れる(2013年4月30日辞任)。 (平成22年)• 2月15日 - コジマ代表取締役社長に寺崎悦男(創業者小島勝平の兄で相談役の小島金平の娘婿 )が昇格。 小島章利はに。 8月 - パラレルプロバイダ業務「コジマネット」を終了。 (平成24年)• 5月11日 - 同業の株式会社と資本業務提携契約を締結。 6月26日 - 資本業務提携契約に基づき、ビックカメラに対するを行い、ビックカメラが増資後発行済み株式50. 6月28日 - 資本提携に唯一反対であった小島章利が代表取締役会長を退任しとなり、親会社となったビックカメラから社長のがに就任。 (平成25年)• 2月1日 - 代表取締役会長に、旧出身の社外取締役・が就任。 9月1日 - 寺崎悦男が代表取締役社長を辞任し、小島一族による経営体制が幕を閉じる。 会長の木村一義が社長を兼任。 11月25日 - この日の定時株主総会終結をもって寺崎悦男が取締役も退任し、小島一族は完全に経営陣から退く。 (平成26年)9月1日 - 子会社の株式会社コジマエージェンシーを吸収合併。 (平成27年)3月 - POSシステムをビックカメラと一本化。 (平成28年)9月30日 - コジマポイントシティをビックポイントシティに統合しサービス終了。 会社の現況 2019年8月31日現在 [ ] 株式の状況 [ ]• 発行可能株式総数 - 97,200,000株• 発行済株数 - 77,912,716株 自己株300,919を含む• 25 小島 章利 2,830 3. 64 小島 三子 1,869 2. 40 有限会社 1,540 1. 98 寺崎 佳子 1,463 1. 88 佐藤 由姫子 1,189 1. 53 株式会社 信託口 1,014 1. 30 株式会社 信託口 968 1. 24 小島 將人 967 1. 24 小島 久幸 862 1. 自己株式300,919株を保有しているが、上記大株主からは除外• 6 14. 使用人数は従業員数 社外への出向者を除き、社外からの出向者を含む• 括弧は臨時雇用者数 バイト、派遣社員を含む である。 企業集団の主要な事業内容 [ ]• 家電品販売業• 貰えるのは、毎年8月末日現在の株主のみ• これは当初、規模の大きな店につけられる名称であったが、店舗数の増加により通常規模の店舗においても「NEW」を冠することがあった。 現在ではビックカメラグループ入りする以前の店舗は全て「NEW」を冠する。 それ以前のは、を用いていたが、後半以降はネオン管のような雰囲気を残しつつも外部の電球により照らす方式をとっている。 2013年からは屋上看板の太陽マークを廃止して赤地にKOJIMAやコジマを掲げる店が現れている。 かつては47都道府県すべてに店舗網を保有していたが、現在は下記20県には店舗を持っていない、もしくは持たなくなる見込み。 いずれもビックカメラグループ入り直前の2012年4月以降、順次撤退している。 ・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・ 2013年3月には新業態店としてのNEW高松店を改装した「KojimaDirect高松」を開業した。 倉庫店と呼ばれるタイプの店舗で、客にはタブレット端末が渡され、商品のバーコードをスキャンしたら端末の画面に商品説明とネット価格が表示され、そのネット価格で購入できるというものであったが、2014年4月に閉店し、同年5月の店閉店をもって四国地方から完全撤退した。 それまで採用されてきた、太陽をモチーフとした「コジ坊」のネオンサインは使用されなくなってきている(ポイントカードである「コジマお客様カード」など、システム上完全に統一されていないものは残されているものもある。 ポイントカード自体は、ビックカメラの店舗でも貯める・使う・店頭での相互交換は可能となったが、カードそのものは、ビックカメラのカードであれば一部のポイント体系を除いて相互使用・交換などが可能なソフマップ発行分も含め3本建てで、発行主体についてはグループ内で統一されていない)。 店舗ギャラリー [ ]• 発行開始時には、個人向けのカードは白、法人向けのカードは濃い水色であったが、法人向けの水色のカードは2014年頃に発行終了し、白いカードも2016年より順次名称を「コジマポイントカード」に変更し、デザインも「ビックカメラポイントカード」のデザイン変更に併せてシルバーのカードの発行を開始した(従来の「コジマお客様カード」もそのまま使用出来る)。 顧客の商品購入履歴を記録して、予測される修理・部品の手配を迅速に行うことを目的としている。 2017年6月には、ポイントカードの機能に加えクレジットカード(発行、国際ブランドはまたは付帯。 なお、ビックカメラ傘下に入る前以前から発行しているクレジットカードであるコジマカード(発行)も継続して発行されている。 には、を導入した。 ただし、上記の「コジマポイントカード」との双方のポイント付与ならびに両ポイント同時支払は不可となるため、いずれか一方のみ選択する形となる(「付与はコジマ/Pontaポイント支払」や「付与はPonta/コジマポイント支払」は可能)。 また、特別ポイントは付与されず、長期保証の加入や購入記録を残したい場合には、コジマ・ビックカメラ・ソフマップの何れかのポイントカードが必要になる。 また、コジマではPontaカードの新規発行はしていない。 開始当初は0. 蓄積されたポイントはレジにて確認することができる。 複数枚カードの所有は可能だが、同一名義人のカードであれば、店舗にて所定の手続きを経る事により1枚にまとめることが出来る(コジマポイントカード導入後は、コジマのホームページ上のログインサイトから併合可能で、この場合は、原則、最後に登録した番号のカードが生きるカードとなる)。 ポイント有効期限は最後の利用から1年である(なお、ビックポイントカードをコジマ運営店舗で利用した場合も、2年間有効となっている。 コジマポイントカードをビックカメラ直営店舗で利用した場合は、1年間有効)。 なお、コジマ店舗全店で自分のビックポイントカード内のポイントをコジマポイントカードへ移行することが可能である。 コジマポイントカードのポイントをビックポイントカードへ移行することも可能だが、それはビックカメラ店舗で行う必要がある。 なお、とビックカメラ間の相互移行は一部の例外(指定の店舗以外で手続きすることとソフマップで付加された買取ポイントなどをビックカメラ側への付け替えすること等)を除いて可能だが、コジマとソフマップ間では一部の店舗を除いて行われていないため、いったんビックカメラの店頭でビックカメラのポイントに移行させてから行う必要がある。 尚、ビックカメラグループの通販サイト「コジマネット」「ビックカメラ. com」「ソフマップ. com」の会員で、かつ保有ポイントカードを「店舗・ネット共通利用」の登録をしている場合には、ポイントを移行させたい先の「お客様ページ」内にてポイント移行ができる。 その場合には、両サイト・両ポイントカードのお客様情報が合致していないと移行できない。 長期保険 [ ] 、、冷蔵庫など商品限定ではあるが5年ないしは10年間の長期保険がある。 当初は1回限りの修理代金補助であった。 ただし購入日からの年から計算した1回毎の上限金額を超えた場合、超えた金額を自己負担する場合がある。 2015年10月現在は、パソコン・パソコン以外共に親会社のビックカメラ同様の保証内容になっており 、保証金額の減額なし・期間中であれば何度でも対応するように改善されている。 新品購入時の全損保証にも別途対応する。 当初は盗難まで対象であったが、不正利用対策をしていなかったため大幅な赤字となり対象外となった。 ドリームBOX [ ] かつて、お客様サービスの一環として設置されていた赤い端末だが、現在は撤去済み。 名称は社内公募され決定した。 機能は、修理品追跡サービス、来店発券等である。 バーコード読み取り器にカードを読ませると当日のみ有効のクーポン券が発券される。 当初は値引きクーポンであった。 名前を変えつつ最後はポイント進呈クーポンに変わった。 抽選により50円から4,000円分が発券される。 100ポイント券の場合、お客様カード提示とクーポン券を出し3,000円以上購入するとポイントが加算される。 過去にはクーポン最低金額が10円だったり、ポイントプレゼント最低購入金額が1,000円から3,000円に変わるなど何度か改定が行われていた。 商品 [ ] 各種販促品 [ ] コジマのキャラクターである「コジ坊」や「マコちゃん」のキャラクターキーホルダー、湯のみ、マグカップ、雨傘、ストラップ、リモコン抱っこぬいぐるみ等といったグッズやコジ坊オリジナルといったお菓子まで多数存在するが配布期間が過ぎると手に入りにくい。 過去にはかなりの頻度で提供していた。 独自商品 [ ] フレッシュグレー 主に2 - 4月頃の引越、新生活開始シーズンに提案される商品群。 家電の色彩統一に向いている。 通常期でも購入可能。 2000年代以降はコジマ専売品に採用されることが多くなった。 コジマネットパラレルプロバイダーサービス 1つのIDで各提携会社((旧・)、、)ののを月ごとに使い分けができるサービスであり、とで利用可能であった。 また各社の回線を使用するが、あくまでコジマのサービスであるため直接提携各社のサービスは利用できなかった。 それぞれ下記の特徴のあるアクセスポイントが利用できる。 月額接続料固定制、通信費別• 月額接続料従量制、通信費別• 月額接続料従量制、通信費込 アクセスポイントが整備されていない時期には有用なサービスであったが、無料プロバイダの登場、をはじめとするサービスが開始されてからは存在意義が薄れており、末期にはADSL(、)、とのタイアップ商品を勧めていた。 2010年8月をもってプロバイダサービスの提供は終了し、への乗り換えを進めている。 不祥事 [ ] 廃家電不正処理問題(家電リサイクル法に基づく勧告) [ ] 、より、全国で約372万台引き取った廃家電のうち、76,745台の廃家電が製造業者等に引き渡されていなかったとして勧告を受けている。 職業安定法違反問題(ヘルパーへの直接業務命令) [ ] 、同社NEW茨木店(大阪府)が、系列の販売会社からされた販売員(ヘルパー)に対し、雇用関係が無いにもかかわらず、直接指示・命令して店舗で販売行為などをさせたとして、からに基づく是正指導を受けた。 ヘルパーを事実上、自社の従業員のように使い、人件費削減につなげていた。 過去には、やでも同様な事態が発覚し、と大阪労働局から、それぞれ是正指導と立入調査を受けている。 景品表示法違反問題(不当表示に基づく改善指示) [ ] 、にて、実際は5年間の期間中に一度しか受けられない長期保証を「何度でも使える! 長期保険証無料進呈! 」と表示した上、通常の販売価格より数千円高い価格を表示した後に値引きを行うことで、消費者に値下げ幅を過大に認識させていたとして、北海道より違反(有利誤認)に基づく指示を受けている。 実際のコジマ無料保証は、パソコン以外の保険対象商品は何度でも無償で使えるが、パソコンは一度限りの保証である。 広告宣伝 [ ] テーマソング [ ]• テーマソングのタイトルは「It's a happy "YASUI" world! この歌はの(曲番号:67591)、ならびに(曲番号:5553-23)に収録されており、歌うことが出来る。 にNEW那覇店を出店した際には地元の音楽グループ・の「It's a happy "YASUI" world(琉球チムドン楽団バージョン)」を採用したことがある。 このテーマソングは、一時期独立局のテレビ埼玉などで放送されたでバックのBGMとして同曲が、予報の晴れマークとして「コジ坊」がそれぞれ用いられていた。 同社をはじめ、などビックカメラグループ3社を含む計9社のテーマソングを収録したアルバム『』が、より発売されている。 なお、現在は「It's a happy "YASUI" world! 太陽マーク [ ] ビックカメラグループ入りした現在では、ごく一部の店舗において改装されずに残っている。 かつてのように太陽マークを使用した宣伝は見られなくなっているが、現在もコジマはシンボルマークとして位置付けており、レジ袋のデザインや公式HPのドメイン画像などに使用されている。 太陽マークの由来は、「私たちは太陽のように明るさと暖かさをご家庭にお届けします。 」という創業当時の精神がこめられている。 CM [ ] ビックカメラグループ入りした現在は、TVCMに関してはビックカメラとの共同制作となっており、基本的にTVCMでは共通の映像(ただし、「店舗ブランドの表記」、店舗の「ビックカメラ」「コジマ」のロゴ・テーマソング・サウンドロゴはそれぞれ異なる。 商品は基本的に共通だが、一部差し替えもある)が用いられている。 ラジオCMは創業地のおよびのほかの土曜日と日曜日の時報前の5秒スポットCMなどがある。 時報前の5秒CMは過去にとでもやっていた。 TOKYO FMとFM大阪は過去に朝の時間帯にスポンサー番組を持っていたことが縁で、以前はそのスポンサー番組の金曜日にも放送されていた。 1993年ごろののスポンサーにもなっていた。 テレビCMは、関東ローカル時代に全国ネット番組だったアニメのスポンサーをしていた。 インターネット [ ] 一時はプロバイダ事業として「コジマネット」を運営していたが、現在はを兼ねる公式サイトで同名称を使用している。 「ビックカメラ. com」とは完全に独立しており関連性はない。 ページも展開しており、看板では使用されなくなってきている太陽マーク「コジ坊」を逆にフィーチャーした構成となっている。 かつてのCMキャラクター [ ]• - コジマの社長のような雰囲気だったが、俳優である。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ロイター・ジャパン 2012年5月11日閲覧• 日本経済新聞. 2016年2月5日. 2016年8月2日閲覧。 株式会社コジマの求人情報に掲載された沿革より。 , コジマ・2012年5月28日• 2012年11月22日閲覧。 コジマニュースリリース2013年1月21日• 2013年7月5日閲覧。 コジマニュースリリース2013年8月19日• コジマニュースリリース2014年7月22日• - 日本経済新聞・2014年4月17日• - コジマ・イオンフィナンシャルサービス・イオン銀行 2017年6月8日• - 2015年10月1日閲覧• 下野新聞 2008年7月12日• 読売新聞 2010年9月16日 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - コジマ相談役の小島章利がとりせん会長の娘婿であったことから、建物を共有している店舗がある。 ( - - ) 外部リンク [ ]• - 公式通販サイト•

次の

コジマポイントとPontaは同時に貯まる?併用は?注意点やお得な貯め方 |Gポイント

コジマ 電気

コジマ電気でもWiMAXのポケットwifiの契約・申し込みは可能です。 ちなみに コジマ電気でWiMAXのポケットwifiを契約・申し込みするとプロバイダはBIC WiMAXとなります。 BIC WiMAXはビックカメラやソフマップなどとビックカメラのグループ会社でポケットwifiを契約・申し込みする際のプロバイダとなります。 その 理由は単純にBIC WiMAXでのポケットwifiの契約・申し込みがお得ではないからです。 ポケットwifiの利用料金、キャンペーン、サービスなどなどと全てにおいてWEB特化している店舗 プロバイダ に劣る印象がどうしても拭えません・・・。 なぜなら コジマ電気で契約・申し込みをするポケットwifiと最安値の他社プロバイダのポケットwifiを比較すると月額利用料金 通信費 は1000円以上~契約期間内での総支払額は5万円以上も変わってくることもあるからです。 コジマ電気と他社プロバイダポケットwifiキャンペーン比較 コジマ電気と他社プロバイダポケットwifiキャンペーン比較してまとめました。 ソフマップ BIC WiMAX service を含めたWEB特化した主要他社プロバイダを厳選して6社に絞り月額利用料金とキャンペーンの比較を以下に表にしてまとめています。 なので大元となるUQ WiMAXは除いて、コジマ電気を他社プロバイダと比較すると利用料金の価格・値段の高さが目立ってしまいます。 各プロバイダはキャンペーンを打ち出して実質の利用料金を下げたり、あえてキャンペーンを展開せずそもそもの利用料金を引き下げたりと様々な手段で顧客獲得の為の競争が織りなされています。 一方コジマ電気はあくまで家電量販店であり家電類の販売が本業となるのでしょう、その為かWiMAXのポケットwifiにあまり力を入れていない感が否めません。 コジマ BIC WiMAX SERVICE のポケットwifiは利用料金が高い 今現在、WiMAXのポケットwifiプロバイダは20社以上が存在しています。 その中で上記の比較表を見ても分かって頂けるかと思いますが、コジマ BIC WiMAX SERVICE のポケットwifiはどう考えても私にはおすすめ出来ません。 ちなみに私が最もおすすめするWiMAXのポケットwifiプロバイダはGMOとくとくBBとなります。 2018年11月現在GMOとくとくBBでキャッシュバックキャンペーンを利用すると最大42,000円のキャッシュバックとなり、実質最安値でポケットwifiを利用することが出来るからです。 それゆえにコスパ重視でプロバイダを選ぶことは非常に重要なポイントです。 コジマ電気とは コジマ電気は全国展開している家電量販店で『安値世界一への挑戦』といったキャッチコピーも有名でしょう。 コジマ電気の創業は1955年~と60年以上も健在している老舗の大手家電量販店となります。 といったWEB通販公式サイトがあるのですが、ここではポケットwifiの契約・申し込みは出来ず家電類の通販販売サイトとなっています。 しかし先述した様にコジマ電気は2012年にビックカメラに買収されて傘下となり子会社となりました。 その為ポケットwifiのプロバイダもビックカメラと同様にBIC WiMAXとなります。 ですのでコジマ独自のWiMAXプロバイダはありません。 が、それでもコジマという一ブランドとして確立していると言っても過言ではないと思います。 今現在もコジマがビックカメラの子会社であるということを知らない人の方が多いのではないでしょうか。 それほどコジマというネームバリューは今も健在ということでしょう。 ちなみに今現在コジマは地域密着型、体験提案型などといった販売戦力となっています。 コジマ電気のポケットwifi コジマ電気のポケットwifiのプロバイダはBIC WiMAX SERVICEですので、ビックカメラやソフマップなどと基本的には利用料金は同様となっています。 UQ WiMAXにWiMAXを借りている コジマ電気 BIC WiMAX SERVICE のWiMAXだけに限った話ではなく、WiMAXを取り扱う全てのプロバイダはUQ WiMAX UQコミュニケーションズ からWiMAXという回線を借りています。 つまり UQ WiMAXはWiMAXという回線の大元プロバイダとなっているのです。 つまり、 WiMAXのポケットwifiのプロバイダ選びで比較するポイントは回線ではなく、各プロバイダの利用料金、キャンペーン、サービスなど回線以外の部分が比較するポイントということとなるのです。 例えば、コジマのWiMAXの通信速度は遅い!UQ WiMAXのWiMAXの通信速度は速い!などとそういった違いはほとんどありません。 契約・申し込みは店舗 店頭 受付のみ コジマ電気 BIC WiMAX のポケットwifiの契約・申し込みは店舗 店頭 受付のみとなっています。 大体の店舗では専用スペースがあり、土曜日や日曜日また祝日となると特設ブースが作られているイメージがあります。 その為、土曜日、日曜日、祝日は普段よりも人員も増加させているでしょう。 つまり、人件費や店舗維持費などといった経費もWEB特化している店舗と比較するとかなり多くかかっているはずです。 お支払方法はクレジットカードのみ対応 コジマ電気 BIC WiMAX でポケットwifiを契約した際のお支払方法はクレジットカードのみの対応となります。 ですので、コジマでは口座振替での契約は出来ませんので、クレジットカードを持っていることは必須条件です。 コジマ電気だけでなく実店舗またWEB特化店舗含めてポケットwifiのお支払方法はクレジットカード払いというのが主流となっており、口座振替対応をしているプロバイダは少ないのが現状です。 ですが、口座振替対応をしているプロバイダは少ないですがいくつかありますのでピックアップしてまとめました。 その理由としては ポケットwifiのお支払方法を口座振替にするとデメリットが非常に多くなるからです。 解約方法 ポケットwifiの解約方法も基本的には店舗受付ではなくサポートセンターへの電話連絡または解約届を記入して送付する必要があります。 契約は店舗受付のみとなっているのですが解約は出来ないので注意が必要です。 解約は自分自身が行動を起こす必要があるということになります。 契約よりも多少面倒に感じる人もいるかもしれません。 基本的に割引などはなくコジマのポケットwifiの利用料金はWEB特化している店舗 他社プロバイダ と比較するとかなり高い料金設定となっており、大元となるUQ WiMAXとほぼ同じ料金体系となっています。 このほか、特殊な利用プランとして、• BIC定額年間パスポート 1年間の契約プラン• BIC1day 1日毎の定額サービス などといったものもあります。 コジマ電気のポケットwifiキャンペーン コジマ電気のポケットwifiキャンペーンは大々的に行われておらず、またキャンペーン内容も各店舗による違いがあります。 コジマ電気に限らず実店舗では決算時期や年末などに大々的にキャンペーンが行われていることが比較的多くなっています。 実店舗でよくあるキャンペーンとしては、• 店舗商品割引キャンペーン• ポケットwifi端末代金0円キャンペーン などといったキャンペーンです。 WiMAXまとめてプランとは、ポケットwifiの月額利用料金プランとは別にプラスされるプラン・オプションサービスとなり、実際にポケットwifiを利用する上で不必要なものです。 つまり、キャンペーンの適用条件としてWiMAXまとめてプランへの別途加入が条件となっていることが多くなっています。 下記にWiMAXまとめてプランの利用料金について表にまとめました。 そして基本的に、• 店舗商品割引キャンペーン• つまり、どちらのキャンペーンも表現の方法が違うだけで基本的には同じ形のものとなっているということです。 例えば、店舗商品40,000円割引キャンペーン実施中!というキャンペーンが展開されていた場合、キャンペーン適用にはWiMAXまとめてプランL8の加入が必須条件となっていることが多くなっています。 その理由はWiMAXまとめてプランは2年契約となっている為、L8の場合1,547円を2年 24カ月 に渡って支払っていくと総支払額37,128円となります。 要するに 40,000円割引キャンペーンの実質は40,000円-37,128円=2,872円割引となっているのです。 WEB特化している店舗では同様のキャンペーンはありませんが、ほぼ同様な形となるキャッシュバックキャンペーンでは実店舗で展開されるこういったキャンペーンのカラクリはなく純粋に40,000円のキャッシュバックがされます。 詐欺とまでは言いませんが言葉のマジック感がすごいですよね・・・。 実際は40,000円割引ではなく2,872円割引と2000円台の割引額ですから。 ちなみに 家電量販店がWEB特化店舗と同等の割引キャンペーンとなると70,000~80,000円ほどの割引キャンペーンを展開しなければならないということです。 家電量販店は70,000円~80,000円の割引キャンペーンを展開して初めてWEB特化している店舗に対して強いライバルとしての比較対象となるでしょう。 ただこれだけの高額割引キャンペーンは私自身も未だ見たことはありませんし、各実店舗の口コミや評判など、情報としても聞いたことがありません。 また、このWiMAXまとめてプランのデメリットはこれだけに留まらず、ポケットwifiの契約~2年以内のやむ負えない解約に迫られた時に発動します。 ポケットwifiのやむ負えない解約は意外とあったります。 ポケットwfiiの紛失や盗難、また引越しなどでWiMAXの対応エリア外になってしまう、などといった場合です。 WiMAXまとめてプランの解除料は2年間ローン 分割 で支払っていく様な仕組みですから、解約したタイミングで、例えばWiMAXまとめてプランL8の場合ですが、それを1年で解約すると残り1年の残金 18,564円 を一括で支払うことになります。 以下にポケットwifiの基本の利用料金の解約・違約金について表にまとめました。 契約~解約するまでの期間 契約解除 解約違約 金 1~13カ月 19,000円 14~25カ月 14,000円 26カ月契約 解約 更新月 0円 27カ月以降 9,500円 50カ月契約 解約 更新月 0円 基本的には2年毎に来る契約 解約 更新月以外での解約となると最大19,000円の解約違約金が発生します。 月の途中で解約をした場合、月額利用料金は日割りでの請求となります。 で、ポケットwifiの1年以内の解約違約金は各プロバイダや利用料金プランによる違いはありますが、相場としては上記の表にある通り19,000円となり、2年目となると14,000円となります。 ちなみに先述したポケットwifiの紛失や盗難となるとさらにお金がかかることにもなったりします。 また、店舗商品割引キャンペーンとほぼ同様となる予め初めに50,000円割引や60,000円割引またキャッシュバックなどとパンチを効かす為価格を設定しているキャンペーンなどもここに該当します。 先述した様に多くの場合にWiMAXまとめてプランへの加入が必須となっていますので注意が必要です。 元々欲しかった家電があったり、狙っていた家電があったり、などすると考え方によってはキャンペーンだけを見るとお得になる可能性もあるかもしれません。 ただ今後のポケットwifiの利用料金、契約の際の店舗受付、解約の為のサポートセンターへの連絡、ほかお支払方法などを考えた際にそれらをどう捉えるかというのもポイントになってくるでしょう。 ですが、これもWiMAXまとめてプランへの加入が条件となっていることが多く、無料で!やプレゼント!などと謳っていますが、店舗側が損しない様な上手い仕組みが出来上がっているのが現状です。 文言だけに騙されずにしっかりと各プロバイダの利用料金・キャンペーン・サービスetc. の詳細を確認そして比較することが損せずお得にポケットwifiを契約する為の方法となります。 コジマ電気でポケットwifiを契約・申し込みするメリット コジマ電気でポケットwifiを契約・申し込みするメリットには、• ポケットwifiについて分からないことを直接販売員さんに聞くことが出来る• ポケットwifiを契約・申し込みしたその日から利用することが出来る• ポケットwifi実機を実際に見て触ることが出来る などがあります。 コジマ電気だけに限らず、これらは基本的には実店舗でポケットwifiを契約・申し込みするメリットになっています。 つまり・・・コジマだからといったメリットはあまりありません。 またメリットとデメリットは背中合わせになっているということも忘れてはなりません。 そういった メリットとデメリット ことについても後述しています。 ポケットwifiについて分からないことを直接販売員さんに聞くことが出来る ポケットwifiについて分からないことをその場で直接販売員さんに聞くことが出来るというのはポケットwifiを契約・申し込みをする上でメリットとなるでしょう。 ただポケットwifiの知識があなたに皆無といった場合はそれはそれでおすすめ出来ません。 というのもポケットwifiの知識が皆無となると販売員さんの説明の真偽を判断出来ないからです。 ポケットwifiの知識が皆無となるあなたの質問もチンプンカンプンなものになることも必死です。 ですので、十二分とまではなかなか難しいところだと思いますが、ある程度はポケットwifiについて知識をつけるということはおすすめです。 でなければ最悪の場合、販売員さんの口車に上手く乗せられて、在庫整理の為の古いポケットwifi端末や全く必要のない余計なプラン・オプションサービスを付けられるなど、また利用料金の高いプランでのポケットwifiを気付いたら契約・申し込みしてしまっていたということも考えられます。 つまり、販売員さん直接話を聞くことが出来るというのはメリットにもデメリットにも成り得る可能性があるということで自分次第にもなるということです。 あなたが販売員さんを上手く使うことが出来れば大きなメリットとなるでしょう。 ポケットwifiを契約・申し込み当日から利用することが出来る ポケットwifiを契約・申し込みした当日から利用することが出来ることもひとつのメリットだと思います。 しかし、契約する申し込みの時間帯やタイミングによっては翌日からの利用となることもありますので、どうしてもポケットwifiを即日利用する必要があるのなら事前に確認することをおすすめします。 また、WEB特化している店舗 プロバイダ でも早ければ翌日、一般的には2~3日でポケットwifiは手元に届き利用することが可能ですので、今後のポケットwifiの利用料金も含めて考えるとどうしてもポケットwifiを即日利用する理由がない限り待っても良いでしょう。 ポケットwifi実機を実際に見て触ることが出来る ポケットwifiの実機を実際に見て触ることが出来るのは大きなメリットとなっています。 WEB特化している店舗での契約・申し込みではどう頑張っても実機を見て触ることは出来ないからです。 しかし店舗によってはポケットwifiが実機ではなくレプリカというところもあるので100%見て触れるというわけでもありませんので悪しからず。 まとめ BIC WiMAXだけでなく各実店舗ではそれぞれのプロバイダを用意しているというのがここ最近は一般的となっています。 例えば、• ですが、基本的に私が調べて多数のプロバイダと比較した結果、そのどの実店舗でのポケットwifiの契約はおすすめ出来ないというのが正直なところです。 WEBに特化している店舗 プロバイダ がポケットwifiの利用料金、キャンペーン、サービスなどなどと圧倒的に強い印象です。 実店舗を展開するポケットwifiプロバイダは、人件費、店舗維持費、などなどとかかる経費がWEBに特化している店舗とは全然違います。 もしかしたらその影響があまり良くない形でポケットwifiの利用料金にも出ているのかもしれません。 またWEB特化しているプロバイダと言っても、それはそれで多数のプロバイダがあり、常に顧客獲得の為競争しています。 で、そんなWEB特化店舗の中でも私がおすすめするのはGMOとくとくBBとなります。

次の